血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

晩春・猛烈追い込み伝説

読了までの目安時間:約 3分

 

何故だか、5月の競馬には追い込み競馬が多い。平成後期だけでもかなりの数ある。

NHKマイルC三段活用

ピンクカメオ

ディープスカイ

ダノンシャンティ

記録上は、⑯-⑭という位置取りで最後馬群を割って伸びてきたマイネルホウオウも仲間になるわけだが、トップ3とまではならない。

雨の2回と爆発的レコードの'10年のパターンとでは、本質的な追い込みのメカニズムが違うものの、結局は、前には耐えきれない厳しさがあった点で共通している。

どんなに頑張っても速く走れない状況で、後ろからレースに参加して、最後はまとめて面倒を見てしまった。

底力の違いを感じる。

ダービー最終便三大追い込み

アドマイヤフライト

ファストタテヤマ

キズナ

ヒシマサルはクラシックには無縁の時代の外国産馬。シルクジャスティスは捲りの抜け出し。

ダービーという括りを加えると、意外と、新しい例の方が多くなる。

中団にいたのに、モタモタしながら位置取りを下げて、結局、デイリー杯を勝った時のような大外一気で制したファストタテヤマ。

後に二桁人気のビッグレースで2度も激走した稀代の穴馬は、この辺りからその狂気が理解されるようになっていった。

フライト、キズナの例は、ダービーとセットだから重要度は低いかもしれないが、強引なくらいの追い込みに徹して、強烈な決め手を革新的に引き出したことが、直後の大舞台に影響を与えたことはいうまでもない。

兄弟弟子同士、ダービーにまつわる負のイメージを、ここで一気に払拭した印象も強く残っている。

オースミグラスワンと新潟大賞典

⑯-⑮で33.9秒の'06年

⑫-⑬で31.9秒という謎レベルのかまいたち現象を体現した'08年。

あとは阪神1800の大阪城Sでしか走らなかった、世紀の揉まれ弱さを持つ名脇役だった。

左回りと平坦。トータルの時計が新潟記念よりは掛かる馬場状態と、トップシーズンの裏路線。

若手の台頭は幾分凪の状況を味方につけ、父の名を同時に高めていった。

個性派多数、インパクトも大きなこの時期の重賞史は、雨だからというようなバイアスだけで、劇的な展開になったわけではないことを示してきたものである。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方