2018年 牝馬クラシック春総括

JUST競馬予想ブログ

牝馬クラシック 2018年 春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

ラッキーライラックのためのクラシックは、4月8日の夕刻手前、アーモンドアイのためのクラシックに変化した。

末の爆発力もさることながら、オークスで魅せた普通の競馬での強さ、双方、展開面の優位性がなかったように思える状況で、結果が3年前の牡馬二冠馬・ドゥラメンテと似たような快時計での春両獲りだったので、何一つ、そのパフォーマンスをけなす要素が見当たらない。

強いて挙げるならば、ドゥラメンテの反省をどうここで活かすか、ということか。

客観視した中で、ドゥラメンテの父でありアーモンドアイの祖父であるキングカメハメハから続く負のスパイラルは、今のところ、何も断ち切れる要素が見当たらない点で、現在までの最大の不安材料である。

完璧に近い最初のGⅠ制覇が、非王道路線からの強奪のような面があり、相手も強力だったということが、その不安点をより強調している。

ドゥラメンテのライバルはキタサンブラックとリアルスティール。

キンカメもハーツクライとメイショウボーラーである。

その他負けた馬も後に大成していることが、妙にリンクする中、今回の牝馬の中では別格評価を、例年の主力組たるJFから続く高水準ライバルのクラシック前までのハイパフォーマンスにより、殊更アシストしている状況は、危なさを秘めることを暗示している。

オークスは恐らく、血統の印象通りに、守備範囲であったとしても得意条件ではなかったのだろう。

それは、キングカメハメハ親仔も同じ。

皆が似たような結果を残しているから、秋のレース、ドゥラメンテは翌春だったが、ややガツガツ感が消えたレースをした後に、脚を痛めた。

アーモンドアイは大丈夫だろうか。

両親は丈夫なサラブレッドであった。古馬になっても強かった。

古馬になって強くなる血統なのは、キングカメハメハ産駒が証明しているが、ドゥラメンテは違った。

彼もまた晩成血統の二冠馬。

オークスの内へのモタれ方が、日を追うごとに、気掛かりになっている。

ここ20年を見ただけでも、そういう走りをした馬は高確率で故障している。

頑張らない凌ぎ方が望ましい。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方