2018年牡馬クラシック春総括

JUST競馬予想ブログ

牡馬クラシック 2018年 春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

終わってみれば、急成長も不敗神話も、特別なものも必要ではなかったのだろう。

ダービーで感じたのは、執念で勝利をもぎ取ろうとする気合の入り方が、時として、いつも以上に別の顔を見せる可能性があるということ。

人気の無敗馬は、共に余裕のローテ。

しかし、馬だけを仕上げても仕方ない。

騎手はダービージョッキー。渇望が彼らには足らなかったのかもしれない。

皐月賞は、ではどうだったのか。

前と後ろ、後ろの中にも前中後があり、全体の流れがあってないような展開で進行したレースは、馬群を牽引したエポカドーロと戸崎騎手の競馬になった。

雨が多く降ったこと、特殊な展開であったことも、そこは幾度となく波乱の歴史を刻んできた皐月賞であることも味方に、自在に動けるサンリヴァルや至高の中山巧者ぶりを発揮したジェネラーレウーノらが力を示し、しかし、彼らよりは強い相手であるステルヴィオとの対戦の経験値を糧に、違いを見せつけたのがエポカドーロだ。

藤原調教師も流石。実力者が脇役に徹し、若駒の才能を引き出したファインプレーにも痺れた。

そこで敗れたのが、ダノンプレミアムに最も接近したワグネリアンと、ずっと彼に乗り続ける福永騎手。

口惜しいほどにキレなかった直線に思いを巡らせ、ダービーに縁のある騎手以外の当馬陣営は、究極の仕上げを施すことを決意した。

結果、今にも掛かりそうな状態へ当日は仕上がり、騎手は差し馬を好位抜け出しの馬に作り変えた。

リスクは承知で前へ。いや、負けるならいっそのこと、失敗しそうな作戦で戦おうとした方がいいのではないか。

速い流れを予期したファンは、福永騎手の気合と戸崎騎手の作戦に多くが惑わされ、彼らが叩き合う意外なダービーを目撃することになった。

正直、レースレベルは双方大したことはない。

が、時計が優秀過ぎたり、派手過ぎたりする馬は、無敗の三冠馬以外、大成をしない傾向を今一度思い出しておきたい。

メイショウサムソンもオルフェーヴルも、時計が遅かったからこその、以後の活躍がある。

道悪の皐月賞の覇者では、ヴィクトワールピサやゴールドシップもいる。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方