血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

快進撃を知るべし

読了までの目安時間:約 3分

 

血統・ミスタープロスペクター系の躍進

ロードカナロア、トワイニング、アドマイヤムーン

3歳世代のミスプロインの馬の活躍は目覚ましい。

ヘイローとノーザンダンサーが従兄弟という関係性にあり、様々なタイプに双方の血が混ざっている以上、ミスプロ系の出番が増えるのが必然的なのは間違いない。

同時に、格を担保するように、明けて3歳世代のGⅠ馬は、その全てがキングマンボかフォーティナイナー、ゴーンウェストといった血を父か母の直系に持つ馬であった。

古馬路線でも、ミスプロ系はノンコノユメ、ファインニードル、ミッキーロケットらが直系、スワーヴリチャード、ジュールポレールが母方にその血を持ち、安田記念ではミスプロ直仔のミスワキの4×3があるモズアスコットが劇的な勝利を挙げた。

例外は悲運のレインボーライン。

 
調教師・同タイプの名伯楽と後継者候補

藤原英昭、中内田充正

エポカドーロの快進撃とギベオン等ジョーカー的存在を評価するまでもなく、リーディングトレーナーに驀進中の藤原調教師の凄みは、言わずもがなのところがある。

そこで敢えて、最も称賛すべきことあるとすれば、いずれ訪れるだろう中内田時代に向けた指針のようなものを、大事に馬を育てる藤原式を形で示した結果が残された点であろう。

元より、中内田調教師の馬を作る技術は高く評価されていて、管理能力も若手ではトップクラスだった。

その結果、三冠候補や多様な良血馬の預託に繋がったのである。

不運を乗り越えて…。因果は巡る糸車となるか。

藤原調教師は、テンザンセイザやデアリングハート、エイシンツルギザンなど勝ち切れない馬の象徴的な存在を多く管理していく中で、か弱い良血牝馬・エイジアンウインズを見事大成させ、開業8年目でウオッカ斬りを成した経緯がある。

ダノンプレミアムのクラシック奪取失敗の経験は、まだ、成功プロセスの一環であるから、ここで空回りなどせず、スマートガイの先生として大成するきっかけを掴んでほしい。

失敗しないのは、ある意味で、何よりも強い毒に曝される危険性を増幅させているに等しいのである。

いい回答はもうしばらく待てば、確実に皆で共有できるはずだ。



* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ :    

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方