2018年 春競馬総括

競馬予想ブログ JUST

古馬王道路線 2018年 春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

関西圏ビッグGⅠの見出しをこうなるだろうか。

スワーヴリチャード、驚異の捲りでGⅠ初制覇

レインボーライン、執念の追い込みで死闘を制す

ミッキーロケット、実績上位馬を得意のイン抜け出しで制圧

しかし、何だか物足りない古馬王道路線シリーズでもあった。

キタサンブラックやゴールドシップがいなくなるだけで、これほどまでに切なくなるものか。

4歳世代ももう手が空いていない状況。そこを5歳馬が後半は埋め合わせをしたが、正直、真のGⅠ級というレベルの馬が勝ったわけではない。

レインボーラインに至っては、厳密に言えば、もう直線後半で脚を痛めていたのだろう。

悲劇に繋がった要因。それは一体。

「職人と安定勢力が全くいない」

GⅠ路線の主役は、基本的には安定勢力がいてようやく形を成す面がある。

スワーヴリチャードは順調だったから、若いのもあるし、フレッシュな状態をキープして押し切れた面がある。

ペースを考えれば、早仕掛けは当然も、役者は違ったように見せたのは、シュヴァルグランやサトノダイヤモンドの情けないレース内容の影響も大いにあったと言える。

不穏な雰囲気は、乱戦模様の天皇賞も同じ。

常識人たるボウマンのシュヴァルグランの扱いは尊敬に値するが、2度完敗のこの舞台で、6歳馬に上がり目があるわけではない。

春天にGⅠ初制覇の思い入れもない状況。

しっかりとメンツは保てたが、直線一気型の気ムラなステイゴールドの一撃を食らった理由は、現状の充実度の問題とイコールである。

悲しい気分になった宝塚記念。

人気馬は走らないし、伏兵の競馬が妙に正攻法に映ったミッキーロケットは、もし万全だったら…、のボウマン&ワーザーのらしくない追い込みを当然のように封じた。

味な競馬だが、宝塚らしすぎるというか、GⅠだから許される攻撃的な策を、人気馬はまるで受け流す余裕がなかった。

由々しき事態。

いや、メンバー確定の時点で、そう読まなければならなかったのか。

単純に面白くなかったと、筆者は思う。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方