2018年ダート路線春総括

JUST競馬予想ブログ

ダート路線 2018年 春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

そういえば、普通に若い頃の武器だった先行力をフルに活かして、あっさり逃げ切ってしまった川崎記念のケイティブレイブが、フェブラリーSに挑んできたことが、全ての始まりだったような気がする。

コパノリッキーにいいようにされてしまったケイティブレイブが、何事もなかったように川崎記念を押し切ってからというもの、猛ペースのフェブラリーSでも見せ場はたっぷり作って、あとは皆さんよろしくと、差し馬勢に役割を譲ったことが、帝王賞の粘りに繋がったのではないだろうか。

一方、期待値の高かった現5歳世代にあって、理想のポジションを早くから作り上げようと戦っていたのが、春にGⅠ2勝のゴールドドリームだった。

一昨年の大井では、小回り適性でケイティブレイブがゴールドドリームを封じ込めたが、共に主役にはなれず、4歳になって、素晴らしい才能を得意の条件で見せつけたのだった。

ペース判断に長けているように、実は、どのレースも同じように乗ろうとするムーア騎手のリズムは、ややへそ曲がりのところもあるゴールドドリームと合っていたようには思えない。

それでも、激しい競馬のフェブラリーSで好走した。

あの中京の末脚は、本格化の兆しだったのか。

共に、船橋の主要レースであるダイオライト記念、かしわ記念をそれぞれ快勝した後、雨の影響の全くなかった大井で、再び対決することになった。

フレッシュでこそ、持ち味が活かせるタイプ。

上手に競馬できるケイティブレイブが戻ってきて、序盤ではよくもたつくゴールドドリームがそこにはいた。

が、フェブラリーS同様、気合いの入った流れを、今回はテイエムジンソクが自ら演出し、双方とも、4角入り口では一騎打ちムード。

ルメール、福永両ダービージョッキーの駆け引きも目を引いたが、最後は追う者の強みと、持っている勲章の数でゴールドドリームが底力でねじ伏せた格好だ。

キョウエイギアに完敗だったあの日から2年。

この路線ではまだ古株ではない5歳馬が、両輪を成して牽引するダート戦線に、盛り上がりがないはずがない。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方