血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

怪しいGⅠの分析

読了までの目安時間:約 3分

 

ヴィクトリアマイル ジュールポレール

重賞未勝利馬による、レース史上初の優勝、連対達成。

3着の例はこれまで、

’17自身

’15ミナレット

’09ショウナンラノビア

’ブルーメンブラッド

ブルーメンブラッドは前走の阪神牝馬S2着馬で、秋にはGⅠ馬になった。

今年の3着馬である、レッドアヴァンセはそれと同じような戦績があったが、ストレイトガールのように不利があった年の3着から、その後連覇するようなはっきりとした武器のある馬ではない点で、極めて特異な結果と言える。

宝塚記念 ミッキーロケット

重賞1勝馬による勝利は95年のダンツシアトルと02年のダンツフレームがあるくらい。

時計と実績で上位人気だった2頭に比べ、枠順だけで大レースを制したこと自体が極めて異例の出来事。

ダンツシアトルの時も稍重で、いくらか縛りが解けるとはいえ、近1年以内での重賞連対1度のみの馬の好走そのものが、13年のカレンミロティックしかいないから普通ではない。

共通項はそれが中京の暮れの2000M重賞での連対実績ということになるが、何とも言えない。

調子がいいという声は聞かれていたし、ケイアイノーテックのパターンにある直前乗り替わりのGⅠ春初制覇も珍しいパターンだが、日本の小市民の一人である筆者には、この2頭の快走に今でも疑念がある。

人気のGⅠ実績馬の凡走や不発、勝負に挑む際に必要な際どい場面での勝負強さの点で、2着馬の方が遥かに格上のようで、勝負強さや持ちうる武器はGⅠ級だったと、レース後に気づかされるパターンは、あるようで意外とない。

何せ、先行馬よりマグレの確率が断然低い、中団グループの差し切り勝ちの類である点も、道悪は抜きにして、極めて珍しい。

道悪とて、時計が平凡だったわけではない。

歴代のハイレベル決着に及ばないまでも、良馬場のアヴェレージより上というタイムだった。

フロックという論理では、どうにも説明のつかない結果。

好走理由や血統に目を転じると、割れ気味の単勝オッズの中争われた一戦で、人気の主要種牡馬の産駒が勝ち切れず、違う傾向の大種牡馬の産駒が勝つという流れが同じ。

落としどころはその辺りしかない。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方