2018年 サマーシリーズ

競馬予想ブログ JUST

2018年 サマーシリーズ

読了までの目安時間:約 3分

 

北海道組と本州組のスプリント、2000シリーズの各勝者を挙げてみたのだが…。

函館スプリントS
セイウンコウセイ

CBC賞
アレスバローズ

七夕賞
メドウラーク

函館記念
エアアンセム

中京記念こそ
グレーターロンドン
が、時計勝負で人気に応えることになったが、それまでは1番人気などまるで用なしの競馬ばかり。

それもそのはず。

断然人気という馬はほとんどなく、少頭数の七夕賞で勝てるだろうと思われていたサーブルオールが3倍を切っている唯一の軸馬だったくらいで、その辺りは夏の重賞だから…、の雰囲気ともとれなくはない。

よって、どの路線をとっても、推測が難しい。

今後57以上は当然のグレーターロンドンが、夏に連戦させることもないだろうし…。

週末のアイビスサマーダッシュは、CBC賞組が3頭に、函館組が2頭で、当然、ポイント下位の馬ばかりが出てくるのだが、この特殊条件に対応している馬が多く、メンバーのネームバリューより、質の高い競馬が展開される可能性がある。

案外、その中で唯一の千直初経験となるペイシャフェリシタが、道悪の短距離戦で味のある競馬をしていて、横一線といった気配。

その後行われる、小倉記念や札幌記念で見えてくるのは、2200M以上の重賞での実績が近走の中距離の好走歴との兼ね合いが、距離短縮組の好走で、その後が展望できるから、新潟記念に元気に出てこられることが、チャンピオンの条件になりそう。

中央場所で最終戦が行われる短距離カテゴリーの2つのシリーズも、夏の始まりがこれだから、新潟の結果が左右する展開になるはずだ。

敢えて、今の時点で言えることは、初戦は不参戦、見せ場なしという馬の方が魅力か。

見立てとすると、馬券作戦ではハンデ重賞ばかりである以上、最低でも斤量据え置きくらいでないと、快走は望めない。

また、ハイペースが何故か多い重賞の傾向から、そこで前に行って粘っていた馬がいいのだが、それがベテランばかりでアテにならない。

何となく、やや長めのところに適性のある馬に決め打ちをするタイプの騎手の組み合わせに、妙味がありそうだ。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方