競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

感じのいい伏兵

読了までの目安時間:約 3分

 

血統や実績から押さえられた前哨戦好走馬

ナックビーナス
高松宮記念③<10人>

サンリヴァル
皐月賞②(稍)<9人>

レッドアヴァンセ
ヴィクトリアM③(稍)<7人>

時計が速くなかったということではなく、有力前哨戦の組で唯一、まともに連続好走したのが伏兵だったという大レースは、秋にも参考になることがありそうだ。

ダイワメジャー、ルーラーシップ、ディープインパクトと、各路線の有力馬をそれなりの数輩出している種牡馬の産駒であり、この点でも、人気面の妙味があった。

ただ、前走と評価が変化した妙味の薄まった馬が、血統面でプラスアルファがあると思われたレッドアヴァンセ。

単勝12倍はソウルスターリングと大差のない支持であり、阪神牝馬Sが実績不足とメンバーの質の影響で、13頭立ての11番人気だったことを考えると、クラレントやレッドアリオンが左回りのマイル重賞で素晴らしいパフォーマンスをしていたことが、オッズを動かした面は否めない。

この伏兵が複勝3.5倍となると、正解は同じローテで前走は5着だったレースの勝者・ジュールポレール推しが正解であると、結論付けるしかない。

となると、ナックビーナスとサンリヴァルの推挙理由が見つけられたかどうかが問題。

ナックビーナスは隠れた左回り巧者。前年の同レースが、トラックバイアスで大外枠がえらい不利という状況で、大負けはしていない。

東京ではオープン勝ちもあり、ハイパーレコードのクイーンC6着以外は、全て複勝圏内。

サンリヴァルは、芙蓉S勝ちよりも、流れ無視で差し競馬の展開を、堂々4角先頭で4着のホープフルSがあった。

思われていたより道悪競馬になり、切れ味勝負は好まない系統らしく、理想的な競馬で好走した。

根拠は色々見つけられた彼らだが、そこには、レッドファルクス、ワグネリアン、惜敗癖のあるリスグラシューなど、勝ち切れない馬を推した大勢の人のミスチョイスがあって成り立つ伏線があったことは見逃せない。

そういう馬が根こそぎ不発に終わった宝塚記念は、ほとんど、前走の内容など無視でいいという結果だったことは、改めて考えさせられる要素に思える。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方