夏競馬 後半戦

JUST競馬予想ブログ

再現された夏物語

読了までの目安時間:約 3分

 

後半戦のデジャヴ

過去

GⅠの裏ステップだった時代 新潟記念

’98 オフサイドトラップ 58

’00 ダイワテキサス 59(中山)

右回り時代、20世紀までの新潟記念との変化は、夏に目標ができたことと、それによりステップレースの合理化が進行したこと。

前記の古豪は、秋のGⅠでミラクルな好走を見せるが、以後、新潟記念の勝ち馬が大成した例はない。

’08年55で2着のマイネルキッツくらいか。

地味な馬探しの歴史は、きっと今後の続いていくことだろう。

今年

ダービー馬、苦戦 札幌記念

’01ジャングルポケット③

’10ロジユニヴァース②

’18マカヒキ②

ダービーで負けている馬は結構勝っているし、オークス好走馬もきっちり来る。

ダービー馬だけ、しっかりと負ける。

みんな洋芝実績があったのに、ダメだった。

最近は、ゴールドシップやモーリスも負けているが、相手はGⅠ馬である。3着も同様。

ロジユニヴァースは上がり目を失った4歳のダービー馬で、アーネストリーに引導を渡された面もあったが、マカヒキは正攻法で挑んで負けたから、多少は好意的に取れる。

モーリスやゴールドシップのようになるには、得意の広い馬場で中身のある競馬をしないといけないが、さてどうか。

未来

牝馬活躍の影に強豪牡馬の惜敗あり 関屋記念

今年もそうだったが、関屋記念は時計が速くなるので、大波乱になることはほとんどない。

おまけに、牝馬が勝つ時は確実にハイレベル決着。

’99リワードニンファ 1:31.6 NR

’03オースミコスモ 1:31.8 CRタイ

’12ドナウブルー 1:31.5 CR

’18プリモシーン 1:31.6 歴代2位

不思議なもので、こういうことがあると強い牡馬が負ける。

’99年は骨折休養明けながら、前年覇者のブラックホークは2着で、12月のスプリンターズSは優勝している。

’031番人気は2年後に高松宮記念を制するアドマイヤマックス。

’12、’18は強豪牡馬はいなかったから、1番人気のディープが勝利。

不思議なもので、’05年2着はダイワメジャー、’07年快勝のカンパニー、’13②のジャスタウェイなど、後のマイルGⅠ馬は、牝馬の強いのがいない年に好走すると、その後出世している。

きっと偶然ではない。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方