秋を迎えるにあたって

JUST競馬予想ブログ

秋を迎えるにあたって4、5着馬の妙味

読了までの目安時間:約 3分

 

春のGⅠレースで、全頭数の半分より下の評価で掲示板の下2つに入った馬は、

フェブラリーS

⑤レッツゴードンキ<10人>

大阪杯

④ヤマカツエース<10人>

天皇賞

④ミッキーロケット<9人>

優駿牝馬

④レッドサクヤ<11人>

東京優駿

④エタリオウ<13人>

何の因果か、前半で激走した2頭が、直後のビッグレースで快走している。

ヤマカツエースの上がり目に関しては、ちょっと何とも言えないことも認めざるを得ないが、あとは3歳馬。

妙に気になる血統で、実績はかなりのものがあったレッツゴードンキやミッキーロケットなどに象徴されるように、条件の変化でいかようにもパフォーマンスが良くも悪くも変わるタイプなのかもしれない。

流れに乗った中で、アーモンドアイに1秒近く離されてしまったレッドサクヤは、2戦目でマウレアと当たり4着、次戦はインディチャンプの豪脚に屈し2着だったが、そこで乗った福永騎手と共に、エルフィンSは勝利している。

オークスも鞍上は同じ。

エイジアンウインズの半妹であると同時に、このレース2着のエバーブロッサムの全妹という血統は、秋の惑星になり得る可能性を大いに秘めていると言える。

ボウマンのやや強引なアシストもあり、連続2着の憂き目からは脱したが、久々に連対を外したダービーでのエタリオウ。

誰が乗ってもキャラが変わらないのがステイゴールドであり、やや異系色の強いアメリカ血統の母系の影響か、比較的切れ味勝負にも対応できる非ステイヤータイプというのは珍しい。

インディチャンプほどスピードがあるわけではないが、配合面から瞬発力の限界があるというだけであり、毎度違う競馬で同じような結果を出しているのは興味深い。

何となく和田騎手とは手が合いそうに思うのだが、陣営はどう判断するか。

激走の根拠は明白だが、連続性というか継続性にやや難のある血統背景のある3歳の2頭には、トライアルでのお試しが、本番での、今後の活躍に影響を及ぼすこと大だ。

何より、単勝支持が大きく変化するわけだから、競馬の中身も変化するのは当然だ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方