2018年 有力2歳馬

競馬予想ブログ JUST

2歳馬選定<2018年 夏総括>

読了までの目安時間:約 3分

 

新潟2歳S ケイデンスコール

見た目はまずまず流れているように見えたが、完全にドスロー。

しかし、雨が降って渋っていた影響でタフなコンディション。

それでも、上位勢の上がりの脚は良馬場でのものと大差なし。

ただ、上位に来たのがロードカナロア、ヴィクトワールピサ、ゴールドヘイローとなると…。

勝ち馬のコース適性は言わずもがなで、案外、アンブロークンの次走がレースレベルの判断基準となるか。

札幌2歳S ニシノデイジー

1分49秒台で決着した時以来の、5F60秒台の流れで、快速型牝馬は伸びきれず。

既に61秒台のラップを経験しているニシノデイジーとオープン馬のナイママが、死闘を展開したのだが、馬場の悪さもあり、49秒台では決まらず。

スローで最後にスケール感が出る展開ではないので、案外、ウィクトーリアやアフランシールの方が成長力を示す可能性がある。

小倉2歳S ファンタジスト

混戦模様ながら、さすがは武豊という流れと馬場状態を読み切った騎乗で、馬のリズムを変えさせずに直線はただ一頭突き抜けた。

地味だった中京とは別の馬に見えたのは、急成長を示す二桁体重増の影響もある。

後半の短距離カテゴリーのオープン特別もざっくり回顧。

クローバー賞 ウインゼノビア

中央の馬が勝つ場合は、そのほとんどが新馬からの連勝になるわけだが、道悪の影響もあり、キャリアも脚質面の優位性も枠順からして最上位のウインゼノビアが、ほぼスタートの時点で勝負を決めてしまった。

故に、評価は難しい。

ひまわり賞 カシノティーダ

良馬場ながら、人気薄の未勝利馬が断然人気の未勝利馬を負かすという、ほとんどカオス状態のゴールシーン。

勝ち馬だけでなく、皆不安を抱えながらの次戦となる。

すずらん賞 ハッピーアワー

小倉では人気になったシングルアップに新馬で完敗も、3戦経て、豪快に洋芝で差し切り。

ハービンジャー×ディープだからできたのだろうか。

この各勝ち馬が即高評価とはならない。

よって、非重賞経験馬から、牡馬の期待はヴェロックスのまま、牝馬はウィクトーリアと対照的な脚質のアマーティを両大関の形で据え、しばらく他の動向を見極めていきたい。


* * * * *

【特集】無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで驚異の回収率

08/10 札幌6R 買目26点で 3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で 3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方