2018年サマーシリーズ

競馬予想ブログ JUST

2018年 サマーシリーズ総括

読了までの目安時間:約 3分

 

色々ありましたが、こんなん出ました。

優勝者を中心に振り返る。よく考えてみると、前半の波乱の連続が嘘のように、最後はまともな血統の人気馬やトップ騎手の活躍が目立つシリーズであった。

スプリント

20pt アレスバローズ

北九州記念で好勝負することが、その先に繋がるケースは案外少ない。

優勝馬のほとんどが、アイビスSD好走馬という歴史がある。

その中で血統構成からも、新潟直千で好走しそうな雰囲気はなかったアレスバローズが、近走の勝ち切れない宝の持ち腐れ状態の差し損ね地獄を脱し、中京で目覚め、小倉で躍進をみせた。

同じ差しでも、外からと馬込みを捌いての違う戦法で勝ち切った2レースは、この夏のベストバウトであった。

マイル

三者痛み分け

グレーターロンドン

得意のマイルで、ハイペースに合わせて後ろからドカン。

プリモシーン

得意のマイルで、自慢の末脚を活かし、中団からスパっ。

ミッキーグローリー

自慢のパワフルボディで、平均ペースを中団から重厚に差し切り。

三者の父は全てディープインパクト。納得するしかない。皆、1番人気馬である。

2000

13pt メドウラーク

史上最少値でのスレスレの勝利は、唯一、2000M3戦参加で、かつ、掲示板2度以上の存在であることを考えたら、この暑い中最も厳しいカテゴリーでもあり、7歳馬の激闘を素直に称えたい。

新潟記念も雨上がりの馬場。小倉はほぼ他流試合の趣で、消耗がなかったのは、13ptへの挑戦では最大の勝因とも言える。

ある意味、七夕賞が最も、消耗が大きかった割には評価しがたいものがあった気もする。

騎手

25pt 福永祐一

上位争いのメンバーで唯一の未勝利・デムーロ騎手が32ptを稼ぐも、ネロのせいで…。

札幌記念しか勝てなかったが、新潟記念でメートルダールを2着に持ってきたのが勝因か。

ミルコの恨みについても、ダービージョッキーバリアで跳ね返していきたい。

ミルコの敗因は、強い牡馬に出会えなかったことだろう。昨年あたりから、そういう傾向にある。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。

2019/11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
2019/11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
2019/9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
2019/8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
2019/8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
2019/7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


日曜のG1などメイン予想は直前公開となりますが、無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」では土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方