2018年 牝馬クラシック総括

JUST競馬予想ブログ

2018 牝馬クラシック総括

読了までの目安時間:約 3分

 

圧倒的に走り切ったアーモンドアイがいた年の牝馬クラシック。

レース中におけるスリリングさを除けば、ルメール騎手がそうであったように、みんなが脚質への理解があるだけで、不安のあるレースなどなかった。

苦悶のレースを強いられたのは、ラッキーライラックにも勝てなかった一連の牝馬路線のトップホースたち。

裏路線組のミッキーチャームやカンタービレが、最後はラッキーライラックもろとも既存組を完全に一蹴したのに対し、アーモンドアイには別次元の話で、レースの流れさえも本当は関係ないという競馬しか、我々はこの3歳牝馬路線では見ることができなかった。

筆者はラッキーライラックに肩入れし、新馬の敗戦にケチをつけて、1年以上本命にできずに、ついに終わってしまった。

タイプの女ではないというよりも、異次元のスピードで余裕ローテの開発も手伝い、データ無視の女王が登場したことが主だった敗因である。

ディープインパクトやシンボリルドルフがそうであったように、普通に競馬をするという概念が、もはや、他の馬にはできない状況を作ってしまう名馬の存在により、レースはレースでなくなり、競走の本質である腕比べと末脚比べが展開されないのだ。

その証拠に、当然自分より前にいた馬を残す三冠戦とはなったものの、みんなで頑張って時計を作ったようなところのあるオークスで、2~5着馬がキレイに33.9-34.0で上がった以外、勝った全てのレースで、3馬身以内に上がり2番手の馬を近づけなかった。

何を意味するのかというと、その馬を完全に追い抜いているか、完全に勝負圏外にいた馬の上がりが優秀な数字という裏付けなのである。

秋華賞では3着のカンタービレが武豊騎手が策を労して、上がり3位の脚で追い詰めるも、それと同じくらいの脚を使った2位プリモシーンは6着。

プリモが桜花賞で1秒以上遅れたのに、上がりの差もプラスして、今度は0.6秒差で上がりの差は0.2。

差がつかないはずのレースで、誰よりも死角の多かったアーモンドアイに肉薄したところでこの差。

一緒に戦った馬たちは、少なくとも、季節を経ても何もできなかったのである。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方