2018年牡馬クラシック

競馬予想ブログ JUST

荒れ続けた牡馬路線 牡馬クラシック総括

読了までの目安時間:約 3分

 

荒れ続けた牡馬路線。

皐月賞はきつめの展開でも差し馬壊滅だったが、ダービー・菊は決め手比べ。

位置取りが全ての競馬のようで、エポカドーロとフィエールマンが素晴らしいポジションにいたかと言われると、展開上有利だったということはない。

必然的だったのは、勇気をライバルの強気騎乗を見込んで、外枠を自分の形に合わせて完璧な競馬をしたダービーの勝者だけだろう。

それも多くのファンにとっては予想外だった。

弥生賞圧勝のダノンプレミアムは、その後東京で1度走ったキリ。

この世代はそれほどのレベルでは…。菊花賞がその証明になるケースは多いが、これがまたみんなでダンスインザダークという上がり優先の勝負で、あまりにも特殊な競馬になって、比較材料が見えない。

昨年は重の限界を超えた馬場状態だった菊花賞が、比較的まともに決着したのに対し、荒れ方はそれほどではなかったのかもしれないが、展開が何だかおかしいということが三度続いた今年は、素直にこれが強いと言えるのがトライアルだけだったような気もする。

青葉賞快勝馬より、指定オープン勝ちのコズミックフォースが快走したダービーでもそうだった。

全く関係ないようで、スケール感を示せる才能があれば、得意ではない条件で快走のフィエールマンのような別路線組は、ダービーでも人気になったように、秋華賞の流れにそのまま乗るように、菊花賞にも反映された。

最終目標はどこなのか。

エポカドーロは当面は皐月賞だった。使い詰めの影響も考慮しての話。

ダービーはみんなの目標でも、福永&ワグネリアンの執念があまりにも素晴らしかった。

フィエールマンは、そもそも使うつもりがあったかどうかわからない…。

ブラストワンピースが狙ったローテで二度不発。

池添騎手と彼の陣営には不遇のシーズンになりつつある。

ただ、GⅡ未経験のGⅠ人気馬はやはり危険。

重賞を勝っていない馬でも、大舞台で好勝負になった例は枚挙に暇がない半面、当然の如く、そのほとんどは伏兵馬である。

タフに戦えない馬には苦しいのがクラシック。

この馬こそが、古馬になって最も輝ける才能なのかもしれない。

それでもいいではないか。筆者はそう思う。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方