2018年短距離路線総括

JUST競馬予想ブログ

短距離路線総括~時計を要するタフなコンディション

読了までの目安時間:約 3分

 

芝短距離組にとってラストマッチの阪神Cに象徴されるように、安田記念を除くと、ほぼ平均より時計を要するタフなコンディションでの競馬になった。

ああ、京王杯SCもハイレベル決着だったが、その勝者であるムーンクエイクが、以降輝くことはなかった。

1200路線は、春も秋も同じようなレース内容とローテで、新王者のファインニードルが独壇場にしてしまう活躍を見せた。

香港で締めるから、3戦ずつだったとしても、一定のストレスとそれを打ち消す時間の使い方に制約が生まれたことで、返って、今年1年を戦う上では、国内戦における競馬では崩れにくいような状態にもっていけたのだろう。

GⅠ2勝はどちらも豪快な差し切り勝ち。

完成期のロードカナロアがそうであったように、正攻法というのは、4角でどの位置にいるかで決まるというだけで、実際は位置取りそのものは、自分の型に合わせればそれだけでいいということを、ファインニードルが証明したのであった。

安田記念はスワーヴリチャードが参戦して盛り上がったが、同い歳のモズアスコットが炎の連闘で激戦を制した。2着も4歳女王のアエロリット。

臨戦過程が順調ではなかった順で決まり、サトノアレスまで大外追撃で、もはや何でもあり状態。

その後一番活躍したのは、5着のサングレーザーだった。これもタフな馬。

一方で、それらが秋になってほぼほぼ予定通りのステップを踏んで臨んだマイルCSが、アルアインとペルシアンナイトのギニーコンビの好走で、春とは展開まで一変の結果に。

おまけに、なかなか勝てなかったステルヴィオが、見たこともないような内からの抜け出しで初タイトル奪取。

今年もまた来年も、マイルに関してが信頼できる馬は少ないことが、改めて証明された一戦であった。

しかしながら、路線の軸にはノーザンダンサー系の前記馬がいて、ロジクライ・スワーヴらハーツクライの産駒と、今後は席捲の可能性もあるロードカナロアなど、血統面の偏りが少しなくなりつつある面で、明るい未来が期待される点は書き加えておきたい。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方