2018年 古馬王道路線総括

JUST競馬予想ブログ

古馬王道路線総括~勝ち馬とその父を振り返る

読了までの目安時間:約 3分

 

思い出してみた、勝ち馬とその父を。

大阪杯
スワーヴリチャード ハーツクライ

宝塚記念
ミッキーロケット キングカメハメハ

天皇賞・秋
レイデオロ キングカメハメハ

ジャパンC
<アーモンドアイ ロードカナロア>

有馬記念
<ブラストワンピース ハービンジャー>

天皇賞・春
レインボーライン ステイゴールド

ステイゴールドか否か、現在まで現役か否かの切り分け方ではない。

どこかしら平凡な点があった時に、そこにはシュヴァルグラン<17JC①>が絡んできた。

その後継と目されるクリンチャー<17菊②>も、出られそうなところには出てきた。

平凡なレースというより、守備範囲でどうであれ、専門的な力が要求された唯一の大GⅠ競走が春の天皇賞だったのだ。

その他、スワーヴの競馬もミッキーの競馬も、メンバーの割には大したレースではなかったが、勝ちっぷりは文句なし。

大阪杯2着ペルシアンナイトが3着アルアインと共に、マイルCSで好走したが、そこも着順まで丸々同じ。

彼らのヒーローは身近にいて、それが秋に復活したキセキと王道路線を早くから進んだレイデオロである。

秋はしっかりと彼らが期待以上のパフォーマンスでレースの質を上げた。

ところがである。

ダノンプレミアムがミソをつけて皐月賞回避から、ワグネリアン不発のそこでエポカドーロが爆走、両者がダービーで決闘をして、ワグネリアンが勝利で、菊は謎の展開にルメール&フィエールマンの天才的競馬で終わったクラシック世代が、ダートGⅠ含め、マイルCSから古馬タイトル4連勝。

そして、芝で勝った3頭は全て、キングカメハメハの血を持つ早くからの期待馬だった。

世界レコードのアーモンドアイは、三冠のおまけという評価しかできないのは贅沢だが、キセキは引き立て役に回らざるを得なかった点で、有馬のオジュウ&武コンビにかなりいじめられた感じの展開は、またしてもの3歳馬台頭に大きな影響を及ぼしたように思う。

稍重で好時計は平成最初の有馬が雨中のレコード決着だったことと、因縁めいた何かがあるか。

オグリキャップが唯一輝けなかったその時も、JCは世界レコード決着だった年のレースだった。

因果は巡る糸車。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方