2018年ダート路線総括

JUST競馬予想ブログ

ゴールドドリームほか ダート路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

2つのカテゴリーに分けられるこの路線。

ツートップ

ゴールドドリーム

かしわ記念

帝王賞

ケイティブレイブ

川崎記念

JBCクラシック

3歳馬

南部杯

チャンピオンズC

東京大賞典

この他は、

フェブラリーS ノンコノユメ<国内タイトル2勝目>

ジャパンダートダービー ルヴァンスレーヴ<上に同じ・以降古馬GⅠ連勝>

JBCスプリント グレイスフルリープ<国内外で2勝目>

JBCレディスC アンジュデジール<初タイトル・牝馬重賞4勝目>

全日本2歳優駿 ノーヴァレンダ<重賞初挑戦でV>

3歳馬が出られる古馬戦は、JBC3戦など南部杯以降の6レース。

スペシャリストが登場のスプリント・牝馬戦に出番がないのは仕方がないこと。

つまり、

南部杯

JBCクラシック

チャンピオンズC

東京大賞典

で、3勝2着1回なのである。

統一王者というような存在がよく登場するダート戦線において、コパノリッキー・ホッコータルマエ連合が時代を築いていた頃にワンダーアキュートのような安定株が隙間を埋めることはあったが、それはベテラン。

勢いがあるから若手にチャンスがあるというような甘い世界ではない砂社会において、異例の出世を遂げた3歳の2頭は、歴史上、ゴールドアリュールやその前のクロフネ、地方戦は怪我から復帰後が中心も古馬GⅠ初戦を制したカネヒキリなど、猛者というよりは、異次元の才能を誇ったメンツと肩を並べたことになる。

皆に共通する芝対応可能のようで、ダートの方が遥かに速いというスピード能力。

それが古馬にはもうないわけだから、斤量の勝負ではなく、反応に対する争いに敗れてしまうのは、どうにもならないことなのだ。

古馬ツートップが、若い頃がグイグイスピード勝負で台頭していたのように、戦い方にはいろいろな経緯のようなものがある。

地方の小回りでタフな砂をかき上げる様に走る能力を身に着けても、フェブラリーSでは通用しない交流タイトルホルダーは、いつの時代にも多い。

多頭数にも対応できないが、オメガパフュームのような決め手の鋭い差しタイプに、彼らが東京大賞典で敗れた以上、能力差を認めざるを得ないだろう。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方