2018年2歳馬総括

JUST競馬予想ブログ

サートゥルナーリアほか 2歳馬総括<牡馬編>

読了までの目安時間:約 3分

 

締めはサートゥルナーリア。

朝日杯制覇のアドマイヤマーズ。

ずっと昔の話のように思える、夏の関西圏で行われた出世レースの新馬戦を制した無敗馬である。

何の変哲もないストーリーであり、ここだけは譲れないとばかりに、ミルコ・デムーロが意地の2歳タイトル連覇を決めたことでもわかるように、こうしないといけないという縛りが、彼のプライドをくすぐり、大団円になったと考えるのがいいファンの捉え方となる。

意地汚く勝負弱い筆者からすれば、ルメールのグランアレグリア、福永のブレイキングドーンと、納得のポジショニングからの???という感じの直線になったことが、ミルコの腕だけで果たしてそうなるものかと、ちょっと懐疑的になったものだが、今にして思えば、デイリー杯の優勝馬と特Aクラスの京都オープン・萩Sのそれぞれ覇者が、毎年必ず登場するサウジアラビアロイヤルC優勝馬や京都2歳S2着馬を破ったのだ。

無敗でGⅠに挑む点で、グランアレグリアとの相違点を見出すことは難しいが、それが3連勝でGⅠに向かう馬は、そう多くは登場しない。

ましてや、2、3歳重賞の主幹的位置づけのハイレベルなレースである。

年によってバラつきのある敗者の出ていたレースとは、根本的に違う。

同時に、何かと取捨に抵抗感のようなものをもたらした札幌2歳S組が、筆者の推したナイママを除き、その後も大活躍。

その時の本命はウィクトーリアだったが、まだ2勝目はお預け。

ニシノデイジーやクラージュゲリエは、まだまだクラシック本戦における注目馬である。

きっと、ミルコはサートゥルナーリアを選ぶことだろうが、ピンポイントでハイレベルな外国人騎手も来るし、物足りない陣容というほどはJRA勢も見劣っていないから、アドマイヤマーズの地味ながら確実に前を捉える巧みなレース運びも、あまり馬鹿にできない。

皐月賞までホクホクのデムーロ騎手にとって、実際のところ、自身のモチベーションが一番の懸念材料であることは、今やけにインタビューの時に声が高いことからも、自覚するところであるはずだ。

クリストフにはなれないミルコの武器は、やはり、類まれな集中力である。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ : 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方