血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

平成の出世レース<春天ダブル展望>

読了までの目安時間:約 3分

 

☆日経賞

春天優勝馬

17④レインボーライン

13①14⑤フェノーメノ

09②マイネルキッツ

93、95、02年優勝馬は、全て菊花賞馬。

その他

12③ルーラーシップ

 

毎日杯

皐月賞優勝

17①アルアイン

NHKマイルC優勝

10①ダノンシャンティ

東京優駿優勝

13①キズナ

その他

18①ブラストワンピース

17③キセキ

15⑤シュヴァルグラン

13⑪ラブリーデイ

12③スピルバーグ

10⑤ルーラーシップ

09⑥ストロングリターン

 

マーチS

17④<18⑥>ロンドンタウン

<14⑦クリソライト>

<11①テスタマッタ>阪神

09①エスポワールシチー

 

【高松宮記念】

勝ち馬前走

シルクロードS

18①

17②

16⑤

阪急杯

14①

13①

09②

オーシャンS

12④

11②

10①

その他

15香港②

 

ダービー卿CT

16③サトノアラジン

<16②ロゴタイプ>

15①モーリス

10①ショウワモダン

 

☆大阪杯

春天優勝馬

<16②/17①キタサンブラック>GⅡ/GⅠ

11①ヒルノダムール

90、01、03、07年優勝馬は、全てクラシックホース。

 

勝ち馬前走

18金鯱賞①<ダービー2着>

17有馬記念②<GⅠ3勝>

<産経大阪杯>

16中山記念②以降未勝利

15有馬記念⑥<GⅠ馬>以降未勝利

14凱旋門賞④<GⅠ馬>以降未勝利

 

<13①オルフェーヴル>

 

3月末の重賞だけに、格に関係なく、それなりの質が担保される条件が整っていると言える。

その中で、厄介な3200Mのビッグレースを前に、阪神大賞典組は人気ほど恐ろしい負け方をする傾向に逆らうように、日経賞と現大阪杯は極めて順当に、本番に向けたステップとしての価値を高めつつある。

 

2000Mの大阪杯は様々な狙いを持った馬が登場する影響がプラスに働いていることで、本番の天皇賞にアドヴァンテージを生んでいる一方、距離が長くなるにつれて、本質的には有り得ない紛れの原因を作っている部分もあるのだろう。

そのバランスがもっとも取れるのが、きっと、今は日経賞なのかもしれない。

 

昨年は本番の時計が遅かったから、何とかなった面もある。

今年は近年の傾向通り、その後の2大レースを使った組に期待すべきだろう。

参考:日本ダービー予想 特集ページ



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方