競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

新馬(2014) <9/27・28>

読了までの目安時間:約 2分

 

土曜
新潟芝1600M
完全ドイツ血統の母にディープをつけられ生まれたステラスターライトが、圧倒的な存在感を示した。
直線では進路をなくし、最後の最後でぎりぎり馬場のいいところをついて伸びたのだが、ゴール前は流していた。クラシック候補。

阪神芝1200M
勝ち時計はともかく、人気のエイシンアリエルとカレンローザネーラのスプリント能力には見どころあり。前者は好位から、後者は狭い内をついて伸びてきたが、結果はクビ差でエイシンの勝ち。力差はなく、お互い接戦に強そうだ。

ダ1800M
圧倒的な力の差を示したクロスクリーガーが、アドマイヤオーラ産駒の芝向きでは?の印象を根底から覆して見せた。一族はダート馬ばかり。何はともあれ、無事に成長して欲しい。

日曜
新潟芝1200M
チューニーの孫・フジマサジャンボが逃げ切り勝ち。距離適性は掴みにくいが、何となく今のローカルの荒れ馬場が合っていそうな感じはする。

芝1800M
少頭数で平穏な決着だったが、勝ったルージュバックとリーディング独走中の戸崎騎手の勝負勘が、他の追随を全く許さない抜けた存在であることを堂々証明する結果に。
中型の牝馬で、芝・ダートの本質的な適性の差が不明確な配合のマンハッタンカフェ産駒。ただし、よーいドンの展開なら、中距離型の牡馬より優位に戦える。長いところで。

阪神芝1600M
混戦模様のレースは、その予測通りに接戦のゴール。勝ったのは、結局1番人気に推されたスペシャル牝駒のプリメラアスール。レースセンスがあり、幸騎手が乗り続けるのが望ましいか。穴兄弟の血筋。やはり、単穴でこそ狙いたい。

 

レース回顧

落ちても負けない

読了までの目安時間:約 2分

 

佐藤哲三騎手の引退が報道されてから、もう1週間が経つ。
埒沿いでの落馬事故が原因。かつて安藤騎手が阪神で宙を舞う衝撃的な映像を目撃したことが思い出される。
今、内田騎手や後藤騎手が闘病生活を送っているが、万全な状態で戻れる保証など全くない。命の危険と隣り合わせの仕事。
タフでなければ勤まらない。

ローズSでオークス馬を駆り、見事秋緒戦を制した岩田騎手は、命の重みをこの上なく再認識した一人だ。贖罪の道は、ただ馬に乗り続け、勝つことに拘る気持ちを切らぬことだけだ。

落馬が運命を左右しなかったこともある。
最近よく落ちている印象のある武豊騎手のモットーは、休んだ分を取り戻す活躍をすること。タニノギムレットもキズナも、落ちた後に勝ったダービーのパートナーだ。今武騎手に元気がないのは、あの人のせいなのだろうか?
あろうことか、サマーシリーズチャンピオンを賭けた戦いの前日に落馬負傷しながら、翌日きっちり対象レースを勝ってみせた田辺騎手のようなパターンもある。

そういえば、ヴィクトワールピサが皐月賞を勝った時は、主戦の武騎手が3月の落馬事故で乗れず、岩田騎手へと乗り替わったのに、皐月賞直前に落ちてしまったものの、ガッツを出していつものイン強襲を決めていた。
落馬時の対処方法でも、一流を極めねばならない。

無論、命を落とす騎手は世界中どこかに必ず存在する。
特に障害競走の落馬事故だけは、運の部分も大きい。常石騎手の悲運は、今思い出しても切ない気持ちになる。
それでも毎日競走馬に跨り、真剣勝負へと挑む。我々ファンたちと同じ人間なのにだ。
尊崇の念を忘れてはならない。

 

コラム

必勝の大一番

読了までの目安時間:約 2分

 

凱旋門賞の勝利は、悲願成就ではなく、もはや既定路線である。

勝負気配のメンツがこぞってロンシャンに襲来する流れが、極めて順調に調整の進められた中で、他陣営に次々と生じる不安材料のオンパレード。

 

不安は日本馬にもある。特に2400MのGⅠでの実績に関しては、欧米に比べても施行数が絶対的に少ない以上、もっと海外遠征しないと穴埋めできないゆゆしき問題。

案外、馬場質の違いや世界の趨勢に則った見立てをすると、決して2400Mへの適性は重要な要素とはなり合えないのかもしれないが。

好走馬のベストパフォーマンスは、むしろロンシャンであり2200M以下の場合が多い。三冠馬2頭も然り。

 

日本の馬は、スピード能力に長けている。

ロンシャンコースのレコードである24秒台で、ダービーもJCも走らないといけない時代。これを武器にしたい。

少なからず瞬発力勝負に不安のあるゴールドシップには、無理のない位置取りができるかが鍵。

差す形がベストのハープスターには、無理な好位抜け出し策は決していい選択とは言えない。そのイメージは必要でも、札幌記念より早い仕掛けはできない。

 

ジャスタウェイには、その両方ができる。距離延長のことなど、最近はあまり念頭に入れた乗り方をしていないが、特別引っ掛かるわけじゃないから、前半が遅ければ、ディープみたいな先行するパターンもアリだ。

それを嫌な展開だ思い込みすぎていなければ、突き抜けても不思議じゃない。シーザスターズで行きたい。

 

負けるのは仕方ないことだ。勝負をしているのだから。

でも、勝つ気に行かないと絶対に勝てないのが、国際超A級GⅠというものだ。

 

コラム レース予想

新馬(2014) <9/20・21>

読了までの目安時間:約 2分

 

土曜は1600の日。

阪神では牝馬限定戦らしく瞬発力勝負となり、最後は一騎打ち。

珍しくディープの仔はいなかったが、きっちり兄が代役を務めた。勝ったアスカビレンは、母方に底力のある中距離型が配されているので成長力があるか。2着ティーエスクライもレイナワルツの仔で同タイプ。黄金配合のレッドメアラスは過信禁物。トレンドのノーザンダンサー系のクロスを持っていない。

 

新潟は、人気のネオ×シルクプリマドンナのネオルミエールがぎりぎり内のいいところを伸びて、クラージュシチーの追撃を凌ぎきった。

最後は2頭が抜け出す形となったが、2着馬はハービンジャーで守備範囲は違う可能性も。

この日のもう一鞍は、新潟ダ1200。パイロ産駒のファイアフライが好位から抜け出した。ドイツ牝系のダート馬とは変わり種だ。

 

日曜

阪神ダ1200戦は、前日からの荒れ模様を引きずってか、人気馬総崩れ。ファスリエフの牝駒で5番人気のウェディングランが逃げ切った。

 

この日は2000Mデー。

阪神では断然人気のドラゴンヴァースが快勝。器用な感じのネオユニヴァース産駒。母父はタイキシャトルを送り出したデヴィルズバッグ。何となくワンアンドオンリーと同じ雰囲気もあるが、決め手勝負では辛いタイプか。2着はヴィルシーナの下で、こっちは差し馬に育ちそう。

 

新潟は内回りコース。

人気の一角だったオルロフが、内から抜け出し快勝。2、3着には人気薄が入った。オルロフはスペシャルウィーク産駒の大型馬。外枠で見せ場を作れなかった中型馬とは対照的。ただ、小回り適性の差もあった。勝ち馬は、もしかするとダート向きかも。

 

レース回顧

血視点・ゼンノロブロイ

読了までの目安時間:約 2分

 

レーヴデトワールが、不良馬場の紫苑Sを制した。

良馬場限定で末脚が爆発するレーヴドスカー兄弟。フランス血統らしい姿を今回初めて見た気もする。

兄姉の父はアグネスタキオン・シンボリクリスエス・スペシャルウィークなど。ゼンノロブロイだけ特別ではないはずだが。

 

ゼンノロブロイ産駒は、父に似て2000Mでかなりの適性を示す。

他のサンデー系と比べると、決め手はやはり鈍い。同厩のサングレアルも本質は同じ。新馬や1勝クラスまではよくても、昇級した途端キレ負けする。

 

ロブロイの一族には、種牡馬のディアブロ、ロフティーエイム・メーデイア姉妹など遠縁に活躍馬はいるものの、あまり著名な牝系ではない。

母ローミンレイチェルが古馬になってから、サラトガ7FのGⅠを勝てたのは、単に早熟ではなかったからか。

ただ、その父マイニングはダートがいいというほどの偏りはない。日本の代表産駒はほとんど全て芝の短距離型なので、そこだけ受け継いだと言える。

 

突き詰めていけば、やはりアメリカ血脈の権化と結論付けられるゼンノロブロイ。

産駒の重馬場適性は、一般的に見ると根幹距離が合う性質を反映したものだろう。渋った馬場を不得手にする傾向を示した場合、まず例外なくGⅠには縁がない。

 

配合相手に悩まない特性は、アウトブリードの功罪を暗示している。インブリードよりも、雑味は受け継ぎやすい。

勝ち味の遅さもそっくりになってしまうのはそのせいか。まあ、母方に共通の血が入っていても、さして変化はないのだが。

でも、こういう血筋ほど直系で行き残っていくもの。ネオやステイゴールドもそう。違いは才能だ。

 

 

コラム

新馬(2014) <9/13・14>

読了までの目安時間:約 2分

 

土日で3鞍ずつ。土曜は阪神が2鞍。

牝馬限定の芝1400戦は、人気通りでかつダイワメジャーの仔がワンツー。

須貝×福永のコラボで人気に応えたバチスタはきれいな競馬が合うのか、好位からの抜け出し。

2着ラクアミはルーキーの斤量利はあったが、差しを仕込みたいという狙いが感じられた。それぞれキレ味勝負では分が悪いか。

 

ワンダフルラスターが人気に応え逃げ切ったダート1400戦。日本にやって来たティズワンダフル産駒は、これで2頭とも勝ち上がったことになる。

 

新潟芝1200は、断然人気のヘニースウィフトが終始モタモタした競馬で、蛯名騎手の叱咤に最後やっと応えて、粘り込みを図るコスモトリスタンを交わしたところでゴール。2着馬は80倍が過小評価の可能性もあるので、次戦以降も静かに見守りたい。

 

日曜は新潟で2鞍。

芝1800M(稍)の方は、思われたよりか各馬の力差があった印象。僅差ながら1番人気に推されたダンス×プラウドウイングスのダイワダーウインが、荒れた内目の馬場を避けつつ、楽な手応えで逃げ切った。

ダ1800は重。2番人気ストロングトリトン圧勝。ゴールドアリュール×ストームキャット。他がどうこうではなく、この条件では負ける要素がほとんどなかったということだろう。蛯名騎手は、今日もせっせと追いまくっていたが4着止まり。

 

阪神では、タイキシャトルの甥とビリーヴの娘の対決。直線では叩き合いにならず、人気のマンハッタンカフェ産駒でマイル王の甥・サトノフラムが後続を突き放し快勝。フィドゥーシアは、鞍上が少し仕上がり途上。新馬では無理ができないから辛い。

 

レース回顧

何かが始まる時

読了までの目安時間:約 2分

 

武豊騎手が復帰した。1勝した。でも、それだけだった。

ユタカマジック復活は先送り。暫時の騎乗制限の最中だとはいえ、もういい年になってきたこともあって、故障明け後のもたつきにどうも必要以上の懸念をしてしまう。

悪いところは悪いとはっきり言うべきだろうか。外から刺激が、真の復活を早める結果に繋がってくれればいいのだが。

 

新潟記念で柴田善臣騎手が密やかに2着を拾って、サマージョッキーシリーズの行く末が見えなくなってきた。若手と中堅の乗れてる連中相手に、関東の騎手が中心になって暮れのWSJS参戦の1枠を争うわけだが…。なんか遠慮しちゃいそうな予感も。でも、大きな勲章はまた欲しいはずだ。

 

国分優作騎手が、同じ日に生まれた恭介騎手に遅れること約4年、先日の小倉2歳Sで念願の初重賞制覇を成し遂げた。双子の騎手はひと回り上にもいるわけだが、そちらは雌伏の時を経て、今年久々のツインズ揃い踏みという流れ。そのノリだけで勝ったなんて言われるようじゃ寂しい。もっといっぱい。今回何かを掴んだはずだ。

 

ダコールが復活をかけ、新潟記念でジョーカー騎手を配し、乾坤一擲の勝負に挑んだ。だが、己を活かすために逃げ馬を追撃する正攻法の策も、直線で進路を見出せず。

この勝負運のなさは一体…。人馬のリズムはとてもよかったのだが。

 

藤沢厩舎の重賞1番人気馬が今回も敗れた。ペルーサの呪い…。

(外)、外国人騎手、乗り替わり。それぞれに功罪をもたらした不世出の名伯楽は、今久々に全国リーディングを目指せる位置へつけている。

もっと勝ち気にならないと。否、恐縮です。

勝負師それぞれの健闘を祈る。

 

コラム

2014年 2歳馬選定 夏総括②

読了までの目安時間:約 2分

 

各2歳Sを総括は、即ちランキングリセットを意味する。

 

新潟2歳Sを快勝したミュゼスルタンの新馬戦をよくよく見返してみると、多頭数のスローペースを内からスムーズな運びで伸びてきて、最後はきっちり抜け出した着差以上に強い内容。

故に、骨折してしまったのか。若い時期には、うまく走れるからこそ反動の危険度が増すこともある。成長力と引き換えに能力を120%引き出されてしまうような競馬だったから、ミュゼスルタンの将来性には若干の不安がある。

2着のアヴニールマルシェとて、成長期に入る前の可能性さえある配合だから、怪我のリスクは勝ち馬と同等レベルで考慮せねばならない。ゆっくり作り直すのがいい。

 

札幌戦は、波乱の似合う血筋が混戦ムードの中で快走。

あの大波乱の秋華賞を制したブラックエンブレムの仔が、直線で強烈な決め手を発揮して、去年2着マイネグレヴィルの半弟シュバリエも、前崩れの展開を粘り込んでやっぱり2着。

ただし、広い馬場の上がり勝負に向く性質は問われなかったから、その部分と合わせるとブライトエンブレムのポテンシャルはここでは一枚上だったと言える。

 

小倉は、今年は馬場が特殊すぎて波乱の結末。

力だけならどう考えても、2着だったレオパルディナが一番だったわけで、1:08.4だとこうなるという結果だったのだろうが…。

すずらん賞も大分荒れてしまったから、短距離戦線は既に国内の趨勢と悪い意味でリンクしてしまっている

 

土曜新潟の未勝利を勝ったココロノアイは注目株。期待通りの2戦目勝ち上がりは評価できる。札幌2歳S4着のミュゼエイリアンに新馬で負けていた馬だ。

 

コラム

新馬(2014) <9/6・7>

読了までの目安時間:約 2分

 

本州は幾らか渋残りの馬場。夏開催最終週は、例によって数は少なめ。

土曜日は札幌1鞍、新潟2鞍。各々見どころのある馬が勝ち上がった。

 

札幌1500戦は、好位につけてすんなり押し切った2番人気ダイトウキョウが新馬勝ち。マンハッタンカフェの牡駒。名は体を表すもので、多種多様な血をごちゃ混ぜにしたような配合が、今後の苛烈な生存競争の中で好影響を与えるかもしれない。競り合いで本領発揮か。

 

新潟の芝1800は、オグリキャップ最後の産駒であるミンナノアイドルの初仔・ストリートキャップが、岩田ポジションからの悠々抜け出しで快勝。牝馬に人気が集まっていたから、4番人気牡馬には気楽だったか。ゴールドアリュールは兼用タイプで晩成型だから、ダート向きになる可能性もあるが、見た目は芝馬だ。

ダ1200Mも岩田騎手のキャプテンシップ。稍重馬場をただ回ってきただけで楽勝だった。森厩舎独特の足長に見せる好馬体。父ノボジャック級に育つか。華麗なる一族出身。

 

日曜日は、新潟と小倉で1鞍ずつ。快晴だったのが何より。

小倉1800は、少頭数ながらも混戦模様。番手からクレストが抜け出し、牝馬のオデッタが追い詰めるも届かず。勝ち馬は地味に新馬勝ち上がり率の高いマンハッタンカフェ産駒。ルーキー松若騎手の3kgもらいも効いたのだろうが、母キュンティアで直線に坂がなかったのはよかったか。これより人気の2頭は適性面の再考を含め、再スタートは慎重にしたい。

 

新潟1400は波乱。ハナズプルメリアが牝馬らしいキレを見せ、初陣を飾った。カメハメハでも平坦向きの牝系の構成。来夏もぜひ新潟で。

 

 

レース回顧

2014年 サマーシリーズ最終戦

読了までの目安時間:約 2分

 

今年は、ポイントの一極集中がないので面白い。

 

・スプリント

1位 ローブティサージュ 15pt

突如復活を遂げた2年前の2歳女王が、現時点でチャンピオン最有力。

いかにもリーグ戦というような空気の関西圏2戦が、予想された通りに難解な結果になったものだから、北海道の2戦とアイビスSDを使った組が優勢となった。後述した3レースに複数参戦した馬は、比較的安定して走っていたから、大勢は決したと見たのだが…。最後の12ptは、一体誰の手に?

 

・2000

1位 メイショウナルト・ラブイズブーシェ 14pt

一応、メイショウナルトにアクシデントがない限り、新潟記念を完走すればポイントが加算されてそのまま、という状況。札幌記念出走組に大きな得点が入ったこの路線の首位候補はおらず、本州転戦組が必然的に有利となる。

だからか、その2戦ともいいメンバーが揃って、面白い競馬になった。マーティンボロ、ニューダイナスティらは今回も出て来るから油断大敵。路線の層は厚い。

 

・マイル

クラレントが2戦とも参加しているから暫定トップも、ブレイズアトレイルやマジェスティハーツ、エクセラントカーヴもいるので、斤量の差が勝負を分けるか。みんな回避したら一大事だが、このいずれかが勝つと思われる。

 

・騎手

1位 田辺裕信 24pt

週末に勝った2人が猛追するも、あと最大2鞍しか乗れないから、このままの公算は大きい。セントウルS次第ではあるが、メイショウナルトが苦手の左回りで、例えとして正しくはないが、昨年の関ヶ原Sくらい走れたなら…。

 

各1位は安泰の状況も、最終戦は結構面白いレースとなりそうで楽しみだ。

 

コラム