競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ダート馬の分水嶺

読了までの目安時間:約 3分

 

ダート王に返り咲いたホッコータルマエと、ダービーのお返しを究極のJCで完遂したエピファネイア。
共にスーパーエースではないが、これ以上の才能もまた少ない。

あくまでも、ターフがメインではないのがドバイミーティングの本懐。
ただし、無残にも討ち死にしたジャパニーズスターに学ばなければ、謙虚に大胆に大物食いなどできるわけもない。
その中にあって、立ち直ってきたホッコータルマエは、陣営も馬そのものも称賛されて当然である。
2年続けて結果を残した上で、参戦できた馬など記憶にない。

本質的な問題はスピードだったが、芝の馬が通用すると分かって、今年の少数精鋭での参戦には納得だ。
一応、他にも興味のある馬はいる。
何故かお熱になって、今年3頭も挑むことになったUAEダービーや同期の華ハープスター・ワンアンドオンリーのシーマクラシック獲りも見逃せない。
が、それはそれぞれに必要なタイトルには思えない。
前年は、ホッコータルマエがワールドCでもっとやれると思っていたが、全てアウェイという負け方だった。

必ずしもフェブラリーSが、ドバイの競馬への招待状を得るために必要なタイトルではないことは、前記の通りに証明済み。
トゥザヴィクトリーはGⅠを勝ったわけでも、ましてやダート実績があったわけでもないのに、見せ場を作って惨敗ながらも、2着に粘り込んでいる。
特別な年のオールウェザーは芝GⅠ2勝のヴィクトワールピサが、逃げたトランセンドを僅かに競り落としての歓喜だった。

日本で思うようなダートと違う以上、無謀な挑戦にも思えるが、ホッコータルマエに期待される先行力は、昨年参戦時以上に可能性を感じる。
秋の復帰2戦目からは、逃げ馬も差し馬も封じている。
頂きに立てれば、その世界観は180度変転する。ワンアンドオンリーと共に、人気のない方の激走に期待だ。

 

コラム

波乱の予感

読了までの目安時間:約 2分

 

ドバイ・メイダン競馬場のダートが、どうもおかしい。
前年馬場のタペタ(オールウェザー)とナドアルシバ時代のダートとの比較で、アルマクトゥームチャレンジR3<GⅠ・2000>がAWの平均より1秒以上遅く、ナドアルシバの最後の5年の平均より3秒近く劣る2:04.92での決着。
スピード馬の集うマハブアルシマール<GⅢ・1200>も同比較で、前平均時計に対し0.6秒、後時計だと1.7秒以上も遅い1:12.13で決まったことで、まだ馬場の方が仕上がっていないというのが、大方の見立てとなっている。

「大井に似ている」
西浦調教師がこのようなコメントを残したくらいで、今我々の知っている速さを競うダートのイメージとは、一線を画した競馬となる予感がする。

それを察してか、マクトゥームファミリー随一の相馬眼を持つと言われるハンダム殿下が、
「ワールドカップは、アフリカンストーリー、プリンスビショップ、ホッコータルマエの争いになるのでは」
と、馬場傾向を加味した推察を記者に語ったとのこと。
タルマエの前に挙げた2頭は、前記前哨戦GⅠの1、2着馬であり、また昨年のワールドカップとその前哨戦の勝者である。
同時に、カリフォルニアクロームやリーといった、アメリカのエース級は今年も苦戦するとの見解を披露した。
エピファネイアはどうなんだ?
少なくとも、アメリカとは違う馬場質ならば、かなりの勝機が見込まれる。

 

ニュース

コース改修の妙

読了までの目安時間:約 2分

 

ハイセイコー、オグリキャップらが勝った時代とは、レースコンセプトがまるで違う。距離短縮後の勝者に学ぶ。
20回目のテーマは、現役チャンピオン決定戦。
香港のトップスプリンター・エアロヴェロシティなる9文字以内の名前の実力馬参戦は、主催者側にもうれしい。(笑)
南半球のマイナー血統を凝縮した配合の馬が、日本で走ることの意義はあるが、それ以上にドバイやオーストラリアでも、同価値のレースがこの時季に、中京は時計が掛かりますキャンペーンを張っても、水を撒いても速いものは速いと平行線を辿ること間違いなしの状況ながら来てもらったのだから、きっちり力を出し切ってもらいたい。
ロードカナロアにも感謝である。

本質マイラーは最近来ていない。
それはしかし、活きのいいの新星が、若いうちに力を出し切るべき正しいスプリントGⅠの在り方にも思える。
日本の距離別体系が、重賞競走の再整備と増設を繰り返す中で、この不思議なポジションにあったレースは、今確実に、春の「真のビッグタイトル」へと成長を遂げようとしている。
その証拠が、前年覇者に香港スプリントの覇者と日本馬で再先着した昨年の1番人気馬ストレイトガールも登場するという、スプリンターズSでも滅多にない好カードになったことだ。

冷静に判断すればは、ロードカナロアやカレンチャンがいないのでは一枚落ちの感も否めないが、キンシャサノキセキが連覇して以降、ミッキーアイルのようなマイル以上のGⅠ好走馬は、一切来なくなった。
今年も、そういう競馬になると考えるべきだろう。
熟成されたGⅠの伸びしろは、これからもその幅を広げていくはずだ。今注目のレースである。

 

コラム

伊達男の乙女心

読了までの目安時間:約 2分

 

「桜花賞ヲカチタイ」
JRA所属騎手としての目標がこれ。再びのダービー制覇ではなく…。
ミルコ・デムーロ騎手は、どうしても桜花賞騎手になりたいようだ。

「桜がきれいだから」
「きれいな桜並木をバックに勝てたら格好いいよ」
余計なお世話だが、後記したコメントの方は、一体何語で話したのだろうか?
お世話ついでに、今年の桜花賞はこの調子だと、葉桜だらけになった桜並木を薫風が揺らすような晩春の趣き漂う花舞台になりそうである。

まあ、2年前の屈辱もある。ダービーには縁を感じているのだろうし、もしかするとその大きな夢が簡単に叶ってしまったから、ある意味欲をかいた目標を掲げているのかもしれない。
先週のフィリーズレビューでは、ギリギリを遥かに超え、危険水域にどっぷり浸かった状態のクイーンズリングを駆り、人気に応えつつ、桜花賞の優先出走権も得た。
己も出られるし、もちろん馬も出してあげたかったレースで走れる段取りが整った。

「あとチョット」
勝負師たる姿は、思い出深いネオユニヴァースの仔でより大きな悲願を成就させた4年前の快挙の際、その凄味をまざまさと見せつけられたものだ。
同時に、2年前に弟クリスチャンが跨るアユサンに、実に際どい勝負ながら競り負けたことを昨日ことのように覚えていて、また眉をひそめる。
いや、乙女心なんて見立ては、全く滅相もないのである。

叶えたい夢が、日本でなら見つけられる。それは、少し前のフランキーとも通ずる。
「本当に嬉しいです」
今年こその意気込みなら、誰にも負けていない。

 

ニュース

希望の星① -2015年 クラシック最有力馬-

読了までの目安時間:約 2分

 

しなやかなフォームが無駄のない燃料効率を可能にしたかのような、未来感を堪能できる才能。今年何故か多い3戦3勝馬の中でも、各重要ポジションを担うだろう2頭を改めて分析する。

・ルージュバック
ヒルノダムールやレッドディザイアらが輝いた淀の舞台で、あり得ないシチュエーションながら断然人気に応えた彼女は、人間風に言うところのその兄弟馬とは、作りがちょっと違っていた。2、3戦目では、何の縁か、注目の良血牡馬とも対戦した。

ただ、「名牝道はJFを起点とす」の格言に逆らったローテには、不安もある。
マイル経験のない候補が人気になる桜花賞も、シーザリオがいた05年以来だ。アドマイヤグルーヴやダンスインザムードも似たようなところがあったが、ダンスはマイルを使っていた。07年以降でも、マイル重賞未経験馬は連対すら困難な状況。
注釈:例外はルージュバック、となるか否か。最強を名乗る資格が次戦で問われる。

・サトノクラウン
粗を探せば、きっとそれはルージュバックにも共通する本当の意味で揉まれた経験がないこと。
でも、期待馬の集まる競馬にドンドン参戦していけば、得られないものだってある。うまくいってしまうと、信じられないような展開には対応できない。それが牡馬路線の面白さでもある。

皐月賞という舞台がいつもそのことを人気馬に問うてきたが、真の課題はダノンプラチナやドゥラメンテらとは皐月賞が初対戦であること。
一番はまだ決まっていないが、ダービーの前にはもう断然評価を得て、世界を視野に入れた戦いにしていきたい。
位置を下げたら機動性を活かせないから、ルメールの勝負勘が肝となる。

 

コラム

新馬(2015) <3/14・15>

読了までの目安時間:約 2分

 

いよいよ本格的に未勝利戦へ戦績欄が真っ白な馬が参戦し出した。
新馬戦は、土曜のダート1800戦2鞍のみ。芝の未勝利組も拾っていきたい。

雨上がりの阪神では、前半は芝、ダートとも稍重で競馬が行われた。
新馬戦は、1番人気ネオヴァシュランの逃げ切り勝ち。3勝馬キャニオンバレーの下で、こちらはエンパイアメーカー産駒。同じ産駒で同じく牝馬の方に重い印を打っていたが、そちらは除外されてしまった…。
中山の新馬は、センチュリオンの圧勝。今週も軽く勝ち上がったキングカメハメハの男馬。母は芝3勝のハンドレットスコアだが、近親はダート活躍馬ばかり。母母父サンデーの影響は、もっと上のクラスの底力勝負で出て来るか。

さて、土曜日の芝中距離の未勝利戦は、みんなハーツクライと縁のある馬が勝っていた。
中京2200は、その産駒のラウレアブルームが惜敗続きに終止符を打ち、1番人気に応えた。これは即500万の有力馬。
で、中山、阪神でもハーツクライ一族が勝ち上がった。
阪神1800は前記の通りの渋残りの馬場を、ハーツの姪ナムラアンが、早々に抜け出し後続を封じた。この日好調だったエンパイアメーカーの牝馬。上がりも一番だから、距離延長のオープンでは怖い存在。

ハーツクライとは3代母が共通のレッドライジェルは、中山1800でマティリアル的追い込みを決めた。ディープ産駒。
こちらはモタモタも込みでじっくり育てたいタイプだろうが、ダービートライアルで穴をあけても不思議じゃない好素材。2着馬が、クラシック路線のキーマンと数多く対戦していたので、その点は推し材料だろう。期待度30%としておく。
日曜は、ヴァーミリアンの初期の出世馬になれそうなシャンデリアハウスに注目。

 

レース回顧

罪深き仕事

読了までの目安時間:約 2分

 

これは、最近故障したGⅠ馬8頭である。
グレープブランデー
アユサン
フェノーメノ
マイネルホウオウ
キズナ
ベルシャザール
アジアエクスプレス
コパノリッキー

最近の怪我は、重度になることが多い。重賞馬の競走中の事故死、GⅠ馬の急死、落馬事故による騎手の長期休養…。
ほんの少し前には、違った形で痛烈な記憶が刻み込まれたばかりだ。
何も、強い調教と高速馬場を揶揄しているわけではない。騎手が時に冒す、乱暴すぎる騎乗に関しても、それはまた別次元のこと。本質論は、
「怪我に対する恐れ」
という、基本的理念の部分の話である。

アユサンとマイネルホウオウは、3歳戦で勝ち運が巡ってきたことで、失うものもあった。
ダートのスピードランナー4頭は、紆余曲折を経て活躍をみせた馬。うち3頭は、故障経験馬。大型馬ということもある。
さて、王道路線で脱落経験のある2頭なのだが…。
重馬場のタフな競馬で、力を出し切れなかった経験があった。天皇賞を境に…、というのも同じ。
故障の前々走は、一番強いと言い切れる内容だった。

ダービー好走も共通項。
フェノーメノは好時計でハナ差の2着。勝ったディープブリランテにとっては、最後のレース。掲示板5頭のうち、3頭までが故障、2頭は即引退した。
キズナが消耗したのは、ロンシャンの連続重馬場ではなく、ダービー辛勝後に遠征したため。ヴィクトワールピサは、ダービーを負けた幸運もあった。
憎き高速ダービー。

ダービーは全てを失ったとしても欲しいタイトル。人の罪は、馬を助けるために競馬を出来ないこと。
その代わり、騎手は命懸けでレースに挑む。そんな不条理をふと忘れた時、悲劇を再び目撃することになる。

 

コラム

さよならこんにちは

読了までの目安時間:約 2分

 

「外れ馬券は経費である」
3月半ばに出た結論が、行く馬来る馬の餞になるかどうかはともかく、4年前のちょうど今頃、世界観が一変した季節のことを思い出すと、何事にも前向きさが大切であると気付かされる。新しい時代を生きる意味をよく考えたい。

今週末は、牝馬の重賞が2鞍組まれている。
中山牝馬Sとフィリーズレビュー。かなり色合いの異なる、まさに正反対の性質のレースではあるが、共通して言えるのが、1番人気の消える年がほとんどという点。
10年で3勝をどうみるか、その他は大概馬群で沈んでいることと合わせて、雨予報の日曜日をどう占うかなど難解度◎だ。

出会いと別れ。
ジェンティルドンナ圧勝のオークスで3着と好走したアイスフォーリスが、間もなく母になる。
中山牝馬Sの有力馬。斤量54は、金杯5着馬にしては恵まれた条件。
「雨が降って重馬場にならなければ、チャンスはある」
何とも微妙である。目一杯の仕上げをアピールする意味もあるが、美浦Wコースを単走で、終い12.7秒と意欲的に追われて好調さを示した。相沢調教師の笑顔は見られるだろうか。

クイーンズリングという2戦無敗馬は、初の1400がFRという挑戦的なレース選択をしてきた。
栗東の坂路を余裕を持たせての追い切り。ミルコマジックも加われば…。
「操縦性が高く鞍上の意のままに動ける」
吉村師の自信が、新たな桜花賞候補誕生に繋がるのか見物だ。

 

ニュース

若手調教師の奮闘

読了までの目安時間:約 2分

 

今野貞一調教師には、ロカの今後の展望を伺いたい。
馬の才能を信じたからこその格上挑戦の日々。そこで評価を揺るぎないものにしようとしたが、うまくいかず。
チューリップ賞は出遅れなかったが、クイーンCで最後モタれた影響を感じさせる4着だった。
忘れな草なのか、再東上なのか。勝負師として、桜花賞単独登録もアリにも思うが…。今の本音を知りたい。

ココロノアイで勝った尾関知人師は、オーシャンSもサクラゴスペルで勝って、土曜日はウハウハ。
レッツゴードンキを管理する梅田智之師は、45歳で10年のキャリアを持つ中堅の調教師。双方の管理馬に、厩舎の歴史がある。
尾関厩舎の活躍馬には、モンストールやサクラプレジールもいる。前記2頭含め、負かした馬を見ていくと、ジャスタウェイ、ダッシャーゴーゴー、エバーブロッサム、ハクサンムーンに、レッツゴードンキ。人気、実績馬を次々破ってきた。
一方、梅田厩舎の一流馬といえば、ショウナンマイティとアドマイヤラクティ。大舞台での悲運が、どうにも頭から離れない馬ばかり。
流れというのは、残酷な結果をもたらすものだ。

シャイニングレイの高野友和師とグァンチャーレの北出成人師も、期待馬を預かって、共に弥生賞出走まで漕ぎつけたのだが、競馬は難しい。
距離ギリギリにも映ったグァンチャーレは、鞍上が工夫して絶妙の追い出しを図ろうした時、外に膨れる不利を受ける。
シャイニングレイは、競馬に全く集中できず終い。
前者はホヤホヤのGⅠトレーナー。後者はキャリアをある程度持っているが、明確な目標に向けたレースプランというのは、経験が少なかった。
勝つために必要な己の力みを抑える術を、馬と接しながら体得していければ、それは大きな財産になる。

 

コラム

2015年 牝馬クラシック①

読了までの目安時間:約 2分

 

ひとまず、見通しは立ったように思う。チューリップ賞は、雨の悪戯で人気馬の明暗がくっきり。
ロカの実質的な脱落は、世代内闘争の過酷さを如実に示している。

JF組の2枚大関、レッツゴードンキとココロノアイが、3度目の対決でも仲良くゴール。
ただ、勝ちに拘って臨機応変に対応してきたレッツゴードンキは最後疲れてしまったりと、扱いは少し難解だ。
折り合いと末脚勝負へ自信を深めた関東馬・ココロノアイは、既知の道悪実績からも楽勝は当然。
関西の人気2頭は、失敗の経験の分コンテッサトゥーレの方が走っただけで、クルミナルが能無しと評するのも間違っている。
一つ、アンドリエッテの破壊的な末脚だけは、対別路線の主力組とも戦えそうな感触は得られた。頭狙いは避けるというのが、扱いとして妥当か。

JF組で主力級というのは、もう実質ショウナンアデラだけだ。直行は吉と出るか否か。
スティンガーのレース史に残る逆噴射の例もあるが、翌年のマヤノメイビーは3着後の直行で2着、昨年は1着馬が2着になっている。
でも、今年はJF絶対的優勢の構図ではない。
年明けオープン勝ちは、あとノットフォーマルとキャットコイン、あとはきさらぎ賞楽勝娘だけ。
傷だらけの戦績ながら、策に勝機を見出したノットフォーマルは普通なら厳しい。
キャットコインは、ハイレベル決着の反動だけが問題。ステイゴールド産駒が息を吹き返してきたから、無理に消す必要もない。次の次まで展望できる馬だ。

そして、ルージュバックはというと…、この2週間の結果如何では、三冠の夢も出て来る。
きさらぎ賞でクリアしてしまった、今までと違う全ての条件は、普通の馬では到底乗り越えられないものだ。
スプリント能力で勝負しない限りは…。パワーという課題は、外回りならば、上手さでカバーできる。

 

コラム