競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

2015年 クラシック路線総括 -牡馬編-

読了までの目安時間:約 3分

 

二冠馬ドゥラメンテのいると、そのレースが多少なりとも壊れる。
また、彼に先着した馬、接近した馬は、決まって勝ち味に遅いタイプだった。
そして、2度の接近に成功したリアルスティールは骨を折り、それを免れたちょっと遅い先行馬のキタサンブラックは、乱ペースに惑わされることなく菊花賞を勝った。

今の時代、ドゥラメンテほどの馬が三冠を目指していたかは、自身の故障により、もう誰も考えられなくなってしまった。
ヴィクトワールピサは、3歳秋遠征を経験し、JC3着後に3連勝して、世界の名馬へ昇華した。

歴代2位の皐月賞と、父のダービーレコードを更新したサラブレッドに最高の価値を付け加える要素というのは、簡単には見つけられない。
血統も申し分ないの馬の未来は、死の性質によって、潰えたり、夢を繋げられたりと様々展望できる。
競走馬としての死が、生命体の死と直結するのが常の世界にあって、膝の剥離骨折という軽微な故障は、未来の大活躍を予期させるのに十分な休養期間を作った、神からの贈り物のように思う。

彼が元気だったとしても出てきたかどうかは分からなかった菊花賞は、結果として皐月賞2、3着馬が入れ替わって、神戸新聞杯楽勝の上がり馬がその次に入る平穏な決着に終わった。

春二冠でまともに競馬できなかったスピリッツミノルが、最後の最後で逃げ馬らしい形を作ったことで、全体の時計も平凡に。
向こう流しで何頭かが、彼の作る逃げのリズムを破壊しようとしたが、結果だけ見れば、スピリッツミノルペースは異質な存在のレースにおいては、正しい流れであったことを示している。
しかし、それがために、距離不安の馬ばかりの競馬が荒れず、綺麗に大団円の結末を迎えてしまったとも言える。

リアルスティールは、距離、自在性、気性の主要素において、どれ一つとも突きつけたものがなかったのが虚しい結果に終わった理由だろう。
彼の大切な何か壊したのは、共同通信杯で出会ったあいつなのか。今にして、ふとそう思った。

 

レース回顧

遅いディープという矜持

読了までの目安時間:約 3分

 

ジェンティルドンナという馬は、ドナウブルーを姉に持ちながら、何故か2400Mで強かったのだが、基本距離のマイル戦での最高時計1:34.3<シンザン記念優勝時>からも分かるように、速い馬ではなかった。
オークスでは2:23.6という大記録を出しながら、JC初勝利時の2:23.1で自己記録更新後、秋の天皇賞で1:58.2という今では大したことのない走破記録以外、はっきりと遅い時計でしか走れていない。

クラシック時点のライバル・ヴィルシーナが、マイルで1分32秒台を3度も記録しているのとでは、明らかに一線を画す適性の差。
その癖、昨年の宝塚記念は時計平凡にも拘らず、生涯初の先着を許すのであった。

配合こそ違えど、キズナも似たようなところがあって、両者とも日本よりは時計を要する洋芝の大きなレースで、タフな競馬を制している共通点もある。
距離をこなせるから、遅くなる。

対照的に、父のディープインパクトは速かったが、速いから長距離GⅠを勝てたわけではない。
レース展開によって5秒は時計が変わってしまう3000M以上の競馬で、それぞれ違った形で快勝できたのは、ゆっくり仕掛けるのに適した馬体と飛ぶように走れる特殊な脚の関節を持っていたから。
オプション一つで努力可能な領域を拡大できる。これが才能の差なのだ。

産駒は総じて、出来がいいから距離をこなせるとは限らないが、遅くなる要素を母系の血から求めることで、この産駒はいかようにも変身する。

キズナと母父は共通のリアルスティール。
歴代2位の時計で決まった皐月賞は2着、ダービーレコードの2400戦は4着。
時計が遅くなった神戸新聞杯で2着。菊も中身は大差なく2着止まり。

牡馬クラシックは、速さが優先されにくい舞台設定であるから、タイトル一つだけの場合は、余程のことがない限り古馬チャンピオンにはなれない。
総合力というファクターは曖昧でも、速さで勝負は決まるから、その度合いでいえば、リアルスティールのバランスが少々お上品すぎたのかもしれない。

 

コラム

空手形にする男

読了までの目安時間:約 2分

 

曰く、

「うっせー!って恫喝したのかもしれないし。本当のところはわからないけど」(横山典弘)

その通りであろう。

菊花賞の直前、天皇賞に出るわけでもないゴールドシップの大切な調教審査が行われたのは、週末の出走馬が決定する先週木曜日だった。

「気ぃ遣ってな」(須貝尚介)

鞍上も周りにいる他厩舎のスタッフに無言の圧力をかける。

いや、彼がそこにいるからなのか、近づくなオーラを極限までに張り詰めることで、本来、レースへ挑む環境とはまるで異なる静謐な空間を作り出し、2度のゲート発走をあっさりと無難にこなすのであった。

曰く、

「しょーもない茶番やったな」

わかる人には聞こえる、馬にはわかるその声を、馬を育てているわけではない競馬関係者に理解できるかは、それぞれの感性によりけりだろう。

それしかやることがない。

きっと、JRAの発走委員にしても、さすがにプロだからわかっているだろうけど、この茶番を一つの制裁策として実行することで、もうあとは調教師さんよろしくという、丸投げ状態であることは察しがつく。

「俺はスタートはうまいんだ」

お世辞にもうまいとは言えないが、自身へのその過大評価を鵜呑みするほど馬鹿じゃない人間が、しかし、下手だと思って接するのとそうでないのとでは、馬に与える心的影響が大きく変わってきてしまう。

人間なのである、彼は。人に育てられたから、人になったのだ。

そんなこともわからない奴らに…。

空手形の乱発は、人心に悪影響を与えるのみだ。

 

ニュース

新馬(2015)<10/24・25>

読了までの目安時間:約 3分

 

マイル戦が東西で行われた土曜日は、ともに何とも言えない決着に。
ファイアクリスタルの勝った東京の牝馬戦は、そもそも混戦ムードだったので7番人気快勝も不思議ではなかったが、京都内回りの方は、ブルーメンブラットの仔・クラシックリディアが勝ったのに、しょぼんとしてしまうような結果に。
断然人気に推されていたヴィブロスは、番手から抜け出しにかかったのだが、伸びきれず。ハービンジャーブームに押された格好で、己の勝負弱さを露呈する形に終わった。

東の2000Mも断然人気馬はだらしない2着だったが、スロー逃げ切りのリスペクトアースは、マンハッタン×ストリートクライの大型馬で先行粘りこみでの強さを示した印象。力通りだと思う。
京都ダ1400は、Dメジャーの騸馬・クリスタルタイソンが牝馬を大勢引き連れて快勝。確かに、半数以上は女の子だったが…。

日曜日も秋晴れ。
東京の2戦はともに楽勝の結果。
ダ1600で4馬身差逃げ切りのストロングバローズは、大型のマインシャフト産駒。芝1400で坂上から抜きぬけたロジータの孫メイプルキングは450kgの中型馬。
人気も体型もまるで違うが、恐らく、本質的な適性に大差はないように思う。成長してくれると嬉しいが。

京都は芝が2戦。
ルミナスハーバーの牝駒がゴール前ぐいぐい伸びた1400戦は、混戦ムードを1強のレースに変える強さが目立った。
ユーイチの牝馬。アットザシーサイドの名は覚えておきたい。
2000Mの方は、皆の想定よりは前に行き、4角から仕掛けて押し切ったハービンジャー×ディアデラノビアという良血のドレッドノータスが一枚上という競馬で快勝。
ただ、ユカタ騎手の本音は、マイルならもっと楽なのに…、という感じだろう。

新潟ではマイル戦が行われ、誰もまっすぐ走れない直線の攻防を尻目に、ワンスインナムーン悠々逃げ切った。アドマイヤムーンの小柄な牝馬だが、タフな馬場が合いそう。

 

レース回顧

新冠から再スタート

読了までの目安時間:約 2分

 

昨年の皐月賞で2着した後、年末の有馬記念では低評価を覆して2着に食い込み、今春のオーストラリアでも遠征初戦のGⅠで2着と、次こそはという手応えに徐々に変わってきたトゥザワールド。
が、前走のクイーンエリザベスS大敗後、右前脚に発症した屈腱炎の完治に目途が立たないため、現役からの引退を決定。その旨がオーナーサイドから発表された。

加えて、新冠優駿スタリオンステーションでの繋養も決まり、志半ばながら、超良血馬・トゥザワールドは競走馬生活に別れを告げ、種牡馬の道を歩むこともわかった。

2歳秋のデビューからコンスタントに使われ、12戦4勝という通算成績。
重賞は弥生賞の1勝のみだが、早い時期から時計勝負への強さを披露した内容が、前記のGⅠ好走歴と血統面のアピールポイントと合わせてみたときに、相応の評価を受け、来春の日高では引っ張りだこの人気者になりそうな予感もする。

今や、日高にだってサンデー系種牡馬はいて、超A級ではなくても、馬主孝行の馬を送り出すくらいの力は実証されている。
そんな中、GⅠを勝っていないとはいえ、父キングカメハメハでトゥザヴィクトリーという名の通ったサンデー直仔の名牝を母に持つ馬が、中小の牧場が主体の馬産地で、血の重複に悩まされずに大変重宝されるミスプロ系のトップサイアーとして君臨するシーンは、存外妄想に止まらない可能性がある。

敵に塩を送るだけで済むのか、否か。
失敗したな、と彼の生産者を後悔させるような恩返しに、これからは期待をしたい。

 

ニュース

2015年 クラシック路線総括 -牝馬編ー

読了までの目安時間:約 3分

 

2歳女王の春全休でどうなることかと思っていたら、ルージュバックが出現して盛り上がり、彼女が活躍したわけじゃないのに、全体的ないい雰囲気は最後まで続いていった。

阪神1600は、スローになる。
また、超のハイペース翌年に超のスローペースになる今の桜花賞というのは、安心して見ていられない穴馬券発生必至の可能性を秘める爆弾レースに戻ってしまったのかもしれない。
JFで人気の一角を成したレッツゴードンキが、安定感の競馬を一新させ、大胆にスローの逃げ。
あれよあれよという間に2着のクルミナルに4馬身の差をつけ、悠々逃げ切ってみせた。

同じマイルでも、東京1600Mで敗れてしまい、その桜花賞も除外されてしまった忘れな草賞優勝馬・ミッキークイーンが、オークスには間に合った。
そうしたら、1ー2ー1の圧倒的好成績。
レッツゴードンキは、オークスで揉まれてリズムを崩し、尻すぼみの戦績を残すに甘んじた。

焦点は、マイル重賞馬・ノットフォーマルの逃げ。
オークスでは、桜花賞で叶わなかった逃げを見せ、平均ペースを演出。
秋華賞では、途中からハナを奪った影響もあってか、外から猛然と上がっていって、中間点で57.4秒という前年以上のハイペースで牽引し、3歳牝馬の底力の限界を引き出した。

然るべきGⅠの展開が、コースに見合った形で繰り広げられた時、ミッキークイーンという才能は、最高のパフォーマンスを示した。
初重賞制覇となったオークスでは人気馬を最後に競り落とし、秋には、自分の型を崩してまでも積極的な競馬に徹して、結果を出した。
歴代の名牝に比肩するタフネスガールの信条は、スタートさえうまくいけば何とかなる。
それを気にする場面でうまく出られる馬が、ゲート難の扱いを受けるのはやはり間違っている。と、思いたいが。

終幕は、納得の力勝負。
ただ、クラシック有力候補の2歳女王が、3歳シーズン未出走というケースは、91年から牝馬限定になった時からは一度もない。
ひとまず、マイル重賞馬には気をつけたい。

 

コラム

新馬(2015)<10/17・18>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜日はまた雨の影響を受け、東京芝は稍重の競馬。
芝は東西で最短距離のレースが行われた。

京都1200も東京1400も、結局ダイワメジャーの▲評価が勝利。
直線入り口で手応えよく上がってきたレイリオンが西の勝ち馬。安田厩舎である。
東はカレンブラックヒルの全弟・モーゼスがゴール前抜け出して勝ち上がり。500kg超の先行馬で父似か。

東京では1800戦も行われ、人気馬の一騎打ちをアグレアーブルが制した。
マンハッタン牝駒で母系はアメリカ血統。速い上がりを新馬で使えたからといって、それを真に受けるのは危険だろうが、重賞級の器だと思う。

京都ダ1800では、カジノドライヴ産駒のドライバーズハイがデビューウイン。ボールドルーラー系復活の狼煙を上げた馬の仔が、このいい流れを掴めぬわけがない。

日曜日は、京都芝1800のマカヒキが圧倒的なパフォーマンスを披露し、強烈な印象を残した。
中団から動いていき、外々をゆっくり回ってきて、直線は手応えたっぷりに馬なりで伸びてくる。
しかし、このウリウリの弟は、毎年一回は必ず現れるそんな馬とは一線を画すように1:47.7の好時計決着で、33秒台中盤の上がりを繰り出したのである。
すでに、様々個性的な才能を持った候補が登場している状況で、この馬がどこまで伸びていくのかが、世代レベルの指標となることだろう。
ここではスピード能力が一つ抜けていた。

東京では、良に回復した芝でマイル戦が行われ、ハーツクライ産駒のアーバンキッドが人気に応えた。距離は2000くらいまでこなせると思うが、どうなるか。
あとはダート戦。
東1400(重)では11番人気のシゲルキツネダイが外から突き抜け、京1200のシンゼンスタチューは人気馬同士の一騎打ちを制した。
新潟は外枠を利して先行した人気の(外)アポロテキサスが逃げ切り勝ち。
三者とも時計はまあま速いから、結構やってくれそうだ。

 

レース回顧

お願いお父さん

読了までの目安時間:約 3分

 

・アースライズ - マンハッタンカフェ
体質が違うから比較にはならないかもしれないが、春のGⅠにもギリギリ間に合った娘に対して、父は体がなくなってしまうくらいまでガレてしまったがためにダービーに出られなかったことを考えると、立派にオークス4着と人気よりはるかに上の着順を拾った娘の健闘は、称賛に値する。

何せ、マンハッタンカフェの仔といえば、レッドディザイア、ヒルノダムールなど、春はあと一歩届かず、3歳秋以降に活躍するという父とそっくりの軌跡を辿る馬が活躍するのがパターン。
今年はいっぱい有力馬を送り込んでおきながら、いざ本番では…、といういつもの流れ。

一番人気のないだろうアースライズには、もうすでに重賞実績を残している組より、父の傾向をより強く受けている可能性がある。

・ミッキーオリビエ - キングカメハメハ
芝でもダートでも。
キングマンボの血を引くものは、どちらに振れるかわからないその万能性と背中合わせの半端な馬に育つ危険性を孕んでいる。
両方で活躍した馬といえば、ベルシャザールが代表格。でも、GⅠ勝ちはダートだけだった。

この馬の場合、芝の新馬戦で惨敗後、休養を挟んだのちは砂の競馬を使われて、いつしか菊に出られるくらいの賞金を手にしていた。
そんな馬、どこかで見たような。

母はザレマ。半兄マルカシェンクとともに、芝のマイル路線で活躍した馬だ。
どうしたって、距離は長い。
1800Mの野分特別に出てきて、スローペースからの抜け出しで芝での連勝を決め、未勝利戦から3連勝とし、そこで後続を5馬身千切り捨てたスリーロールスは、まっすぐ走れなかったのに菊花賞を好時計勝ちしているが…。

父がその開催の阪神戦を最後に引退したのにも拘らず、不思議とその後に才能を開花させるのが産駒の特性となっている。
526kgでデルタブルースが菊花賞馬になったことはあるが、ミッキーオリビエは体重530kgを切ったことはない。菊回避に幸あれ。

 

コラム

変則開催の筋道

読了までの目安時間:約 3分

 

今年も、ちょっとポイントがズレれば、甚大な被害が競馬関係の施設にも出ていたかもしれない。隣県ではなく、県内での激甚災害というのは、とてもじゃないが他人事とは思えないものがある。
昨年は、その台風接近による早めの中止策により、セントライト記念と京都大賞典が順延になった。
去年と今年、様々なタイプの自然災害に煩わしいほどの頻度で襲われる列島の中で、我々は生活しているのだから、そこから逃れることなどできない。

でも、3日間開催のリスクばかり論じても意味はない。
9月の変則開催は、改良の余地が無限にある。
3歳クラシックのトライアル競走をまとめて、その週を3日間開催にしようがしまいが、ハイレベルの馬と騎手を集める日は、ダービー・グランプリデイ以外にも作ってもいい。
2歳の重賞が全くない秋の中山、阪神開催に、それを組み込むのも一手だ。

かつて、開催日の関係で、ダービーとオークスのトライアル競走がまとめて行われていた週がある。
2回東京の最終日にNHKマイルCが配置され、春の天皇賞が4月に行われると、翌週は連休と重なる。
GⅠをやっている週でなければ、今の5回東京・京都の開催初週のように、まとめて重賞を組んだほうが、注目度の観点でもプラス面があるから悪趣味だと揶揄されることもないだろう。

あと、ちょうどこれからの時期は、地方でも最大の盛り上がりをみせる頃合いだ。
古馬のダート短距離重賞を作るなり、今行われているオープン特別で優先出走権の代わりになるような優勝馬、2着馬などへの優遇を図れば、レースの質が向上して、いい馬がぶっつけ本番で、というよくない流れが改善できる可能性がある。

ダートのオープン戦など、正直いくら作っても迷惑する陣営はないわけだから、実質準重賞化させることは、有力馬にも参戦してもらう意味でも優先順位の高い施策だと思う。
地方のGⅡに並び追い越せではなく、賞金加算なりなんなり、メリットのあるレースを中央にも作るべきではないだろうか。

 

コラム

新馬(2015)<10/10~12>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜日は芝マイルの牝馬限定戦を東西で開催。

東は高速道路の事故渋滞を受けた発走時刻繰り下げの影響もあって、全体的に荒れ気味の中、キャットコインの全妹・ワンブレスアウェイがその名の通りの末脚を繰り出して、ゴール前差し切り勝ち。

一方、西は平穏。番手につけたシンハライト(アダムスピークの全妹)が、トゥザヴィクトリーの姪とダノンプラチナの全妹を引き連れてくるという何ともわかりやすい展開に。勝ち馬が一枚抜けていた。

京ダ1400は、パイロをナメんなよキャンペーンに乗じて、オーマイガイが3馬身差快勝。ただ、牝系は単調なので…。

日曜日の中距離戦は、ディープが一歩届かずの競馬。

京都1800も東京2000(稍)も、先手必勝の策が決まった。

西では、アグネス血統の同冠号・スターダムが、断然人気で序盤モタつきながら巻き返して猛追したパーシーズベストを押さえて勝利した。これは2着の馬の自滅も大きい。

東は、2角の位置取りで決まったレース。逃げ切ったクィーンズベストは、ワークフォース牝駒でバラード系の良血馬。

ウムブルフ(2着)は、最後までそれを追いかけるストーカーに終始してしまった。男磨きは怠らぬように、である。

東ダ1600も稍重。そして、パイロの差し切り。サンヘレナの母はジャンポケ×フォーティナイナーということで…。

月曜日は4鞍。

1番人気が勝ったのは、京芝1400ボールライトニング<ダイワメジャー>と東芝1600のラベンダーヴァレイ。

後者に関しては、マウントシャスタの全妹らしい好センスな競馬で危なげなく勝利。前者は馬なり楽勝で、双方距離適性がぴったりだった。

一方、8番人気のノーモアゲームが直線突き抜けた東ダ1300戦と鞍上の好判断でどんどん前に行って押し切った京2000Mのバティスティーニは、中途半端なスローを味方につけた。各1番人気馬は、対照的なレース運びが裏目に出た印象。

ただ、勝ち馬の方が自在性があった。

 

レース回顧