競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

新馬(2016)<2/27・28>

読了までの目安時間:約 3分

 

実質、3月の開催の始まり。引退する調教師のラストファイトが、この時期の恒例となっていること以外では、もう春の大一番に向けた始動の意味合いの強い競馬が盛り沢山だ。
出会いと別れの季節とはよくいうもので、土曜日までは、まだ冬らしい寒空の下で競馬が行われた。

そんな感傷的な空気感を察知したが、午前中からJRAにしては?大盤振る舞いの配当が出て盛り上がりのあった阪神では、その午前最後のレースであったダート1400の新馬戦を、やっと日本のダートを理解して勝ちまくるデムーロ騎手鞍上の3番人気・ダンツペンダントが制した。
芝で軽快な走りを見せたサンデー系の父を持つ馬の上位独占は、その血筋のダート適性を感じさせる結果となった。

この時期のせいなのか、牝馬が上位人気独占の中山2000Mは、牝馬のワンツースリーも、1番人気ミスドバウィが不完全燃焼の5着。
一方、続く人気だったシークザフューチャは迫力ある差し脚で抜け出しで快勝。名前からして人気しそうなツボミも、上々の好位抜け出しでの2着だから、未勝利脱出は早いか。
前者はゼンノロブロイ、後者はスペシャルウィーク。2分4秒の時計通りのスピード能力を示した内容で、どれだけ縮めていけるかが課題だ。

暖かかった日曜日は、阪神で似たような構図の2000M戦が行われ、2番人気のブレッシングテレサがお行儀のいい競馬で断然人気のエイシンティンクルを抑え込んだ。
前者は父マンハッタン替わりのAラクティの妹、後者はエイシンヒカリの全妹と国際派の血縁者。
まあ、逃げる気にさせなかった分、エイシンが負けたという展開なのだが、鞍上の判断は正しかったように感じる。
自分で行こうとしてから逃げさせるのが、この血統の場合はいいと思う。

中山ダ1200は、前に行った3頭の競馬。
ゴール前抜け出したのは、3番人気のヒカリトップメモリ。
ハービンジャーだから、最後にエンジンがかかったのだろうが、勝ちタイムが1分12秒台なので、速い競馬は合うのだろう。
在来牝系の良血馬を負かして、鼻高々である。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

レース回顧

2016年 クラシック③

読了までの目安時間:約 3分

 

まず、牝馬戦線の方から。
クイーンCの前に、出世レースの一つであるエルフィンSが行われ、京都の未勝利戦を勝ったばかりのレッドアヴァンセが人気に応え、楽しみも少しは増えたなと喜ばしく思っていたのだが。

翌週。嵐の前の東京競馬場で、信じられないような光景を我々は目撃するのであった。
「12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.2-11.6-11.9」
???
困ったものである。(笑)
そもそも、東京でも外回りコース敷設後の阪神でも、3F通過から、34.4-46.1-57.8で逃げる先行馬がいるのかという話なのだ。

このラップを、他の陣営が真っ正直に捉えた時点で、ほぼギブアップであろう。
2歳女王・メジャーエンブレム。
皐月賞参戦を願う声は、ファンからだけではないように思う。
ちなみに、先述のラップ。
位置取りはともかく、1:32.4でヴィクトリアマイルを圧勝した5歳時のウオッカと双璧。流し方も同じ。
一体、彼女はどんな馬に育っていくのだろうか。
感心するばかりだ。

きさらぎ賞と共同通信杯は、勝ち馬の本質面の差異を顕在化させた。
馬場差はあったとはいえ、勝ち時計できさらぎ賞の方が0.5秒速かったのに、1600M通過は推定サトノダイヤモンドが先頭に入って独走し始めたポイントで、共同通信杯2着のイモータルは、勝手な互換ではあるが、その0.5秒前を走っていたことになる。
が、ディーマジェスティがその後ぐいぐい伸びて…。

最終ラップは、11.3と12.3秒。
無論、馬場状態の影響は考慮しないといけない。

でも、終いの脚を見る限りでは、その能力差は1秒ではなく、ディーマジェスティのラスト推定12.2秒とサトノダイヤモンドの1600通過1:35.6を足した1:47.8と実際の走破時計の差0.4秒を加えた1.4秒とすべきなのではないだろうか。
各重賞の勝ち馬に、展開上の利点が生じるような勝負の綾が、結果として味方につけられるかどうかの方が、皐月賞攻略の当面の重要事項である。

この感じだと、芝の急進勢力はなかなか推せない。。
今月は、ヒヤシンスS快勝のゴールドドリームを推しておく。相当な器だ。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

コラム

一年して思う・哀悼

読了までの目安時間:約 3分

 

エンターテイナー・後藤浩輝騎手の自死は、空虚感を生み出すブラックホールのようなものを作り出した。

彼の重賞ラストライドとなったダイヤモンドSは、ファンにとっても思い出が多い。
自爆覚悟の大捲りからの押し切り勝ちで、賛否を巻き起こしたユーセイトップランの時は2000年。
錘の代わりに?身に着けたアブトロニックと共に、CMを兼ねた騎手インタビューに応じたのは、その2年後のキングザファクトでの優勝時。

落馬翌日の裏開催で活躍した時、ふとその日のことを思い出して気を紛らわせていたのか。
急に辛くなったのは、パートナーの死をふと思い出し、気を張って我慢していた自分から、一気に力が抜けていってしまい、すると今度は急に恐怖が襲ってきたからなのか…。

誰にも分らないその真実も、日曜の重要競走のメモリアルの中に溶かし入れて、永久保存しようではないか。
キングザファクトの初重賞制覇2週前、泥田の東京競馬場で白い馬が久々の勝利の美酒を味わう。2週後は、今度こその完全復活を裏付ける阪神での圧勝劇。
中山記念にだって、栗毛の愛しき相棒との楽しい記憶が刻まれている。

アドマイヤコジーンとローエングリン。
ラストランでは乗れなかった2頭のファイナルウインのパートナーが、何を隠そう後藤浩輝だ。
そして、その勝利によって、彼の輝かしい戦歴の中で、主戦騎手のイメージを確定させる仕事を成した。

決して易しい馬ではなかった。
負けたレースもまた、彼の糧になった。

プライベートなことなのだろうが、後藤騎手には誰もが憧れ、また羨む素晴らしい家庭があった。
それなのに…。

同時に感じる。
大好きなお馬さんに囲まれた生活に、もしも怖気づいて、結果自ら幕を下ろすことになるとしたら…。
天秤の両皿に、とても大きな幸せの重しが乗っかっていた。
そのちょっと危ういバランスを保つために、砂を噛みながら、補助なしで岩を登るようなリハビリをした末に展開された悲劇。

1年して、思う。
孤立の打開には、周囲の人のデリカシーのない無粋な親切心が必要だということを。
老婆心で闇からの解放が叶った後は、幸せな世界の生活の中で不遇も自己処理できたろうに…。
合掌。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

コラム

新馬(2016)<2/20・21>

読了までの目安時間:約 3分

 

先週と同じく、土曜日から、西から順に馬場が湿っていくといった流れ。
早速、雨の影響を大きく受けた小倉では、芝の2000M戦が重馬場で行われ、やっぱり荒れて…。
でも、やっぱりはもうひとつ。
人気薄ながら、見た目以上に強い勝ち方をしたスノーマンが、母サンレイジャスパーとその父ミスズシャルダンの小倉巧者ぶりを、そのままに受け継いだ印象を残したということ。
父スズカフェニックスで、間違いなく差し馬といったイメージもあって、後方から勝負所で一気に上がっていたあたり、道悪も得意。
20倍の単勝オッズが不思議なくらいである。

京都は稍重のダ1800戦、東京は渋り出した良馬場のダ1600戦。
ともに、2番人気馬が楽勝の競馬となった。
前者は、米2歳王者アンクルモーの産駒・エイシンヒマワリのぶっちぎり圧勝劇。
当地の生産馬らしく、牝馬ながら500kg近い大きな体を活かして、先行押し切り勝ち。

後者はハービンジャー産駒のダノンバウンドが、最後は楽に抜け出し、エンジンの掛かりの良さをみせた。
母系がアメリカの一流種牡馬を代重ねされているのもあるが、少しそれを遡ると、プライヴェートアカウントやアサティスなど、ダートのイメージと直結する種牡馬の名が近親に記されているから、素軽い快速型の多い一族らしい特性がよく表れていた。

日曜日は、土曜日の雨の影響が大きく反映される形。
しかし、GⅠ開催の東京芝1800のひと鞍のみ。
重馬場ではあったが、上がりも勝ち時計も稍重レベル。

というより、コース取りと血統の重要さが意外な大差に繋がったか。
混戦を制したのは、5番人気、小柄なドイツ血統の牝馬・ビッシュ。
好位置から、刻一刻と馬場状態が変化するシチュエーションで、百戦錬磨の横山典弘騎手が最後はインを選択。経済コースを通り、馬場は悪いが、何とか馬の走るリズムがギリギリ壊されないことを確認しながらの抜け出しで、他を圧倒。
ディープ産駒のキレもあったし、何よりタフな馬であることを証明した。
人馬とも納得の勝利。
鞍上のメモリアルに相応しい、泥臭くも美しい圧勝劇だった。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

レース回顧

復帰直前・ドゥラメンテを信ずるべきか

読了までの目安時間:約 3分

 

圧巻のダービー後、名の知れたトラックマンの発した言葉が、今でも妙に耳にこびりついている。
「まだ成長するのか、これで止まってしまうのかがわからない」

また、みんなが思ったことだろうが、
「この馬は一体どこに向かっていくのだろう」
と、期待も不安もひっくりめて、?だらけの二冠達成となったあの日から、間もなく9か月が経とうとしている。

ミルコの好きそうなやっちゃ坊主だし、その恩恵に与った側面も勿論あるのだが、あのインタービュー時のリアクションを見る限り、得体の知れない恐怖感というか、いつ何をするかわからないことに少し疲弊してしまった印象も受けた。

母アドマイヤグルーヴは、200勝が当たり前だった時代の武豊をもってして、素直に言うことを聞いてはくれなかった馬。
キャリア4戦目から始まったクラシックロードは、3-7-2で涙を呑んだ。

母と同じように重賞未勝利の身で、また違って、2敗した上で本番へと挑んだドゥラメンテ。
父キングカメハメハも、中山で負けた後、やたらと強い馬になっていったが、そこは父譲り。

詰まる所、両親のいいところ悪いところ全て、ドゥラメンテという馬は全て単純な足し算で組み合されただけの馬なのだ。
少しの間競馬を見続けている者にとっては、両親のいいとこどりの特性が、手に取るように理解できる。

ただ、怪我をして引退した父と怪我をするほど毎回一生懸命は走らなかったこともあって、健康体のままラストランも勝利した母とは、成長の面で、未知数の部分がある。
ここまでの戦績、経過はまるで父と同じ。
でも、高い競走能力の発揮に負担を与えるような骨折ではなかったし、勿論走り過ぎればまた怪我をするのだろうが、屈腱炎とはまだ縁遠さも感じなくはない。

この後は、おばあさんにあたるエアグルーヴの進んだ道を踏襲すればいい。
祖母は秋に怪我をして、孫は夏前に骨折が発覚した。
復帰に向けたプロセスも、期間だけ見ればほぼ同じ。
彼は強くなって戻ってくる。
でなければ、無機質にレース間隔が記された、空虚で痛々しい馬柱が掲載される平凡な馬に成り下がる。
もう、その2択しかない。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

コラム

仕掛けろ!

読了までの目安時間:約 3分

 

福永祐一騎手、復帰週の成績。
土曜日 【0007】
日曜日 【1103】

同列発車の藤岡兄、四位騎手等には後れを取ったが、最後に帳尻合わせ。
おこぼれ頂戴のクラシック借り物競走参戦には、候補は五指に余るということで、トップジョッキーの欠員もちらほら出てきているから、チャンスは残っている。

意外にもこの男、中央では、エピファネイア、ジャスタウェイでGⅠ2週連続独走ゴールを決めてから、全くビッグタイトルに縁がない。
昨年はベストウォーリアと南部杯を、一昨年はジャスタウェイとドバイで歴史的快走を見せたわけだが、結構残念なシーズンが続いている。

いいところまでいって…、という感じはあっても、いちいち勝った馬が強かったという皮肉。ジャスタウェイとの戦いの最終盤で、エピファネイアやジェンティルドンナといった苦い思い出のある元のパートナーにしてやられたのは痛かった。

世界に向け、再始動する年。
モーリスの年度代表馬選出になぞられるように、日本のエースは、人馬ともに世界を目指して常に戦いの場を広げる義務がある。
騎手稼業を始めて10年もしないうちに、香、米のGⅠを制し、思い出深いジャスタウェイにしても、苦闘の日々を乗り越えて、左回りの広々コースにおいて圧倒的なパフォーマンスを引き出すコツを探り当てた。

本来は国際派。
アメリカで泥にまみれて、自分を見つめ直す時間を作ったのもつい最近の話。

日本の馬は、日本の騎手で。
それも父も母も内国産馬、宿命たる騎手人生の父子継承。
罠はいくつもあったが、正攻法で負け星を積み上げたことで、調子に乗る隙が生じなかった。

メイショウボーラーでフェブラリーSを勝った年、桜花賞もオークスも勝っておきながら、秋は脇役に徹した。
無冠のリアルスティールは早熟ではないだろうし、できる限りのことを尽くして、でも、負けたことの不満を残しながら、次のステージへと進むチャンスがある。
流れは悪くない。

騎手は、40歳からだと思う。
旬もこれから。落ちるスピードも速くなるが、実は、才能との出会いにいち早くコミットする能力を標準装備している強みを、最大限に活かせる円熟期なのだ。
故に、勝負の時期となる。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

コラム

新馬(2016)<2/13・14>

読了までの目安時間:約 3分

 

嵐の前から、風はそれなりに強かった土曜競馬。
小倉はもう渋馬場になっていたが、京都、東京はまだ雨の影響は出ず。

午前中のダート戦群の中に組み込まれた、3歳新馬ふた鞍は、断然人気馬の走りに明暗が分かれた。

東京1400、外国産馬にルメールで、グリグリの頭不動の一戦と思われたラーリオは前に届かず、後ろからも差され3着。
直線見事な反応を見せた9番人気、クロフネ×タキオンのマリナーズシチーの競馬となった。
1800の方が合うと思うが、走るツボを持っていそうな馬だ。

一方、京都1200は、先行しそうな馬がすんなりと自分の位置を確保し、大方の予想通りにそのままゴールしたような展開に。
人気に応えたメイショウバンダイは、メイショウボーラー産駒らしく、小細工なしの逃げ切り勝ち。
兄フミノムーンとは、味わいの違うスプリンターだ。

雨雲は去り、風が吹いた日曜日。
芝の新馬を3場で開催。
東京、小倉は稍重。京都は雨の影響が大きく不良馬場でレースが始まった。

東京のマイル戦には、世代第三の高馬・サトノケンシロウが登場するも、中団から伸びきれず4着。
比較的牝馬の多い組み合わせではあったが、案の定、彼の前には女の子が3頭入った。
逃げ切ったリルティングインクは、その名の通り、牝祖スカーレットインクの末裔によく見る先行型。メジャーエンブレムへの嫉妬を力に変えたい。

京都1800は、前記の通りの馬場状態。
戦慄の小牧スペシャルが炸裂した。
Dメジャー×フローラルマジックという快速血統ながら、母父フォーティナイナーの芝のエース候補・サダムイダテンばりの強靭な決め手を繰り出したビップライブリーは、芝・ダート適性さえ不明な馬だろうから少しややこしい。
正攻法抜け出しで2着のハナズレジェンドは、次戦確勝級。

小倉は1番人気のエイシンピカソが、配合を無視するかのようなスプリント戦参戦のラーダーをいなしつつの横綱相撲で快勝。
父ドロッセルマイヤーのイメージは薄く、女版ロードカナロアという血統構成で要注目の外国産馬だ。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

レース回顧

責任のバトン

読了までの目安時間:約 3分

 

騎手稼業というのは、やはり甘くない商売だ。

浜中俊。

福永祐一。

日本競馬を牽引する二人の騎手が、再び同じステージでライバルとして戦う日は、桜が散った後かもしれない。

紅葉の色づく少し前に被害を受ける側になった福永騎手が、京都記念の有力馬であるタッチングスピーチへの騎乗が決まり、めでたく3か月半ぶり、因縁の京都での復帰と相成った。

「ビッグネームが捕まったので」(石坂調教師)

決して、ブラックジョークではない。

昨年の3歳牝馬路線の統一者・ミッキークイーンの主戦騎手である浜中騎手へのオファーが先約。

お鉢が回ってきた、と表現するのがいいことなのかどうか少し迷う筆者だが、勝ち運を手放した浜中の方が悪い!

さすがにトップジョッキーでも失礼か…。

いや、そこがこの世界の厳しさなのである。

「目先の1勝に拘らず、確固たる技術を身に付けることを最優先にしてほしい」

先輩、キツいっす…。

違う、今や福永騎手のルーティーンになっている白井の競馬学校の卒業式へ列席した際に、恒例の祝辞の中で述べた言葉だ。

まだ彼が、先の事故の怪我でギブスも外れていない時に語った言葉の中で、印象的なものがあった。

「自分が落ちた側で良かった」

馬の怪我は減ったとされるが、競馬をすることで犠牲になる馬が必ず現れる。

馬に守られることもまたある。

人がそれによって救われるのはいいが、自分が傷つけるようなことをしてはならない。

無論、人に対しても。

20年余の騎手生活。

10年目の騎手のちょっとまずかった後悔の騎乗を糧に変えさせる深い言葉だ。

禍を転じて福と為す。

勝負師は常に、そうでなくてはいけない。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

ニュース

雨上がりのとあるレース

読了までの目安時間:約 3分

 

ブチコが正月競馬を盛り上げた影響もあって、ご祝儀込みの断然人気に推されたある土曜日の準オープン競走。

結果は、前週デビュー年から30年連続の重賞制覇の大偉業を達成していた武豊騎手騎乗のキングノヨアケによる逃げ切り勝ち。
ブチコは、見た目には持ち味は出せなかったように映ったが、力の大部分は出したようにも思える3着。11月の北國新聞杯2着時とは3秒も時計を更新していた。

ただ、人気馬はつらい。
断然人気を裏切っても、妙に支持率が堅持されて、ずっとプレッシャーを感じる立場に置かれてれてしまう。
おまけに時計を出した後というのは、人気は落ちないもの。
ダルメシアン柄のこの馬には、競走する姿が似合わない気もしないではない。

「こいつは逃げさせたら面白いやつかもしれない」
秋の中山で、不良馬場ながら、1:50.4で逃げ切り勝ちしているキングノヨアケ。
そこで2着したファドーグは、もう彼と同じ準オープンクラスの馬になっている。

12.2-11.4-11.9-11.9-12.0<59.4>-12.1-12.2-12.2-12.6<1:48.5>
差すのも難しいハイラップ。さすがの騎乗…、いや、それは未遂に終わっていたはずなのだ。
超大型馬・エノラブエナは、珍しくスマートなレース内容で、小牧騎手も最高にうまく乗ったのに、キングノヨアケを差し切って、ゴールする寸前、自ら1位席を譲るが如く、ふっと気を抜くように、言うなれば、差し返してあげさせる格好で2着するのであった。

ああ、シンボリクリスエスのダービーが…。
道中消耗し、生涯唯一の対戦となったユタカ&タニノギムレットに測ったように差し切られてしまった、あのダービー。
小牧太、ダービー未勝利。
チャンスは2度ほどあったが、そのうち一度、ローズキングダムの時は、自ら手綱を譲らなければならなくなった過去がある。

そういえば、ローズキングダムの2着の時って、武さん、骨折でダービーに乗れなかったんだよな。
ギムレットの時はうまくいったんだけどな。

競馬は、名手と名馬が紡ぐ、後から思うと筋書きのあるドラマなのである。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

コラム

新馬2016<2/6・7>

読了までの目安時間:約 3分

 

静かな週末。
ダートの新馬がともに2レースに組まれていた土曜日。

京都1800Mでは、ワンダーの強いダート馬が登場した。
2番人気、スローの逃げから、直線誰よりも速い上がりの脚で後続に5馬身差をつけ圧勝したのは、ブラックタイド産駒のワンダースペリオル。
和田騎手が乗って、この勝負服。
父が父だけに、芝にも適性を感じされるものがあるが、母父アジュディケーティング、そのあとはミルジョージ、セクレタリアト…。キレの要素は全く見当たらないので、このまま素直に砂路線を突き進むだろう。

東京の1400戦では、人気の米国産馬・ベストマッチョがゴール前もぐいぐい伸びて、迫力のレースで初陣を勝利した。
母系には、アメリカのリーディングサイアーが数多く配されたわかりやすい良血馬。
直系だけでなく、ヒムヤー系が意外と多く入っているので、人馬とも長持ちしそうな予感。

晴れた日曜の東京では、ダート、芝の新馬をひと鞍ずつ開催。
ゴール前の逆転という見どころのある競馬になった。
ダ1600戦の方は、スローで先行した人気の2頭の競馬。最後に、逃げた断然人気のダノンフェイスを2番人気のロブロイ産駒・シュナウザーが交わし去った。
まあまあ強い2頭だろう。

芝1800を勝ったのは、藤沢厩舎のちょっと人気で劣った方のディープ産駒・ラヴィエベール。
ほとんど2着馬の勝ちの競馬を逆転した価値は大きい。
ザルカヴァのザミンダーが母父。杉原騎手で、外枠からの大外強襲。3番人気の支持をファンが後悔する日が来るといい。

小雪舞う京都マイル戦は、あわや単勝万馬券という接戦のゴール。
内から最後に捉えきったロードブレイドの根性が上回った。微差2着ダノンハナフブキも血統の割に人気がなさすぎだったが、断然人気のロゼリーナが、1番枠の利を活かせずモタモタしてしまったがために起きた出来事。
シラオキ系のロードブレイドとはいえ、血の差で制したというわけではない。評価が難しい。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

 

レース回顧