競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ゴールドとキング

読了までの目安時間:約 3分

 

2014年。フェブラリーSでとんでもない出来事が起きた。
コパノリッキー、突如開眼。
今年もそれと似たような光景を目撃した。
ゴールドドリーム、一変でGⅠ獲り。

4歳馬でフェブラリーSを制したのは、過去7例あり、うち一回は中山開催のゴールドアリュール。
そして、その仔が4歳で2勝、5歳でも2勝と躍動している。
惜しいことをしたものだ。でも、本当はそれでよかったのか。
死の持つ意味合いは、その時々で変化するものだ。

何度となくフェブラリーSに産駒を送り込んできたキングカメハメハ。
同父のエルコンドルパサーも菊花賞馬とダートチャンピオンを送り込んでいる。
血統構成が似ている両者。三冠牝馬とダートGⅠ10勝馬で応戦した。
アリュールとは2つ違い。
一方は、あっと言わせるダービー5着。もう一方は、衝撃的なダービーレコードウイン。

エルコンドルパサーに唯一劣る弱点は、フェブラリーSを勝てないこと。
2頭のGⅠ馬でワンツーを目論んだ時に壁となったのが、ゴールドアリュール産駒であった。

ともにニジンスキーの血を持つ。
長らく東京マイルのレコードホルダーであったナリタハヤブサもその直系の孫だ。
東京マイルで2度も1分35秒を切って走った馬は、ここ数年ではいないわけでもないが、2勝している馬は彼だけ。
唯一、母母父父にニジンスキーを持つスピード系ダート種牡馬のゴールドアリュールにしか、それは破れないのかもしれない。
エスポワールシチー、ゴールドドリームに共通するのは、最初のハイレベル決着でそれに対応できたこと。

道悪適性では負けていないカメハメハも、唯一しっぺ返しを食らう相手はゴールドアリュールだった。
コパノリッキーとホッコータルマエの対戦において、良馬場では自分のフィールドを守り、道悪ではそれを侵すという構図が繰り返された。
産駒の秋のタイトルがほぼ互角の星勘定であるから、かなりのスピード決着になることがあるフェブラリーSでは、もう適性の差は歴然と言える。
逆転するには、大きな壁でもある完成度の進展が鍵を握ることになるはずだ。

 

コラム

ホワイトマズル逝く

読了までの目安時間:約 2分

 

数々の個性派をターフや砂に送り込んだ名馬が死んだ。
1993年にイタリアダービーを制し、以降も主要競走で好走を繰り返し、翌年の凱旋門賞に武豊騎手とのコンビで参戦し、良くも悪くも鮮烈な印象を残したホワイトマズル。
今年で27歳になったが、寄る年波には抗えなかった。

「昨年から種付けを中止し、今月に入ってからは脚元もおぼつかず、26日に起立不全となりました」とは、最後を看取ったレックススタッドの前田常務取締役。
獣医師とスタッフの懸命の介護もあったようだが、力尽きた。老衰で天寿を全う。
人間も肖りたい、実に見事な大往生である。

名馬たる真価は、種牡馬になってから発揮された。
初期の活躍馬には、キレ者ビハインドザマスク、オークス快勝のスマイルトゥモローなど牝馬が多かったが、そこは超名馬・ダンシングブレーヴの直仔。
イングランディーレがサンデー軍団を天皇賞で一蹴した後は、シャドウゲイト・アサクサキングス・ニホンピロアワーズなど、正攻法で芝のチャンピオン距離を戦う本格化をコンスタントに世に送り込むなど、00年代の競馬を大いに盛り上げた。

極め付きは、逃げてどこまでいけるかをモットーに芝の中距離戦を締めたシルポート。
何度となくGⅠで大逃げを見せ、時に渋とく粘り込み、人気馬を翻弄した。
マイル近辺で強かったこともあって、大きな勲章はないものの、リファール直系の貴重な後継種牡馬として、今後も個性派を出してくれるはずだ。

人の生活を支えるために生まれてきた彼らに、無機質に死んだと表現するのも筋違いのように感じる。
名馬と著名人は、人々に同じような影響を与えてくれる。逝く、でいいと、今回は判断した。

 

ニュース

先輩たちに学ぼう

読了までの目安時間:約 3分

 

ピカピカの騎手1年生諸君には、先輩たちの所作、思考回路について、よく予習をしておくよう伝えておく。

おくが3つで奥さん。これを「早期結婚のすすめ」の隠れサインなどととんちを利かせたところで、肝心の稼ぎが悪かったらそれもできない。
独身のまま調教師に転身するあの人は、その昔超人気女子アナと…。

反面教師の話題はさておき、諸君がこれから生業にしていく競馬には、芝とダートという2大カテゴリーがある。
障害に関しては、学校で習った基本の動かし方を応用する中で、走りのリズムを変えないことが大事ということにはすぐに気づくはずだが、途中に置き物も何にもない平地の競馬の方が、駆け引きが多様な分だけより引き出しも必要となる。

ベテラン騎手になると、最近だと蛯名騎手が、厳しい流れになった中山の芝の中距離重賞で見事な手綱捌きをみせたというケースがあったけれども、自分たちを俯瞰で見ながら肌感覚の流れを補正するというより、無難に立ち回りながら動き出しのタイミング、即ち勝負のポイントを咄嗟に見抜いていた。
そういう騎手ほど、長距離の大舞台で実績がある。
他では武豊、横山典弘騎手などとともに、最近少し元気を取り戻しつつある岩田、内田騎手も、位置取りと動くべきポイントを理解したような大胆な騎乗で、皆をうならせたことがあった。

でも、地方出身の騎手と中央の騎手とでは、基本的なアプローチが全く違う。
最近では、ダート戦で下級条件の馬に乗った時に、芝の重賞を何度も勝っている騎手でも、芝の時とは明らかに違うフォームで追っているシーンをよく見かける。
これは一体どういうことなのか。

小回りコースが基本の地方競馬では、位置取りがほぼ全ての勝負を決するといっても過言ではない。
下げるという手は、馬場の性質上有効ではなく、テンと終いでいかに馬を叱咤できるかが重要になる。
芝の戦い方を知った前記2者も、早くから動かしていったという感じでGⅠを勝つケースが目立つ。
来週はそのことについて話していきたい。
復習材料は春の東京で6月頃行われるGⅠレース。予習は前週のダートをよく見直しておくこと。
ダービーの勝ち方が見えたり見えなかったり…。

 

コラム

2017年 クラシック③

読了までの目安時間:約 3分

 

前開催を経て、3歳クラシック戦線は対決の構図が明確になった。

きさらぎ賞
重馬場でマンハッタンカフェ産駒の好位抜け出し。
牡馬の大型馬で決め手のある馬は少ないから、アメリカズカップが脅威となる要素は、他の有力馬より前に行けるということだけである。
それに手も足も出なかった期待馬たちは…。トライアルで出走権獲得でも、少々成長力に疑問あり。

クイーンC
超高水準の競馬であり、ミスエルテ1強だった11月からの1か月から、暮れのGⅠで評価が一変し、対ソウルスターリングという構図がはっきりと見えている状況で、末脚自慢のアドマイヤミヤビがマイル重賞好走馬を完封した点は、大いに期待させるものがある。
時計も1分33秒台で、昨年ほどの激烈さはない。
いい経験。ここを経て本番を迎えられる賞金上位者は、相当なアドヴァンテージを持って、ライバルと対することができる。

共同通信杯
スワーヴリチャードが、ついにその全能力を一端を示した。
軽く蹴落とした相手は、つい2カ月半前に接戦を演じたディープ産駒である。
スムーズに競馬ができれば…。
ハーツクライ産駒の3歳春。父はそうであったように、ダービー馬・ワンアンドオンリーが3歳2戦は2着-4着だったことからも、怪しさはまだ秘める。
現状は2歳時点での関東馬3強と互角とする方が無難か。
この馬は自在性というより、四位騎手には乗り甲斐のある難しさが、毎回違う戦法をとらせる部分がある。中山は東京での戦いの伏線とすることは間違いない。
勝ちに行くなら、好位付けしかないから、ダービーはかなり下げるかもしれないし…。
ダービー正攻法を目論むなら、ワンアンドオンリーのような結果が望ましい。

エルフィンSを勝って軌道修正に成功したサロニカや、新馬勝ち直後でもしっかりとキレるサトノマックスといったディープ良血軍団。
札幌2歳S7着以来ながら、梅花賞で力を示したインヴィクタはハービンジャーの仔。
東京18002戦2勝のダイワキャグニーは、ミニキタサンブラックタイプ。
競馬が上手で、キンカメだから時計勝負にも対応可。サンデーイン。
最後の構図一転は、彼らにしか成しえないだろう。

 

コラム

ミスだと思いたい

読了までの目安時間:約 2分

 

「ポジションをとれなかったのは僕のミスです」
今季中央初のGⅠレース・フェブラリーSが終わった。
4歳世代の大駒はゴールドドリーム一頭のみ。しかし、他の15頭は彼のポテンシャルの高さにひれ伏す格好で、完敗を喫するのであった。
こんなはずでは…。

冒頭の一言。
言わずもがな、1番人気のカフジテイクに騎乗した津村騎手の敗戦の弁である。
テンが異常に速く、中盤は決して速くなく、終いは力勝負。
前々走の武蔵野Sよりは、トータルの時計は速くならないことは判っていたので、秋以降の上昇力があれば、ここも勝ち切れるのではと思った、ということだろう。

しかし、うまく乗れたとしてもベストウォーリアみたいなことはまま起こるのが、この力勝負の砂GⅠの常識でもある。
自分のせいにしないとやってられない。
GⅠを戦うということの意味を、津村騎手以下、それまで大舞台に縁のなかった陣営は、この一敗で思い知らされたということがその一言に詰め込まれている。

「結果的に後ろから行った方が良かったかも」
ムーア騎手なりのモーニンに対するフォロー。
石坂調教師も、最近の彼はどうも極端に馬込みに入ることを嫌がっていると感じているようだ。

しかし、ペースを敗因に挙げるムーア騎手というのは珍しい。
よく考えてみれば、フェブラリーSのようなハイレベルダート競走に参戦することはほとんどなかった。内面的なところから気配薄であったモーニンを駆ったムーア騎手は、今後もダート重賞で戸惑うことになるのか。
アルバートを自信満々に駆った前日の彼とは、明らかに違った気もする。
モーニンはペースが緩んだら、そこから積極的に動いた方がいいスピード型である。

 

ニュース

新馬2017<2/18・19>

読了までの目安時間:約 3分

 

この開催を終えると、ほぼ春競馬の流れというか、本格的な篩い落としが始まることもあって、新馬戦は消化試合となっていく。
超晩成の菊花賞馬を探すのは、未勝利戦の方が適当であろう。

土曜日はダートが2戦。
東京1400は人気馬同士の叩き合いを、苦しい内から競り勝ったサーヒューストンの根性が光った。
ダイワメジャー産駒ながら、母系にアメリカンの様々な血脈が入っている効果が表れた勝負強さのようなものは、祖父サンデーサイレンスのいいところでもあった。
案外、距離万能の掴みづらい馬になる可能性がある。

京都の1800戦は稍重馬場。
その影響なのかは不明だが、結構な波乱となった。
全く人気のなかったゴールドアリュール産駒のアスターゴールドの末脚が目立ったこの競馬。
アメリカ産のダート巧者も人気になっていたのだが、力を出し切れなかったようにも思う。そういうことだろうが…。
勝ち馬はミレニアムバイオの近親で、コパノリッキーと同じ母父ティンバーカントリー。スイッチが入れば、ポンポン勝てそうな血統背景を持っている。さてさて。

日曜は小倉、東京で芝の中距離戦が組まれ、見どころのある馬が勝ち上がった。
栗東の牝馬が人気に応えた東京1800戦。直線でも楽な手応えで、終始スムーズに運んだダイワメジャー産駒・ウインシャトレーヌの強さが際立ったレースとなった。
ウインクリューガーが近親にいるディープ一族の馬で、他のコースではもしかすると割り引きも必要かもしれないが、ここでは役者が違った。
小倉2000逃げ切り圧勝のステイゴールド産駒・シェアザモーメントも、3角手前で突かれてからのエンジンの掛かりが違った。
テンよし中よし終いよしの内容。恐らく、番手から構えた方がより強いはずだ。

両者とも軽いタイプではないのは明らかで、距離に関しても、今のところは短いところに向きそうな気配はない。
昨年のこの時期はビッシュが新馬を圧勝して、オークスに何とか間に合ったこともある。
焦って使ってもいけないが、少し気になる存在になりそうだ。

 

レース回顧

好機と転機

読了までの目安時間:約 3分

 

アグネスの名馬を数多く手がけた長浜博之調教師が勇退する。
奇しくも、その厩舎のクラシック候補に乗って結果を出せずに、煮え湯を飲まされるような経験を乗り替わり後にした武幸四郎騎手は、なかなか腕の衰えない兄(笑)に代わって、この春調教師に転身する。
同じエリザベス女王杯で、こちらは競馬史に残る自身最大の大仕事を成し遂げた田中博康騎手も引退し、転職を決めた。

今、エリザベス女王杯の話をするのは…。
穴男のイメージのある幸四郎騎手が、桜花賞2番人気、オークス1番人気のリトルアマポーラに主戦として参戦し、残念な結果に終わったことは記憶に新しい。
ソングオブウインドの後、メイショウマンボの前。
縦で見ると必然の流れにも思えるが、ついにトップジョッキーと認められる時代を迎えたかと、その時はみんな思っていた。

が、秋華賞は休み明けながら、全く流れに乗れずの6着で、恐らく、オーナーサイドが調教師に働きかけたのであろう。
生涯一度きりの騎乗で、見事な好位抜け出しをやってのけたルメールを称える声と同時に、一人の騎手がGⅠ勝利のチャンスを逃したという事実が、ただ無機質にレース史に刻まれるのであった。
おまけに兄は落馬している。

これが08年。
翌年。北海道で何だか大逃げするステイヤー牝馬がいて、夏競馬を盛り上げてくれた。
京都大賞典はペースメーカーに徹する格好で惨敗。
必然のエリザベス女王杯参戦も、秋初勝利を目論む3歳のブエナビスタがいた。

クィーンスプマンテは、初勝利時の鞍上田中博康騎手と、5歳秋の京都大賞典で久々にコンビを組む。
同年に突如として目を覚ましたテイエムプリキュアを、その時は突っつくことになって共倒れ。
今度はこっちが前に行って…。
60秒超えの1000M通過から、何故か後続が追い上げをためらい、坂の辺りではジエンド。
リズムよく走った前の2頭が、32.9秒の鬼脚で急追する本命馬に一泡食わせた。

フランスへの武者修行は中位以下の勝ち星の騎手にとって、半ば自殺行為にもなりかねない覚悟の中座が、結果的に、大きな恩恵をもたらす最大事由にもなり得る。
あの日の大金星が、すっかり忘れられるような活躍を期待したい。

 

コラム

芝の瞬発力勝負

読了までの目安時間:約 3分

 

東京、京都の開催に替わって、古馬重賞は極端な上がり勝負が目立つようになってきた。

シルクロードS勝ちのダンスディレクターは33.1秒で後半の3Fを繰り出し、鮮やかに差し切り。
東京新聞杯の場合、マイル重賞としては極端な緩ペースだったとはいえ、上がり3F32.7秒という、昨年のクイーンCの勝ちタイムと真逆の意味での衝撃が画面からも伝わってきた。

この2つが、1:07.8、1:34.9という平凡な勝ちタイム。
東西金杯が2:00.6、1:32.8で、流れが厳しかったアメリカJCCは2:11.9という中身のある力勝負だったから、どうケチをつけようとも、その結果を軽視することはできない。

が、個人記録<個体という方が正確かもしれないが>、即ち上がりのスピードを問われた際に叩き出した時計というのは、見た目にはびっくりするものの、上級条件であるほどその評価は高くなくなる。

ダート重賞で追い込んできたグレンツェント、カフジテイクらが、ダンスディレクターやブラックスピネルに対応するような36秒台、34秒台の決め手を繰り出して勝利したが、それは個性であるから、それと結果がそっくり底力として証明されることになったが、芝の2頭は、必ずしもそうではない。

スタートから5F連続12.0秒以上という考えられない展開から、10.9-10.8-11.0と、強烈な決め手を求められた東京新聞杯の直線の攻防は、スプリント戦におけるテンの先行争いと似た構図であるから、得意不得意は当然の如く結果に反映された。

中団から追い上げた2着のプロディガルサンが32.0秒。
逃げながら追い込んだような脚を使ったブラックスピネルは、これも極限の決め手を使っているから、それを0.7秒上回ったライバルの方が、キャリアの面でもプラスアルファがありそうな雰囲気もある。

しかし、新馬戦ではないから、こういう条件にならないと勝負にならない可能性もないわけではないし、第一、距離を一定程度走ることによって生じる消耗も考慮すると、平均的に脚を使った方が遥かに、馬にとっては優しいはずである。

先週の重賞はトップ騎手のリードで、素晴らしい競馬が展開された。

 

コラム

大波乱連発 月曜小倉

読了までの目安時間:約 2分

 

殿16番人気馬が圧勝して始まった、月曜振り替えとなった土曜開催分の小倉競馬。
以降も波乱が続き、
単勝万馬券2回
馬連 〃 3回
馬単 〃 4回
1番人気【1335】
と、いかにもローカルの代替開催らしい結果になった。

3~6Rは、2番人気から一桁台の単勝オッズの馬が勝って中波乱で収まっていたのだが、7Rが大波乱。
14ー11ー6人気の順で決着して、3着馬の複勝が580円だった以外全てが1000円以上の払い戻し、ワイド2組を含め、複勝式はことごとく10万馬券超えと大盤振る舞い。
8Rのプレイヤードが唯一人気に応えただけで、9R2着、特別3レースは全て3着と、1番人気の受難は、ついに一日中続くこととなってしまった。

多くのファンの興味は、10Rに組まれた3歳500万の特別戦・あすなろ賞に集まった。
あまり降雪の影響は残っておらず、2分フラットの好時計で、2番人気の牝馬・モーヴサファイアがクラシック出走に向け、再挑戦の権利を得た。
モーヴサファイアが実績面でも、人気になった牡馬勢より上だったといえばそれまでだが、ワンダープチュックや1番人気のロードアルバータも、勢いに乗るハーツクライ産駒やレディアルバローザの初仔であることを考えたら、まだA級ではない牝馬に軽く一捻りされたような今回の負け方は、少し辛い。

特別戦は人気馬同士の決着になったが、勢いに乗り損ねた1番人気馬の悲哀が、より増してしまったかような印象も残った。
キラージョーの2勝目は、一体いつになることやら。15年東スポ杯4着馬も、最終レースで3着に終わっている。

 

ニュース

新馬2017<2/11・12>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜小倉が順延も、新馬戦は未開催。
雪の降るタイミングが違った影響で、東京は良馬場、京都は残雪もある重馬場で、それぞれダートの新馬戦が行われた。
どちらも接戦。先に行った者が粘り込む展開に。

東京1600は、人気のクロフネ×クーヴェルチュールという良血配合・ライデンバローズがそれに応え、初陣を勝利した。
4代連続でノーザンダンサー系を配された在来牝系の出身者。ローカルの芝の1800とかは合いそうに思うが、よくわからない。

京都1400ハナ勝ちのサヴィはストリートセンス×アルカセットという珍しい取り合わせのミスプロ同系配合の馬で、決め手比べよりスピード任せの競馬が合うか。

日曜日は無事、3場で競馬が開催され、それぞれで新馬戦が行われた。全て芝。
父ビービーガルダン譲りのレース巧者ぶりを発揮し、小倉1200戦を2番手から危なげなく抜け出したのは、丸田騎手騎乗のビービーバーレスク。
シンコウラブリイを代表馬とするロイコン系の主流を成すラインで、牝馬の方が出世する特性がある。面白い素材だ。

東京と小倉は良。
快晴の東京マイル戦は、人気馬同士の決着。ルメール騎手騎乗、昨日のアドマイヤミヤビのデジャヴを匂わせるように勝ったサトノマックスが、他を一枚上回る内容で、人気に応えた。
ディープ牡駒で堀厩舎。何しろ、里見オーナーの引きの強さを考えると、いきなりのトライアル好走まで考えられなくはない。
アルゼンチンの牝系というのも気になるところだ。

渋残りというより、馬場が荒れすぎて元に戻らないような状況の京都は、1800M戦を開催。
やや過剰に人気を集めたムーア&堀の(外)・ソレイユドパリが、馬場の悪い内から抜け出すも、五分どころより外に出した二頭に交わされ3着。
勝ったのは城戸騎手が乗っていた3番人気のテーオーフォルテ。
稍重でハービンジャー。母グッデーコパは大成できなかったが、無理せず成長を促せば、意外なほど出世するかもしれない。
いい決め手を持っている。

 

レース回顧