血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

大阪杯展望

読了までの目安時間:約 3分

 

さて、何ってたってブラックで鳴らした王者がいなくなり、次世代の権力闘争へと推移した復活組対新興勢力の構図が、いよいよこの大阪杯から始まる。

前哨戦たる京都記念は、道悪とスローペースで、結局、タフな菊花賞を戦った2頭による決着。

良馬場の古馬タイトルに届いた、少し負けただけの2頭は、自分のリズムで走れず、完敗を喫してしまった。

ただ、本命支持のレイデオロは、予定通りにドバイへ向かうようで、こちらに大きな影響を与える変化はなさそうだ。

宝塚記念へのコネクションが、昨年は連続好走という形ではないにせよ、うまく繋がったという印象で成功例を示した結果になった以上、秋への展望も含め、GⅠレースとしてのステータスは、もうすでに確立されているように感じる。

最終目的を据えている馬は、GⅡ時代からこのレースで人気に飲み込まれることはなかった。

直後の天皇賞、そこから宝塚記念なりもっと大きなタイトルを目指したりと、何かに目標を据えるというのは、レースの開催時期に起因する特性からも、一番大事にしないといけないものがある。

有力馬の注意事項をまとめておく。

サトノダイヤモンド

金鯱賞で求められるのは、結果ではなく、末の安定感が戻っているかどうかの確認。

不利があることの多い、多頭数の中京の中距離重賞は、他場との互換性が極端にないので、勝ち切ることに主眼を置くと、チューニングがおかしくなる。

立て直されていれば、3着くらいで十分。

スワーヴリチャード

休み明けでも走れるが、サトノダイヤモンド同様、詰めて使ったことがまだない。

叩かないと、皐月賞以上に中身のないレースになりえるし、有馬もいい内容とは言えない。

あの展開でも、阪神ならもっと惜しかった可能性もあるが、位置はとらないといけない。テーマのある前哨戦かが、好走のカギを握る。

シュヴァルグラン

もう6歳。距離は短いし、休み明けも怪しい。

でも、ここで崩れると直後の天皇賞も怪しい。昨年は勝ち馬がそのまま春天の覇者になった。

阪神は比較的得意…、という理由で使ってくるのだろうけど、難しい存在だ。

 

レース予想

騎手の取り合いになるか

読了までの目安時間:約 3分

 

<古馬王道路線考>

レイデオロが世界に飛び立つと、では、サトノダイヤモンドはどうなるのか?となってくる。

シュヴァルグランやサトノクラウンはしょっちゅう乗り替わりがあるし、ジャパニーズヨーロピアンの2騎手も、今では例外なく、国外戦では当たり前のように乗り替わる。

レイデオロが体調面に不安がなければ、恐らく次走はドバイだろう。

そこでは再びルメールに手が戻るはずだが、果たしてそのあとは…。

<主なお手馬・GⅠ好走馬に限定>

ルメール

レイデオロ

サトノダイヤモンド

ヴィブロス

(ディアドラ)

(ソウルスターリング)

デムーロ

モズカッチャン

サトノクラウン

シュヴァルグラン

(ペルシアンナイト)

(スワーヴリチャード)

これに、サトノクラウンなどに乗っているムーアやヴィブロスに翼を与えたモレイラなどが絡んでくる。

夏以降では、もっと複雑な乗り替わりが生じるはずだ。

日本の騎手ももっとやってくれないと困る。

幸い、3歳有力馬の鞍上は、ほぼ例外なくJRA生え抜きの騎手。

悲願のクラシック、ダービー制覇などに燃える騎手は、今年は特に多い。

古馬路線は、サトノダイヤモンドの休養とキタサンブラックの独壇場と化した状況において、下の世代の再調整や急成長もあって、ちょっと盛り返しつつある印象がある。

まだ層は薄いが、ジャパニーズヨーロピアンも手が足らなくなる日はそう遠くはない時期に訪れる。

日本の騎手に替わったり、地方出身の職人に手綱を託したり、パターンは色々想定される。

現に、フェブラリーSがそういう感じになって、前走で乗り替わりとなっていたGⅠ馬のワンツーだった。

トップジョッキーからの乗り換えというのは、リスクが少ないようで、案外、アプローチの違いが思わぬ敗因に繋がったりすることもある。

緊急措置ながら、レイデオロはまさにそうだった。

だから、ミルコ、クリストフらが乗れなかった馬の走りを気にした方が、妙味はありそう。

モズカッチャンなんかは、まだまだ違う騎手が乗ってきそうで、大舞台向きの底力を秘める。

海外帰り初戦でも心機一転の変更はありそうで、チャンピオンホースの違う化学反応に期待してみるのも面白い。

 

タグ :  

コラム

さよなら、先生

読了までの目安時間:約 3分

 

今年は、去る人多数で新顔はあまり多くはないという年になった。

2月いっぱいで競馬サークルを去ることになった12名の調教師。

濃い面々がこんなにも東西にいたのか、と改めて感じさせた、功労者たちの引き際の言葉を紹介したい。

小島太調教師
あっという間の52年。やるだけやった。

池上昌弘調教師
これからのことは、まだ何も考えられないですね。

尾形充弘調教師
もう少し感傷的になるかと思っていましたが…、競馬サークル全体に感謝です。

二本柳俊一調教師
多大なご支援を賜りまして務め上げることができました。

和田正道調教師
調教師生活最終日を迎えて思うことはただ一つ、感謝の一言です。

岩元市三調教師
騎手として初勝利を挙げた小倉競馬場で引退を迎えられて本当に感慨深いです。

加藤敬二調教師
よいこと、悪いこと、苦しいことなど沢山ありましたが、総じて楽しい調教師生活でした。

佐藤正雄調教師
大過なく最後まで過ごせたことが喜びです。

柴田光陽調教師
最後のレースで結果が出なくて残念でしたが、無事にレースを終えられてホッとしています。

目野哲也調教師
ここまでやってこられて満足していますし、最後は力が抜けました。

インパクト大のラストレースとなったダイアナヘイローを管理する福島信晴調教師は、武豊騎手の「競馬の神様にお願いした」という名コメントにかけて、

「神様より、豊君にお願いした」

と、感涙で有終の美を飾るのだった。

二ノ宮敬宇調教師は、土日の出走馬もなく、表向きは静かな週末となった。

あとは皆、時代錯誤的な定年による勇退。

ある意味、早期引退後も後進の教育に役立てる立場のようなものがあれば、もっと潤滑に世代交代が進むのではと感じた。

 

ニュース

新馬回顧<2/24・25>

読了までの目安時間:約 3分

 

いよいよ、新馬戦があるだけで貴重という最終開催に突入。

今週は芝の2000Mとダート1200M戦が、それぞれ中央場所で開催されたが、もう第3場での施行は予定されていない。

未勝利戦の方が当然のようにレベルが高い状況。

勝っても、負けても…、ではあるのだが、才能に対する正当な評価は与えないといけない。

土曜日は芝は中山、ダートは阪神。良馬場で行われた。

共に人気馬の快勝。力が違った。

中山で勝ったのは、ハーツクライの女馬・ルーモス。

期待もあったのだろうが、中団前目につけての好位抜け出しで、しっかりと競馬を仕込んだベテラン騎手のテーマを与えるレースプランを見て取れた。

自分の意志で前を捉えようという雰囲気もあったし、非常にお行儀のいい競馬。

フルゲートでのレースでこれができるのだから、2勝目はもう眼前にある。

阪神のトラベリングも似たようなところはあるが、ゴールドアリュール産駒でこちらはダート専門という感じ。

兄弟の中では一番出来のいい仔になりそうだが、何となく、血統の印象よりも完成度が早い印象もある。

早い段階で結果を残したい。

日曜はその逆。

阪神芝に関しては、秋の中距離の新馬戦のような血統馬の集ったレースになり、人気のトーセンスターダムの全妹・センテリュオが快勝するも、まだまだどこの馬も完成度で抜けた存在はなく、今すぐにどうという雰囲気はなかった。

勝ったセンテリュオは、やや気難しいところがあるのか、勝負所でかなり追われていたが、小柄な割に鋭さを感じさせる末脚は繰り出せなかった。

ここでは決め手がなくても…。負けてしまってもあまりダメージのない一戦だから、良血馬は追いかけた方が妙味ありだろう。

5着の大型馬・レーガノミクスなどは、平坦の1800で強そう。

中山のダートは、タイセイシュラークがいち早く抜け出し、後続の追撃を凌いだ。

カネヒキリ産駒で上がりもトップという、器用さもあるのはいい点。

東京のマイルくらいまでは守備範囲だろうし、早い段階で接戦を経験しているのはプラス。

 

レース回顧

阪急杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

思われているよりじっくり先行していく流れを今回作れたことと、武豊騎手のペース判断の正しさ。

昨年夏の連勝の内容を買って、前走は楽勝だろうと思っていて、ひどい内容の直線になってしまったシルクロードSとは一転、気分良く先行した時の強さ、今までは一本調子になってしまうことを考慮して番手に控えることを重視していたが、ここ2戦の不甲斐ない競馬を見つめ直し、鞍上の思惑は、人気馬2頭に脚を余らせる競馬での勝機へと繋がり、福島調教師に最後の重賞勝利をプレゼントした。

ダイアナヘイローは思われているよりずっと、神経が図太かったのである。

いささか、前哨戦とはいえ後方すぎるレッドファルクスは、乗り替わりの川田騎手。

モズアスコットはルメール戻りとて、まだ馬込みを捌けるような器用さを要求するほどのキャリアもない。

フランケルだから、悪さをしても何ら不思議はないという、何となくの印象もあっただろう。

先行馬に有利な流れは見えていた。

モズが届くか、レッドファルクスはどこまで前を追い詰められるか。

しかし、逃げ馬がそのままというような単純な組み合わせでもない。

色々勝ちパターンを想定していただろう武豊騎手は、伏兵陣、自分も含めてゆっくり先行する流れにしっかり乗れたから、ならばと、自分がより有利に持ち込める展開を自ら選択したのだった。

直前のすみれSが、実力馬のペースメーカーがいたとて、宝塚記念の良馬場時の時計くらいのタイムが出ていた。

このレースの勝ちタイムは、阪神Cと大して差のない1:20.1。

スプリント戦で1分7秒台の時計を持っている馬には、十分に対応可能な展開。

それもほぼマイペースで、自分で流れを作れさえすれば残れる。

確信をもって逃げた。そんな勝ち気の武豊を見た。

もう最近ではお馴染みのその姿。

痛快な復活劇。お見事である。

 

レース回顧

1 2 3 7