競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

騎手の取り合いになるか

読了までの目安時間:約 3分

 

<古馬王道路線考>

レイデオロが世界に飛び立つと、では、サトノダイヤモンドはどうなるのか?となってくる。

シュヴァルグランやサトノクラウンはしょっちゅう乗り替わりがあるし、ジャパニーズヨーロピアンの2騎手も、今では例外なく、国外戦では当たり前のように乗り替わる。

レイデオロが体調面に不安がなければ、恐らく次走はドバイだろう。

そこでは再びルメールに手が戻るはずだが、果たしてそのあとは…。

<主なお手馬・GⅠ好走馬に限定>

ルメール

レイデオロ

サトノダイヤモンド

ヴィブロス

(ディアドラ)

(ソウルスターリング)

デムーロ

モズカッチャン

サトノクラウン

シュヴァルグラン

(ペルシアンナイト)

(スワーヴリチャード)

これに、サトノクラウンなどに乗っているムーアやヴィブロスに翼を与えたモレイラなどが絡んでくる。

夏以降では、もっと複雑な乗り替わりが生じるはずだ。

日本の騎手ももっとやってくれないと困る。

幸い、3歳有力馬の鞍上は、ほぼ例外なくJRA生え抜きの騎手。

悲願のクラシック、ダービー制覇などに燃える騎手は、今年は特に多い。

古馬路線は、サトノダイヤモンドの休養とキタサンブラックの独壇場と化した状況において、下の世代の再調整や急成長もあって、ちょっと盛り返しつつある印象がある。

まだ層は薄いが、ジャパニーズヨーロピアンも手が足らなくなる日はそう遠くはない時期に訪れる。

日本の騎手に替わったり、地方出身の職人に手綱を託したり、パターンは色々想定される。

現に、フェブラリーSがそういう感じになって、前走で乗り替わりとなっていたGⅠ馬のワンツーだった。

トップジョッキーからの乗り換えというのは、リスクが少ないようで、案外、アプローチの違いが思わぬ敗因に繋がったりすることもある。

緊急措置ながら、レイデオロはまさにそうだった。

だから、ミルコ、クリストフらが乗れなかった馬の走りを気にした方が、妙味はありそう。

モズカッチャンなんかは、まだまだ違う騎手が乗ってきそうで、大舞台向きの底力を秘める。

海外帰り初戦でも心機一転の変更はありそうで、チャンピオンホースの違う化学反応に期待してみるのも面白い。

 

タグ :  

コラム

さよなら、先生

読了までの目安時間:約 3分

 

今年は、去る人多数で新顔はあまり多くはないという年になった。

2月いっぱいで競馬サークルを去ることになった12名の調教師。

濃い面々がこんなにも東西にいたのか、と改めて感じさせた、功労者たちの引き際の言葉を紹介したい。

小島太調教師
あっという間の52年。やるだけやった。

池上昌弘調教師
これからのことは、まだ何も考えられないですね。

尾形充弘調教師
もう少し感傷的になるかと思っていましたが…、競馬サークル全体に感謝です。

二本柳俊一調教師
多大なご支援を賜りまして務め上げることができました。

和田正道調教師
調教師生活最終日を迎えて思うことはただ一つ、感謝の一言です。

岩元市三調教師
騎手として初勝利を挙げた小倉競馬場で引退を迎えられて本当に感慨深いです。

加藤敬二調教師
よいこと、悪いこと、苦しいことなど沢山ありましたが、総じて楽しい調教師生活でした。

佐藤正雄調教師
大過なく最後まで過ごせたことが喜びです。

柴田光陽調教師
最後のレースで結果が出なくて残念でしたが、無事にレースを終えられてホッとしています。

目野哲也調教師
ここまでやってこられて満足していますし、最後は力が抜けました。

インパクト大のラストレースとなったダイアナヘイローを管理する福島信晴調教師は、武豊騎手の「競馬の神様にお願いした」という名コメントにかけて、

「神様より、豊君にお願いした」

と、感涙で有終の美を飾るのだった。

二ノ宮敬宇調教師は、土日の出走馬もなく、表向きは静かな週末となった。

あとは皆、時代錯誤的な定年による勇退。

ある意味、早期引退後も後進の教育に役立てる立場のようなものがあれば、もっと潤滑に世代交代が進むのではと感じた。

 

ニュース

新最強世代列伝 2004年<新血統馬世代>

読了までの目安時間:約 3分

 

クラシックホース

ダンスインザムード

ダイワエルシエーロ

ダイワメジャー

キングカメハメハ

デルタブルース

(ヤマニンシュクル)

(コスモサンビーム)

フ1 高0 大ー 春1 V1 安1 宝1 ス0 秋2 エ1 マ3 J0 チ0 有1

ハーツクライ

スイープトウショウ

中距離路線の中心的存在になった宝塚記念の1、2着馬。

コスモバルク

国際派が当たり前になり、ボーダレス化を具現化した名馬世代。

一つ下のディープ世代はゼロではないが、シーザリオのアメリカ芝での快挙を除くと、名馬が多かった割に、目立った記録はないのとは雲泥の差。

おまけに、地方所属の芝馬まで海外GⅠを勝っている。多角化が進んだのも、長く活躍できる馬が多かったからこそ。

クラシックホース輩出の種牡馬は、

ダイワメジャー 桜

キングカメハメハ 桜・皐・ダ2

ハーツクライ オ・ダ

クラシックホースのみでは難しいから1つ欠けは仕方ないが、ディープの次に挙がる種牡馬が多数。

ダートは目立たなかった世代ながら、キングカメハメハは10個の栄冠を勝ち取ったホッコータルマエと三冠牝馬のアパパネに、短距離制覇者のロードカナロアという真打ちがダメを押した。

まだサンデーが元気だった時代で、その直仔は当然活躍していたが、皆、伏兵か非王道路線の覇者ばかり。

本当の意味でのサンデーのエースは、ハーツクライというよりは、紆余曲折を経て5歳時に再び自分を取り戻したダンスインザムードだろうか。

ダンス一族最後の大物。

この辺りから、牝系の重要度や兄弟の活躍度合いが結果に影響するようになってきた。

新旧の名血が、いろいろな路線で活躍。だから、サンデーである、というブランドはこの辺りで完全に都落ちの状態に陥るのだった。

ディープ世代のサンデー爆発の翌年、GⅠ馬は2頭のみになり、孫の世代が活躍するようになった。

そのステータスを、この世代の名馬が守っている。

クラシックホースが出ているという意味が、ようやく変質した時代の分かれ目でもあるわけだ。

8歳秋に春が訪れたカンパニーの一族も、今や3歳から活躍するクラシック血統になりつつある。

 

タグ :  

コラム

2018年 クラシック③

読了までの目安時間:約 3分

 

もう2月。展望を中心に、重賞等を回顧していく。

きさらぎ賞

軽い馬場ではなく、ディープ産駒には苦しいのではという見立てはあったが、それらの敗因は全て自滅。

一方、逃げて自分の持ち味を出し切ったサトノフェイバーは、年明けから京都で連勝という景気のいいスタート。

しかし、例年のレースレベルにないきさらぎ賞は、本番に関連性がなくなってしまうことも多いから、むしろ、ディープ勢の巻き返しに期待するしかないか。

共同通信杯

バイアスというより、馬場悪化するほどの雨が降らなかったことで、スローの内側有利の展開に。

上がり勝負にも一定対応していたオウケンムーンが、好位抜け出しで後続を完封。賞金面で不安も、ディープ産駒の1戦1勝馬・サトノソルタスの末脚も、今後の成長如何では期待が持てる。

あとは賞金が足りないと出番なしだが、少しずつ、価値ある結果とそうでないものとの清算が始まった印象。

十分に本番の基準を成せる才能は存在していた。

クイーンC

前日の共同通信杯と、馬場傾向そのものは同じでも、逃げ馬であり勝者のテトラドラクマの作った流れは、34.6-46.0-57.8→1:33.7というハイレベルなもの。

負けた2頭がGⅠ馬になった昨年は、46.8-46.4のバランスラップであり、勝ち馬はオークスで好走したことを考慮すると、桜花賞に直結する結果だったように思う。

ここで急に、関東から大物候補続出である。

クロッカスS 稍 リョーノテソーロ

初芝ながら、特殊な馬場状態に加え、ストームキャットの入った馬の上位独占。イン突きは砂の経験があるから可能だったか。

エルフィンS レッドサクヤ

道悪経験もあった勝ち馬が、好カードを直線勝負でモノにした一戦。エイジアンウインズの下で、底力のある母系は本番でも驚異。

特注の条件戦勝ち馬は、

ゆりかもめ賞 稍 ブラストワンピース

直線の伸びが他とは違った。大型のハービンジャー産駒と考えなければ、クラシック候補である。

あまりキレないタイプの台頭は、大いに歓迎である。

何せ、本番で人気になるのはディープ産駒ばかりなのだから。

 

コラム

新馬2018 <2/17・18>

読了までの目安時間:約 3分

 

今週は土曜にダート戦2鞍、日曜は芝が2鞍という組み合わせ。

土曜日は完全に湿り気が飛びきらなかった京都、小倉のダートを除き、いい状態の馬場に戻った。

東西でダートの新馬戦が行われ、東京1400では、叩き合いを好調の田辺騎手騎乗のアラスカノオーロラが制した。

京都1800は、人気のチュウワウィザードが直線半ばで突き抜ける圧勝。

この両者は、前者が祖母シングライクトークのロイヤルレジナ系、後者も4代母ダイナフェアリーという良血で、こちらはファンシミンのライン。

社台系の出番という時期ではもはやないのだが、同時に、遅ればせながらデビューに漕ぎ着けた血統馬ということで、父キンシャサノキセキ、キングカメハメハに加えて、母父も古馬になってから一皮むけた日本馬であり、クラシックシーズンに出番がないことが、むしろ歓迎である可能性もある。

古馬になってからの活躍が楽しみだ。

一転、日曜の芝2戦は、何とも気になる存在が勝ち上がり、不気味な気配を漂わせた。

東京1800でゴール前、鋭く前を捉えたライラックカラーは、ルーラーシップ×ルルパンブルーの良血馬で、いくらか小休止の藤沢厩舎の所属馬。

大きく出なければ、母こそ気性の問題で短距離を好んで走ったが、母父はジャングルポケット。

トニービンの危険なレベルのクロスはかかっているのものの、この時期にデビューして、本番であっと言わせる本格派のそれと、どことなく共通した魅力を秘める。

小倉1800戦は、スローとはいえ、しっかりとゴール前でもうひと伸びして逃げ切ったダンサールが強かった。

コース形態上、人気馬が準備万端で追い上げたからといって、馬場悪化前の平坦馬場、簡単に届くとは限らないが、ハーツクライ牝馬で504kgの体躯を誇るパワー型。

木幡巧也騎手がまだ1kgもらいで有利だったとはいえ、意外性を秘めた持続力は興味をそそられるものがあった。

人気馬が体を作り切れない中で、ちょっとした粗相があったところからといって、結果が変わった印象も受けない。

この日曜勝ち上がりの2頭は、不思議と惹かれるものがあった。

 

タグ : 

レース回顧

グランシルク骨折、競走能力喪失

読了までの目安時間:約 2分

 

昨年の京成杯オータムHを好時計で圧勝したグランシルクが、中山記念に向けた調教の際、左第1指骨骨折を発症し、競走能力喪失の診断が下り、引退することが明らかになった。所属するシルクホースクラブの発表。

重賞1勝馬ながら、3歳時はNHKマイルCで1番人気に推されたほどの好素材。

惜敗街道に終止符を打ったのも束の間、走る馬だからこその故障による引退は、実に残念だ。

通算成績は24戦5勝。美浦・戸田厩舎、牡6。

キタサンブラックと同期で、ミッキークイーンやルージュバックは、レースを使えない時期こそあったものの、無事、繁殖馬としての役目を果たすべく、ついこの間引退したばかり。

勝てない時期が長く、オープン特別でも取りこぼすことが多かったグランシルクは、昨年の夏頃から、ちょっとずつ自慢の末脚に安定感のようなものが出てきて、先述の重賞制覇に繋がった面があり、6歳馬ながら、ノンコノユメやテイエムジンソクも活躍する中で、彼も芝路線でまだまだ今後が期待されていた馬だった。

もう3年ほど前の話になるが、関東馬はショウナンアデラ、ダノンプラチナ、ルージュバック、ドゥラメンテの他にも、後に中距離王になるサトノクラウンや弥生賞でその2着になるブライトエンブレムなどなど、相当なレベルの陣容を誇っていたのだが、いざクラシックシーズンになると、ドゥラメンテ以外全て、例年通りに関西のトップホースが力を見せていた。

フェブラリーSはグルメフロンティア以来となる関東馬の優勝で終わったが、菊花賞は01年以来、連対もままならない状況。

真のレベル均衡化は、まだ道半ばである。

 

ニュース

生き返った男たち

読了までの目安時間:約 3分

 

戸崎圭太

勝ち星は特段減ってはいなかったが、存在感がどんどん薄くなっている印象があった。

ある意味関東の騎手らしく、また地方出身騎手が辿ってきた道をそのまま地で行っている、といった感じだろうか。

それもそのはず。昨年の6月からずっと中央の重賞に縁はなし。その上、GⅡ以上では一昨年のルージュバックで制した毎日王冠以来、大分のご無沙汰。

だから、年初からのGⅢ3勝なんて一時的な蘇生に過ぎないわけだ。

一気に勝っただけのことであり、ここは関心を持つ程度に止めたい。

ダンビュライト

何がかって、勝てなかった馬が1年ぶりに勝てただけではなく、重賞タイトルまでゲットしたのだから、ちゃんと褒めないといけない。

とりあえず、出たいレース、目標の設定が判然としたことにその価値を見出せる立場になったことが、これまでとは違う。

大阪杯が当面の目標らしいが、何となく、春季の営業はここまでという印象もしないではない。

兄弟みたいなもののクリソライトは、復活は叶うもまだパッとせず。

ルメール【0121】

武豊【0013】

松若×デムーロで【3100】

感性で走るタイプなのかもしれない。手頃な格のレースで、確実に勝機をものにしたいところだ。

藤原英昭

先月行われた日経新春杯をパフォーマプロミスで制した藤原調教師。

1年半ぶりの重賞勝利だった。ガリバルディが大外一気を決めた16年の中京記念以来のこと。

その年、春先だけで4勝していたのに、その後の展開は、ちょっと頂けない部分があったことも否めない。

ストレイトガールの引退から、一気に萎えしまった厩舎の勢い。

どこか、いつまで経っても殻を剥けないでいる長老・ステファノスとリンクしているところもあるが、この馬の場合はずっと。

その点では、主戦たる戸崎騎手も同じか。

早く普通を取り戻してもらいたい。

大一番で勝ち切れなかった面々が、ちょっとずつ力を蓄えてきた。

春には一気に花開く可能性もある。

雌伏の時間が長ければ長いほど、その花は大きくなる。

 

コラム

混沌の季節再び?<短距離路線の暗雲>

読了までの目安時間:約 3分

 

レッドファルクスが今年も信用できるかどうか。

同時に、阪神C快勝のイスラボニータに続いたのが年長者のダンスディレクターという懸念。

明けて京都金杯が6歳-6歳-人気の4歳という決着。

超高齢化社会の縮図が、より濃厚になった年末年始の注目重賞。

3つのポイント。

・高齢馬でも活躍できる舞台設定

・一時期よりも、路線別というきっちりとした棲み分けがなされた状況にはない

・どういう結果であれ、人気になっているのは若い馬

若い馬で人気になってきたエアスピネルも、もう5歳シーズンに突入である。

今後の身の振り方は、中山記念できっちりとした中身のある競馬を見せることにより、だいたいの方向性も見えてきそうだ。

サトノアラジンやイスラボニータがいなくなって、中長距離では信頼できる6歳世代は例によって、短距離路線は駒が手薄。

言ってもハナ差、ペルシアンナイトが本物であったとして、コンスタントに走ってくれる感じはしない。

ハービンジャーに振り回されてきたファンたちは、簡単には彼の能力を信用しないだろう。

結局、ベテランにどれだけ挑んでいけるか、挑み続けられるかの勝負になってくる。

レッドファルクスだって、もう安泰という年齢でもないし、そもそも上がり目があるという時期は過ぎた。

使い詰めはよりしづらくなり、それでも叩かないことには、動きは少しずつズブさを増していくはずで、これも浮き沈みは激しくなる可能性がある。

1400カテゴリーの強者を探せ!ということが、当面のファンの目標設定になってくる。

モズアスコットやすでにステークスウイナーとして注目されることになるサングレーザーなど、まず自分のスタンスを確固たるものにていける馬から、ちょっとずつ信用すべし。

3歳春に活躍した快速型のマイラー・レーヌミノル、アエロリットなども、本来は底力のあるスピード優先の馬で、古馬相手にもそれなりの結果を出している。

それらにソウルスターリングや年明け快勝のリスグラシューらも加わってくるだろう。

あとはマカヒキなんかが、安田記念に参戦してくれば面白い。

ファインニードルは上手さを捨てると強くなりそう。

 

コラム

今年も雪に泣かされる・1回小倉競馬

読了までの目安時間:約 2分

 

昨年は初日の競馬、今年は変則月曜開催の2日目が雪にやられてしまった。

今週から始まった小倉競馬は、土曜日こそ、何とか雨の中全レースを消化できたが、今週の京都競馬が終了した日曜夕刻には、すでに翌12日の小倉開催はレッドシグナルが灯っていた。

起きてみて、やっぱりの銀世界。

ほぼ毎年、中央競馬だけではなく、地方競馬も雪による順延や中止が頻発している状態だ。

色々と対策を練る必要はありそうだ。

火曜日。前々日の時点で確定していた馬番そのままに、月曜日からせっせと除雪作業をした甲斐もあり、1時間遅れのスタートから全て後ろ倒しの発走時刻で、何とか12R全て、滞りなく無事行われた。

ただ、GⅠウイークに食い込むようにして、バタバタの4日間開催となってしまった。

この時期、雪による被害が甚大なものになっている状況を考えたら、明らかにヒューマンエラーの側面があったことを、主催者側には真摯に捉えてもらいたい。

ファンが得をする番組には今年もならなかった。

尚、その代替開催が行われている最中、美浦所属の名伯楽・二ノ宮敬宇調教師が定年を前に、65歳の節目を機に勇退することが、JRAから発表された。

凱旋門賞の頂に2度も際どく迫った名馬を育て上げ、ディーマジェスティ、蛯名騎手らと挑んだ一昨年のクラシック戦線での活躍も記憶に新しい。

「外から競馬を見ようと思い…」

人生80年。二ノ宮師の決断を支持したい。

頂点を極めることができなかった。その心残りを、馬に託すべきではないと判断したように思う。

 

ニュース

新馬2018 <2/10~13>

読了までの目安時間:約 3分

 

徐々に、焦点は未勝利戦の内容に注目されるようになってきた3歳最下級条件の未勝利クラスの争い。

おまけに、雨だ雪だで気もそぞろに。

5レースを4日かけて行うと、間延びした感じがしてちょっと面白くない。

日曜 京都

1800(重)

人気勢の血統が道悪に適さない印象こそなかったが、混戦模様。

小雪も舞う厳しい状況をものともせず、6番人気のビービーデフィはすんなり直線で馬場の悪くないところから抜け出し、位置取り争いでの巻き返しを坂の下りで図ったデムーロ騎手のアンドレアスが外から伸びてきたゴール前で、もう一粘りして快勝。

オルフェーヴル×キングカメハメハでタイキシャトルの血筋。勝利の条件は整いすぎていた、ということだろう。

月曜 東京

1600

ムスカテールの下、ルーラーシップ産駒のグロンディオーズが、全く危なげのない走りで快勝。

ムーア騎手の叱咤にもちゃんと応え、いずれ、その配合の印象通りに中距離のタフな競馬で活躍しそう。

上がりもやけに掛かっていた。明らかに短い。

火曜 小倉

1200(稍)

ロードカナロア牝駒に明暗が分かれた一戦。

位置取り争い加われず、内々追走で脚を余した人気のブライトパスに対し、流れに乗って好位から押し切ったエイシンデネブ。

勝ち馬は勇退を決めた二ノ宮厩舎育ちの名馬・エルコンドルパサーのように、サング-スペシャルの血を3本持つ、底力型の配合。

万が一のことがあっても、母としても期待が持てる。

ダート

土曜 京都

1400(稍)

雨の中、ロンドンタウンの半妹・ロンリーハートが押し切り快勝。

サウスヴィグラス産駒のワンツー。時計平凡で、完成度を競ったレースにはならなかった印象。

日曜 東京

1600

週中までの予想は外れ、むしろ、先週までの重馬場が回復して行われた日曜競馬。

4角まで人気を分けた牡牝はほぼ同じ位置にいたが、直線は2番人気のトーセンホマレボシ牡駒・ヴェスティードの独壇場となった。

古馬になったら、意外と芝の方が合うような気がする配合だ。

 

タグ :    

レース回顧