競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

人気と実力の狭間で

読了までの目安時間:約 3分

 

GⅠ

芝の1番人気馬が、

高松宮記念 ⑧レッドファルクス 2.3倍

大阪杯 ①スワーヴリチャード 3.5倍

桜花賞 ②ラッキーライラック 1.8倍

皐月賞 ⑦ワグネリアン 3.5倍

という結果は、何とも悩ましい面がある。

大阪杯は2年連続で1番人気馬が勝利するも、GⅠ好走歴のある単勝15倍以上の馬が相手に絡んでくるから、これも案外厄介。

納得できるような時計の勝負にならないと、人気馬が走る保証はないようだ。

天皇賞が荒れそうで荒れなかったのも、逆の意味で捉えることもできるし…。

GⅡ

スプリングSの週から、青葉賞に至るまで合計8レース行われ、

1番人気【2141】<日経賞 ⑨キセキ>

2、3番人気【1106】 <NZT ①カツジ>/【2105】<①レインボーライン、ガンコ>

穴馬券が多量に出現したわけではない。

阪神牝馬S ①ミスパンテール<4人/8.4倍>

マイラーズC ①サングレーザー<4人/6.8倍>

青葉賞 ①ゴーフォザサミット<6人/14.6倍>

騎手も実績も、非上位人気馬が見劣っていたわけではないから、荒れるならヒモということだったようだ。

その他前開催でのオープン戦における主な波乱のレースは、

ダービー卿 ヒーズインラブ④-キャンベルジュニア⑥

忘れな草 オールフォーラブ①-リュヌドール⑩-ゴージャスランチ⑦

京葉S ダノングッド⑨-ベストマッチョ①

福島民報杯 マイネルサージュ⑤-マイスタイル①-ストーンウェア⑩

などで、基本的にハイペースからの差し脚勝負での波乱。普通といえば、そういうことになる。

敢えて、ここではアンタレスSに触れておきたい。

①グレイトパール①

②ミツバ③

③クインズサターン⑤

休み明けのグレイトパールが、じんわりと仕掛けていって、力勝負でミツバ以下を封じたレース。

不良馬場ながら前半も60秒そこそこで流れ、37秒台前半の脚を上位勢がみんな使う厳しい展開。

つまり、実力通りの決着であり、実績の足らなかったクインズサターンも、ハマった印象の3着ではなかった。

時計勝負不適のナムラアラシが8着だった以外はほぼ力通り。翌週レコード決着となったGⅡ2戦並みに注目の一戦となった。

 

コラム

日本勢完敗<香港GⅠ結果>

読了までの目安時間:約 2分

 

今年も恒例の春の総決算的GⅠ、香港・沙田競馬場で行われたクイーンエリザベス2世Cとチェアマンズスプリントプライズは、日本馬計3頭を含む、香港勢中心のメンバー構成となり、地元勢が圧倒する結果に終わった。

2000Mのクイーンエリザベス2世Cは、直前のビュイック乗り替わりもありながら、好位につけてインからアッという間に抜け出した昨年の2着馬・パキスタンスターが圧勝。

勝ち馬が強すぎたとはいえ、日本勢の皐月賞馬であるアルアインは5着、いつもの形に持ち込めなかったとはいえ、人気の中心になったタイムワープが殿負けで、その前で入線したのが7着のダンビュライトという結果だったから、春の天皇賞とは大分違って、難しい組み合わせの馬券が発生することになった。

また、1200M戦のチェアマンズスプリントプライズも、好位から抜け出したパートン騎手のアイヴィクトリーが押し切り勝ちし、少し窮屈なところから伸びてきたファインニードルは、少し話された4着に終わっている。

パートン騎手は、直前のチャンピオンズマイルもビューティジェネレーションで逃げ切り勝ちを収めており、トップジョッキーが大一番を盛り上げた。

実は、これら香港の強豪のうち、近年、国際GⅠであることがすっかり忘れられてしまった宝塚記念に、香港では珍しい中長距離王者であるワーザーが参戦予定との情報もあり、朝鮮半島情勢以外でも、極東アジアの趨勢から、目が離せない状況となってきた。

やや線が細いところもある日本の挑戦者では、確かな武器がないと、海外戦では厳しい戦いを強いられることが、今回も露呈した点を皆で享受することが大切に思う。

 

ニュース

ユタカ、騎乗停止余波

読了までの目安時間:約 2分

 

問題の事象が発生したのは、日曜京都の芝1200M戦。

8レース、古馬500万下条件でのことであった。

平均よりやや緩めの展開から、最内枠スタートのサイモンゼーレがやや行きたがるところを、スムーズに外に出せればよかったのだが、流れもあって、武豊騎手も前と左方の各馬の動きを見ながら進出しようとする中、アドマイヤジャズとの間に挟まれてしまった鞍上加藤祥太騎手のシアンの進路を塞いでしまい、その際に、かなり加藤騎手が手綱を引いたことにより、直後にいた和田騎手騎乗のプレシャスロードが煽りを受け、結果的に一番大きな不利を受け、レースにならず…、というのが、このレースの概要。

7位入線のサイモンゼーレ号は降着にこそならなかったが、鞍上の判断、御法に関し、アンフェアな騎乗をしたとして、武豊騎手には4月28日からの9日間、中央開催分では実効4日間の騎乗停止処分が下された。

これにより、春の天皇賞で人気になることが予想されたクリンチャー、NHKマイルCで初コンビを組む予定だったケイアイノーテックら、GⅠでの参戦予定だった各馬への騎乗は不可能となり、ケイアイノーテックには藤岡佑介騎手が騎乗することが決まったようだ。

平成初期の4連覇以来の春天3連覇も懸かっていただけに、記録の面でも大変残念な騎乗停止となった。

まだ1kgもらいの加藤騎手とすれば、まさか天下の武豊があんな乗り方をするとは…、というところだろう。

春天の有力馬陣営の差し金では、という意見に乗るつもりはないが、主催者の裁定に関しては、少々厳しすぎる気もしないではない。

 

ニュース

1200GⅠの解剖

読了までの目安時間:約 3分

 

血統分析

ファインニードル

アドマイヤムーン

ハクサンムーン

アドマイヤムーンは女傑・ヒシアマゾンの一族であり、ニアークティックのクロスを持つ。

その産駒である2頭は、質の高い牝系の出身で、かつノーザンダンサーのクロスやニアークティックの継続クロスとナスルーラ直系の血を母父に持つ。

先輩は母がナス系同系配合、後輩はネイティヴダンサー直系のシャーペンアップのクロスを持ち、パワーの補給源を確保している。

サンデーの存在感の差の分だけ、適性に違いが表れているようだ。

 
勝ち時計の差異

中山だと遅くても8秒まで。

中京は道悪も合わせると8.5秒くらいが普通。

最近はミスプロ系ばかり勝っているが、平均タイムが1秒違っても、その近辺で決着するとミスプロの人気馬、そうでないと別の系統が勝つ流れ。

ロードカナロアは両方でレコード勝ちだから、同じような結果を出せた意味を、香港での快走で示している。

それにより、基準が明確になったと言える。

 
連続性

・レッドファルクス

ミスプロ系×サンデー牝駒の最強配合。伯母スティンガーも似た性質。

左回りが合うし、右回りだと一芸で勝負できる舞台が合う。

・宮記念連覇は難関

キンシャサノキセキが旧中京と変則阪神で連覇達成。

5歳時2着の際の1:07.1を超えることなく、タフな条件の高松宮記念を連覇。

が、歴史に違いがあるようで、今では7年ほどしか歴史に違いのないGⅠ戦として春秋チャンピオン戦の差は、4歳馬に厳しい高松宮では7、8歳時に制したキンシャサしか2勝以上の馬がいない。

リピーター色が薄いわけではないが、3月という時期が、その遠因になっている可能性がある。

 
ガチンコスピードマッチにしたいなら、新潟とか中央場所だと京都が合っているだろうが、他国の時計水準を考慮したら、その価値も含め、中京<特に改装後>だとか秋の中山はベストに近い条件。

何度も来ている種牡馬や実力馬、または時計の条件に左右されるか否かなど、意外なほど、事前に知れているものが結果に反映されるケースがほとんど。

不良だと逃げ切りオンリーの近年の傾向を踏まえれば、まず馬柱をよく見ろ!ということを勧めたい。

 

コラム

新最強世代列伝 2015年<天才とそのライバルの生き様>

読了までの目安時間:約 3分

 

クラシックホース

レッツゴードンキ

ミッキークイーン

ドゥラメンテ

キタサンブラック

(ショウナンアデラ>

(ダノンプラチナ>

(クラリティスカイ>

フ1 高0 大1 春2 V0 安0 宝1 ス0 秋1 エ1 マ0 J2 チ0 有1

サトノクラウン

シュヴァルグラン

ドゥラメンテ

(ルージュバック)重賞4勝

構図は'12世代とよく似ている

ただ、チャンピオンとしての在り方がまるで違う。

オークスで、

レッツゴードンキ、ミッキークイーン、クイーンズリングらと

ルージュバックが対決し、ミッキークイーンが制した。

しかし、古馬になってからは2着ルージュバックより下の着順に入った馬が活躍。ミッキークイーンはレッツゴードンキより歯痒いレースを続けていった。

対するルージュバック。春二冠1番人気は重圧だったが、以降もゴーイングマイウェイで、時たま牡馬の準エース級を倒しては、周囲を驚かせていた。

天才馬らしく、新馬を負けても重賞1戦目を負けても二冠馬になってしまったドゥラメンテ。

大暴れの皐月賞と終始お行儀のいい競馬でレコード走のダービーとのコントラストは、至極上質なライバルの翻弄され具合で、よりその素養が浮き彫りとなった。

皐月賞

②リアルスティール<16ドバイターフ①>

③キタサンブラック<GⅠ7勝>

⑤クラリティスカイ<NHKマイルC①>

⑥サトノクラウン<16香港ヴァーズ等>

内容的にはダービーの方がワンサイドだったから、そこで着順を上げた組はその後ボロボロ…。

キングカメハメハ×サンデーサイレンス×トニービンという配合。

飛び切りの血統馬たるドゥラメンテは、ある意味異質な存在である。

生まれた年が悪かった馬は、ディープやルドルフの同期と同じくらい存在した。

敵失は一切ない世代。

自分が強いから輝いたという流れは、バランスのいい勝ち鞍とシュヴァルグランのようにドゥラメンテより先にオープン好走実績がありながら、ずっと後になって活躍するという結果でも、読み解くことが可能。

天才は天才らしく早々に幕を引き、いつまで経っても強くなり続けたキタサンブラックも高い評価を受けたこの世代は、新最強世代と呼ぶに相応しい才能の宝庫である。

 

コラム

ウィンクスは止まらない

読了までの目安時間:約 2分

 

先日14日、豪の女傑・ウィンクス(牝6)が25連勝を達成し、平地GⅠ最多勝記録を18にまで伸ばしたのと同時に、先達たる短距離女王・ブラックキャビアが記録した連勝記録に並んだと、ほぼ時差のない南方の島国から、実にめでたいニュースが伝わってきた。

日本ではダートGⅠを10勝した馬は登場したものの、7勝の壁を突破できないシンボリルドルフ以降の芝の名馬の激闘史を振り返ると、いつもどこでもアーモンドアイ状態のこの名牝が、いかに抜けた存在であるかが理解できる。

テイエムオペラオーを評価できない人には理解できない面も孕むこの手の連勝馬なのだが、オセアニア独特の「なぜこんなレースを」というようなプレップも含めて、きっちりの25連勝。

おまけに6.5~10Fにかけて幅広い距離に対応していっての記録であるから、ある意味で日本の王道路線を進んだ馬のようで、幸か不幸か、全て斤量57で戦えるという側面を完全に味方につけた圧巻の戦績に、改めて偉大なる存在であることを実感させられた。

昨年に引き続き、ウィンクスが大記録達成と同時に連覇を決めたQエリザベスSには、当地に移籍してまだ日の浅いアンビシャスが参戦していたが、お馴染みのウィリアムズ騎手を背に、8着に敗れている。

半年早生まれのウィンクスとは一応同期になるが、アンビシャスが戦ってきた同期の強烈なライバルにも伍して強いこのお姉さまの迫力の走りに、何を感じたのだろうか。

今の彼女には、ドゥラメンテとキタサンブラックの合体バージョンのような凄みがある。

 

ニュース

ヒント スピード型の分水嶺

読了までの目安時間:約 3分

 

どうして速い馬にならなかったのか。

どうして、そのまま中距離タイプに育たなかったのか。

ロードカナロア

サクラバクシンオー

思えば、サクラバクシンオー産駒で最初に重賞を制したのは、今やクラシックの登竜門として実際の格以上の価値を誇るきさらぎ賞の勝者・メジロマイヤーだった。

すぐ後に高松宮記念を勝つショウナンカンプが登場したから、メジロマイヤーがしばらくして、また同時期に行われる小倉大賞典を勝ったことなど、もうほとんどの人が忘れていることだろう。

プリンスリーギフトを3本とも5代以内に持つ彼が、皐月賞に挑んでいるのだ。

結果は伴わなかったが、3歳春に路線を短距離に定めた父とは、やはり異質な道を進むことになる。

ロードカナロアはいったいこの後どうなっていくのだろうか。

主な活躍馬は、

<同父のエース>

ステルヴィオ

アーモンドアイ

<今一つ?>

ダノンスマッシュ

アンヴァル

アンフィトリテ

何となく、イメージ通りの馬ほど、明けてからの本番に向けた戦いの中で、ポカが続いている印象は拭えない。

本格派に育つ系統という素地は、すでに母父としてクラシック路線で結果をまずまず出しているストームキャットの血を持つことで、能力を担保されている。

しかし、サクラバクシンオーがそうであったように、本質で距離延長を好むタイプは、なかなか古馬になってからは苦戦することが予想される。

第一、気性的に距離不安が付きまとうのが通常だろう。

万が一にも、3歳春の2400タイトル奪取は有り得ても、菊以降の古馬長距離タイトルに縁があるようには思えない。

ディープインパクトはサンデーサイレンスよりも長距離カテゴリーへの適応が遅いようで、ライバルのスタミナが平準化したことにより、一昨年はついに菊花賞馬が誕生した。

一方、短縮条件では今年もシャイニングレイが伏兵ながら人気より走らなかったし、ゆっくり動いていく方が合う父似の馬の方が結局走る。

互いのいいとこどりであるロードカナロアに、べらぼうに得意な条件があるわけではない可能性を感じる。

まだ本物に育ちそうな短距離型は出ていない点は重要だ。

 

コラム

春の名勝負

読了までの目安時間:約 3分

 

'07皐月賞

ヴィクトリー-サンツェッペリン-フサイチホウオー

チューリップ賞の劇的展開は象徴的で、牡馬の線が細かった印象もあるクラシック。

桜花賞を制するダイワスカーレットに1勝1敗だったアドマイヤオーラは、同じアグネスタキオンを父に持つこともあって、当初から注目される存在だった。

ブエナビスタは生まれてまだ一年くらいの時期で、今となれば、兄のアドマイヤジャパンより脈ありの評価が適当か。

無敗のフサイチホウオーは、戦いを重ねるごとにジャングルポケットの傑作と言われた血統馬。

ラジオNIKKEI杯の斜行は物議を醸したが、共同通信杯もきっちり勝っていた。

中心馬はこれ。ダービーもこれで堅い、という雰囲気だったのだが…。

そのホウオー斜行時のレースでいじめられることなく、逃げ粘ろうとしたのがヴィクトリー。

行くしかない馬にしたくなかったが、若葉Sで行くことにしたから、乗り替わりの田中勝春騎手は迷うことなく先手を奪った。

金杯楽勝のシャドウゲイトで幸先のいいスタートを切っていた鞍上は、いつになく燃えるところがあったことをよく覚えている。

やればできるじゃないか!

まだ若かった松岡騎手は、トライアル不発で見下された評価に甘んじた京成杯馬・サンツェッペリンに乗っていた。

京成杯実力勝ちの内容をみんな忘れてしまったのか。

レースはヴィクトリーが行って、つかず離れずのサンツェッペリン2番手。

以下大きく離され、ヴィクトリーが行くんだから、それは速くていずれ止まるだろうと思っていた。

筆者は本命だったから、妙にリズムのいい先行に期待感が増した。

直線に入っても、もうひと伸びしたヴィクトリー。

サンツェッペリンは渋とい脚が魅力の馬だから、前が厳しくても粘れる。

中団から追いかけた人気勢は、決め手は上でも、こういうタフな展開の経験値には乏しかった。

結果、強い競馬をした前の2頭のデッドヒート。

逃げ粘りと差し返しで、ヴィクトリーが血統の力で制したようなレースだった。

ブライアンズタイム産駒はこれでこのレース4勝目。

ナリタブライアン以外、⑪、⑮、⑦人気という結果通り、クラシック戦線に大きな穴を開け、激闘の幕が上がった。

 

コラム

過去現在未来

読了までの目安時間:約 2分

 

桜花賞を快勝したアーモンドアイ。

その名前の由来は、普通は名前負けしてしまいそうな、クリクリお目目の別嬪さんというような意味である。

ラッキーライラックも、人馬とも容姿端麗と松永調教師が盛んにアピールしていたが、その誰よりも説得力のあるビジュアルクイーン対決は、初戦完敗という結果に終わった。

夢の広がる勝ち方で、まず一冠目を制したアーモンドアイだが、生産牧場の寡占どころか独占状態の近況に、ファンの多くは大あくび状態かもしれない一方、久々にGⅠで躍動する勝負服が目に留まった。

ああ、シルクの勝負服だ。

その昔は、ブライアンズタイム産駒でターフを沸かせた早田牧場との強いコネクションにより、そのワンセットでサンデー軍団に挑んでいった記憶が、オールドファンになりかけの20年前後競馬に参加してきた人々に強く刻まれていることだろう。

しかし、時代を経て、とっくの昔に消えてしまったバックボーンの影響もあってか、シルクフェイマス、シルクメビウス、シルクフォーチュン、ラストインパクトなどなど、たまに出る大物で出資者を喜ばせていた半面、評価はその時々ながら、肝心の1着が獲れない時間が長く続いた。

奇しくも、18年前のオークス優勝・シルクプリマドンナ以来のGⅠ・クラシック制覇が今回の勝利。

「適鞍があればと思うので、先生と話し合っていきたい」

ロードカナロア×フサイチパンドラという血統のインパクトを遥かに上回る衝撃的な結末に、シルクレーシングの米本代表取締役も、意気が上がるのは無理からぬこと。

国枝調教師、吉田勝己氏のノーザンファームというバックボーンを得た今、海外GⅠ制覇も夢ではない。

 

ニュース

日本馬と外国馬との距離感<ドバイ回顧>

読了までの目安時間:約 3分

 

日本馬が当たり前のようにジャパンCやチャンピオンズCを勝っていることで、世界を知られなくなるリスクが表出した結果ということなのか。

シーマクラシックはクラックスマンがいなかったから、ほぼ、実績に日本勢が有利という状況だったにも関わらず、日本のファンが彼らの入った当たり馬券をゲットできないという体たらく。

正直、実力負けではないのだけれども、中身のあった馬券外の競馬とは言えなかった。

レイデオロは変なスイッチが入ってしまった可能性を考慮したレースに終始したから仕方ないが、あとの2頭は、何もできなかったという印象。

結構まずい。

どんな展開になるかで、5頭の刺客を送り込みながら、確実に上位入線できるかは不透明だったターフも、所謂掲示板に3頭載ったのだから、至極順当な結果。

が、ヴィブロスの異常なレベルのコース適性をもってしても、地の利は考慮しつつ、ベンバトルに好きなように走られてしまっては、ぐうの音も出ない。

勝者を讃えるとともに、日本勢のやや尖った感に乏しい勝ち気の死角が、そのまま3馬身強の着差に現れた気がする。

ダートは今年は勝負の年ではなかったから、経験者はまずまず走ったけれども、上位勢には軽くあしらわれてしまった。

肝心要のダート戦、という風にドバイ参戦の意義を捉えなければ、この答えに変化が訪れる日は来ない。

芝に関して言いたいのは、恐らく、日本勢が臨んだやや堅い馬場でありながら、大した内容で走れていない点。

日本の十八番となっていた2400戦のシーマクラシックは、レイデオロの怪しい点を考慮すれば、もっと、モズカッチャン辺りは積極的に行くべきなのだが、まだクリスチャンの経験値だとその選択肢が最初からなかったように思う。

ある意味、それはいいところであるけれども、兄との差にも出ている気がする。

正しい競馬すれば、自ずと結果は出るだろうという気持ちが、今年に関しては、日本の各陣営にあった気がする。

行かないといけなった。

マテラスカイは果敢に先行勢にとりついて、結構頑張っていたのとは、まるで違ったことが不満。

ドバイは日本の騎手で行った方がいいような気がする。

 

レース回顧