2016年アイビスサマーダッシュ

JUST競馬予想ブログ

アイビスサマーダッシュ(2016)検証

読了までの目安時間:約 4分

 

大方の予想通りの結果というのは、案外面白くなかったな、というシーンだったりするものだが、こういう一風変わった条件の重賞レースだと、そういうことはない。
みんな納得の人気順の結果だったのではないだろうか。

ベルカントは強かった。
昨年は強かったから、連覇を期待したいけれども、千直巧者のオープン馬が2頭もいて、スプリンターズS以降は必ずしも順調ではなかったから、やはり半信半疑で…、という昨年の実績を加味した分だけの支持のアップがあったというだけで、内実、実質的な評価は昨年と同じであった。
でも、結果は最高に勝負強い内容。
こんなに粘り強い競馬をしたのは、みんな初めてだと思っている。
正直、馬自身がびっくりしている可能性さえある。

ただ、そこは直線競馬だ。
昨年と同様、ゆっくり上がっていって、直線半ば過ぎから徐々に先行ポジションから後続との距離を離していく、スプリンターの最も確実で強い勝ち方をする形で、しかし、今年は昨年よりは相手が充実していたからネロに差し返されて、かなりの接戦にはなったものの、タイムトライアルにもってこいのコース形態の利点である、
「自分の方で競馬ができれば、また同じ時計で走ることができる」
というその決定版のような新潟1000Mだから、判で押したように54.1秒で今年も走り切った。

ネロが積極的だったから、それは相手の鞍上が内田騎手だったからということも多分にあるが、恐らく、北九州記念で同じことをしていたら、あっさり突き放されていた可能性がある。
何せ、ネロは昨年の秋にビックアーサーにダシにされて、コースレコードタイ走をアシストする逃げを、この新潟1000Mの準オープン戦を制した後に見せていたのだ。

その少し前に、意気上がるベルカントは同馬を完封するといったこともあったが、一年弱で立場は大きく変わった。
我が道を進むことからリスタートする意味を見出さねばならない立場にまた戻ったベルカントは、昨年より速い上がりの脚を繰り出して、好敵手をきっちり競り負かした。

ネロには、逃げてはならない理由はなかったが、実際のところ、絶対的なスピードはベルカントの方が遥かに上。
見た目には接戦でも、それは相手にとって不利な条件であったというだけで、昨年準オープンに上がってから積み重ねた2着7度という記録で、ついに勝利数を上回ってしまった点からも、思われるよりは力負けだったように感じる。
オッズの差は、そのまま結果に反映されたが、実力ではまだ及ばないといった感じ。
ストームキャット系は、案外高齢まで渋とい馬も多いが、殊重賞好走歴のある馬となると、そう簡単にはいかない。
安定して連軸になるスプリンターは、往々にして、勝負弱い馬という評価に止まる。
ちょっと痛い敗戦となってしまった。

それらについてきたプリンセスムーンも然り。
大事に使われてこれが24戦目だったとはいえ、来年は7歳である。
ネロ以上に、乾坤一擲の大博打をしないといけない立場だったが、重賞に出てきたのに、オープン特別より斤量増というのでは、牝馬には辛すぎた。
好相性の北村友一騎手でも、比較的大人しいタイプとはいえ、相手が先行馬では型を崩す手も使えない。

好勝負だったとはいえ、三者にはそれぞれ、今後の進むべき道に明暗が分かれた印象が強い。
ベルカントの強さを、ここは讃えるより他ないだろう。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方