2017年 古馬王道路線 春総括

競馬予想ブログ JUST

古馬王道路線 2017年春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

渋馬場のドバイターフをぶち抜きの直線一気で制したヴィブロスは、まぐれではないにせよ、いろいろ勝ち運に恵まれたところがあったから、本筋とは関係ないということで、評価保留とする。

冷静に振り返ると、大阪杯のメンバーは、古馬戦での実績が完全に抜きん出ていた本命候補と、その他古馬重賞勝利の記録を持っているだけの馬という構図であったように思う。

速く走れる武器を活かそうとしたマルターズアポジーは、有馬記念後の小倉の激闘を経て、強くなったと思ってみていたが、同期で王道を進んできたキタサンブラックにとっては、味のあるライバルという関係性ではなかった。
本番前に力を出し切った馬では、フレッシュながらもっと高い目標を見据えた王者には敵わない。
2400タイトルが虚しく見えたMとSは、待って動くことも考えた王者を競り潰す作戦をとらせてもらえず、ジエンド。
何も起こらず、平凡なレースは淡々と消化されていった。

馬場が速そうだと気づいたときには、もう終わっていた天皇賞。
時計もレース内容もその名に恥じぬ2強プラスワンの展開は、手に汗握るというよりは、汗を流してならもう一勝負できたブラックのローテの妙もあったか。

阪神大賞典も淀みのない流れで、シュヴァルグランが強気の競馬をしたということが、もう一頭のSの底力をスムーズに引き出すことになったわけだが、3000Mの前哨戦というやつは、いかに楽に勝つかが重要。
得意条件に近い2000Mの軽いGⅠは、強烈な時計決着が見えていた状況で、これ以上ないステップとなった。
動くことを恐れない鞍上の的確な勝負勘は、言わずもがな、世界の武豊ならではの技巧があって成立するもの。

となると、最後の締めも…。
甘くなかった。ひふみん風にいうところの、競馬の神様はいません、である。
ハイランドリールを屈服させたサトノクラウンと至福の時を経たゴールドアクターとのマッチアップは、主役が違えばもっと面白かったのだろうが、誰もがキタサンブラックはいつものように走ると思っていたから、口あんぐりだった。
宝塚の馬場悪化は防げたが、春天の高速化の弊害は、大いに議論を呼ぶことになるだろう。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方