2017年プロキオンS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

プロキオンS -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

折角のダート参戦で、スピードを活かさない手はなかったレヴァンテライオンがトウケイタイガーを制するように先行し、内枠の芝スタートが良くなかったのか、それに続くと思われたベストマッチョは序盤に先行態勢に持ち込めなかった影響が、揉まれ弱さという最大の死角をフォーカスするような結果となり、内でもがいていた。
しかし、人気のカフジテイクのいつの間にやらの内々進行で、それと同列にいたキングズガードが勝ったわけで、先行馬の力がちょっと足らなかったという印象も残した。

キングズガードは、この日も当然人気になっていたカフジテイクと何度も当たっている馬だが、その対戦成績が競馬の内容同様ちょっと差をつけられつつあったので、この日は5番人気。
が、秋辺りからこちらも遅ればせながら、末の切れ味が増してきた印象で、同じ武器だから人気が先行することはなくても、意外と位置取り一つでは、こういう臨戦過程の違いもあって、十分逆転のチャンスはあった。

この6歳馬は、下級条件時代からほとんど3着を外すことのない堅実型で、当然、負けの数も多いわけだが、ある種の即戦力としてオープンに出る身分になったので、今回は馬場傾向というか、ダート戦らしい先行馬有利の傾向をどうクリアしていくかという面で、実は、昨年のこの時期に1分22秒台で3戦続けて好走している点では、完全にカフジテイクに逆転されたようで、相手がパサパサダートを好むタイプだから、位置取りさえ間違えなければ、この結果も有り得たのである。

短距離戦線というのは、上のクラスでは消耗戦になるので、案外高齢馬の方が有利になるケースが多い。
カフジテイクこそ力を示したが、次の5歳以下の馬は、8着のイーデンホールである。
ダートは一日にして成らず。ローカルらしさと相まって、味のあるレースであった。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方