血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

新馬(2014) <12/13・14>

読了までの目安時間:約 2分

 

夜間発売中止にはどっきりさせられたが、師走は色々と忙しないから仕方ない。
もうダートの季節である。
中山の牝馬限定1200戦は、トラストレイカがゴール前抜け出して勝利。フォルカー系とは馬場同様に渋い。
阪神1800はクリソライトの弟・リアファルが順当勝ち。以下人馬が続いたが、勝ち馬は別格だろう。重賞を勝てる器。

芝は西のスプリント戦が、ゲート入りをゴネたセトノビーナスの逃げ切り勝ち。デュランダルは今一つパッとしないところはあるが、母方はそんなに軽くないから注目しておきたい。
東のマイル戦を制したヤングマンパワーも、スニッツェル産駒だが牝系は重厚で名種牡馬が居並ぶ配合。共に、穴をあけるタイプか。

日曜は芝に見どころあり。
阪神1800は、ダンス産駒のナガラフラワーが豪快に前を捉えた。人気馬が走らな過ぎたのもあるが、牝馬にしては重厚なタイプか。
1角で勝負ありの中山2000は、人気のサブライムカイザーがこれで4連勝となった北村様の好アシストで快勝。どことなくエルコンと似た配合のカメハメハ産駒。サンデー系をねじ伏せる男に育てたい。
上位拮抗評価の中京2000Mは、欧州競馬のような展開に。2分10秒余の我慢比べをステイゴールド産駒のカルナヴァレスコが制した。

ダートは、カメハメハとハーツクライの宿命の対決となった中山戦を2番人気のハーツ産駒アンヴァリッドが制した。ただ、人気のマカワオクイーンは直線で走るのをやめてしまっていた。
阪神も1800戦。人気通りの決着の牝馬戦だったが、勝ったフリオーソの姪・クイーンズターフの迫力ある末脚は魅力的だ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方