2017年 新馬戦

JUST競馬予想ブログ

新馬2017<7/29・30>

読了までの目安時間:約 3分

 

3場全て開催替わり。
土曜はマイル未満の新馬戦のみ。

その中で、時に大物出てくる札幌1500M戦からは、AW・BCクラシック勝者のレイヴンズパスを父に持つタワーオブロンドンが強い勝ち方で、大いにアピールしてくれた。
重厚な欧州配合馬で、元来芝向きの父だから、距離適性などは同厩のオークス馬と似たようなところがあるだろう。

新潟1400は、キンシャサ産駒・ルッジェーロの独り舞台。
上手に道中を運んで、しっかりとした終いの伸びでまとめて快勝。いずれ、カシアスといい勝負になるはずだ。
シトリカの逃げ切った小倉1200戦は、日曜も2鞍組まれる、ほぼ分割レースといった趣であり、楽に押し切れた理由は、ヨハネスブルグの血の影響か、はたまた相手関係かは不明。
九州産限定とどっこいどっこいのように思うが…。

日曜はその九州産限定戦から。
人気になったストラヴィンスキー産駒同士の争いをコウエイユキチャンが制したのだが、2着はキリシマアスカと文字通り牝馬なのに、こちらは牡馬…。意外と強いかもしれないガーネットの直系。
で、続く6Rも宮崎県産のレグルドールが快勝。アドマイヤマックス牝駒。
この3戦、レベルはちょっと怪しい。

札幌2戦は、共にルメール騎手が何もせずとも、という競馬に。
芝1800はレイデオロ全弟のレイエンダが、最後方にいながらレースをコントロールする内容。
まあ、変に完成度が高い点は気になるが、言うまでもなく、世代トップクラスの才能の持ち主であろう。
1700のダートで大差勝ちのハナブサマカオーは、逃げ切りでも直線で大差をつけたから、力が違い過ぎた。
エピカリス級になれるか。シニスターミニスターだから、来年もこの時期でもいいが。

新潟1600で外から差し切りのハーツクライ産駒・オーデットエールは、母系が北米血統で、芝頭打ちの可能性あり。
時計も流れも平凡で、直線で34秒台中盤というのは、いい面も悪い面も含まれるので、成長度合いを見極めていきたい。
牝馬戦の1400は、ダノンシャンティ産駒のルリハリが完成度の違いで、最後は後続を突き放した。
ダルシャーンのクロスより、オカノブルーの血が活きたか。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方