2017年 新馬戦

JUST競馬予想ブログ

新馬2017<8/26・27>

読了までの目安時間:約 3分

 

土曜日はレース前に3場とも雨がかなり降ったので、どこも道悪でのスタート。
新馬戦は全て違う条件ながら、共通して稍重馬場で行われた。
上位人気5頭の争いながら、4-5番人気で決まった小倉1200戦は、エイシンアポロン産駒のブラウハーツが好位抜け出しで新馬戦を制した。
快速型がいそうでいない組み合わせで、上位組は1200では短い印象もある。

やや人気勢の直線の挙動が怪しかった新潟1600戦は、2番人気のブランボヌールの全弟・エントシャイデンが外から伸びて、前を捉えきった。
結構馬場は良くなかったので、上がり33秒台中盤の末脚はかえって評価できる。
断然人気のシグナライズは、新潟の上がり勝負向きではないだろうドイツ血統馬で、ノーカウントでもいいように思う。
札幌ダ1700は人気3頭が、ゴール板に吸い寄せられるように、最後は横一線の入線。ロスなく回ってきたコンダクトレスが制したのだが、1800戦のようなタイムでは評価しづらい。

今週は久々に予報通りとなって、日曜の芝は全て良馬場に回復。
新潟と札幌ではその芝で1200戦が行われ、共に牝馬が楽勝して見せた。
北海道の方は、鞍上モレイラの分を補正しないといけないが、直線突き抜けたキンシャサ産駒のベルーガが強すぎた。
時計が少し掛かりだしたのも良かった。
新潟は3kgもらいの武藤騎手が跨ったニシノコデマリが、小さな体をいっぱいに使い、人気勢を封じた。スウェプトオーヴァーボードで、また来年もこの時期に登場だろうか。

小倉2000はバブリーバローズが強かったのだが、どうも奥歯に物が挟まったようなところもある。
バブルカンパニー系で仕上がりは意外と早いから、ステイゴールドでもクラシックに間に合う可能性は十分あるものの、ゆったり追走から直線はしっかり伸びるという内容ながら、何となくキレイにまとまりすぎているような気もした。
荒々しいという感じがしなかったので、ちょっと物足りなかったのかもしれないが。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方