2017年セントウルS

JUST競馬予想ブログ

セントウルS(2017)検証

読了までの目安時間:約 4分

 

先行力のあるフィドゥーシアとファインニードルの争いは、いくらかは自在性のあるファインニードルに一日の長があった。
夏の阪神ほどの高速馬場ではなかったし、必ずしも先行馬有利の馬場状態でもなかったが、自己最高体重だったメラグラーナ、キレを出したかったのか出来が良かったのかまでは定かではないものの、小柄なダンスディレクターも休み明けだったので、前がやりあることにならなければ、どちらかは必ず残るという展開になった。

上手に先行して、フィドゥーシアたちをうまく風よけのような使い方で活用しきったファインニードルとデムーロの勝ちパターンに、他の13頭ははめ込まれてしまったような坂の辺りの攻防であった。
これは阪神が得意。
関西圏の4場で唯一掲示板を外していないこのコースで、1200Mに限れば【3100】としたファインニードルは、僅差でスプリントチャンピオンは逃したものの、煮え切らない最近の実績上位馬に正攻法で挑めるライバルにこれで数えられることになった。

千直だけでは…。
連続連対など、2歳時のこの時季に未勝利戦で3度続けてあっただけのラインミーティアが、覚醒を世に知らしめる2着好走。
東ではついにグランシルクが、こちらはファインニードルと同じく得意な中山のマイルで突き抜けてしまったが、それと同レベルくらいの破壊力がこの馬にはあったということか。
前走のアイビスサマーダッシュとコース形態も流れもまるで違ったのに、ほんのわずかなスペースを真っすぐに、極限の末脚を使って前を捉えにかかる競馬を、西田騎手と一緒にまたやってのけたので、これは痛快。

一瞬の脚だけなら、スプリンターとて中型のこの馬と440kg前後とディープと同じくらいの馬格しかないダンスディレクターとは互角、条件一つで先着もある。
死角の多い馬ほど、拾う神ありなのだろうか。

前走は失敗という風に捉えた、フィドゥーシアの石橋騎手の考えは、筋違いと言うことはないだろうが、ちょっと割り切れなかった有り得ない敗戦で、外枠ということがプラスされて、鞍上の方が掛かり気味だったか、先行馬でも力があれば粘り込める1分7秒台中盤での決着で、0.7秒差の9着は残念だ。
ペースの問題よりも、新潟の特殊な直線競馬にうまくフィットさせ過ぎているのではという死角が、前走の惜敗により、重賞としては平凡なレベルの展開に対応できないという答えをもたらした。
スピードは一番でも、そんな馬なら、誰でも走れる距離なのだから、未勝利クラスにだっていっぱいいるから、ここはGⅠを目指した戦いをしていなかった以上、こういう負け方をしたことを素直に力不足と考えるべきである。

素晴らしい血統を誇る日米のベストトゥベストの配合を施された良血牝馬に、身の丈に合わないレースの格を求めるのは、やはり愚の骨頂だ。
長くても来年いっぱいの現役生活の終焉をGⅠ制覇と考えた陣営には辛い結果となったが、春のオープン2連勝がうまく行き過ぎた可能性も感じてしまう。
絞って本番へ臨むことだけはご法度だ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ :    

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方