血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧 <12/27・28>

読了までの目安時間:約 2分

 

土曜の芝の新馬は、大いに見どころありという結果となった。
中山2000では、2番人気のマッサビエルが位置取り争いでの不利をものともせず、坂上で前を捉えきった。これがハービンジャーの底力なのか。ドーベルの孫。晩成型だろうし、無理使いはしないほうがよい。
阪神1800快勝のリアルスティールは、ラングレーの全弟なので順当勝ちではあったが、ミエスクの一族ということもあり、コース替わりでこれ以上のパフォーマンスは期待しないほうが吉か。
マイル近辺が合う。揉まれ強くさせたい。

ダートはパサパサ。中山ではコパノハリスンが、ゴール前で一気に前を捉えて速さを見せた。サウスヴィグラスの仔だから、差し馬ではないと思うが。
阪神1800で大穴をあけたスマイルフォースは、ここで人気になった馬と同じエンパイアメーカーの直仔にあたるバトルプランを父に持つ。
良血種牡馬で、人気がない時の好走率は5割増しの印象だ。

日曜は3鞍。
中山ダ1800を勝ったモンドアルジェンテはクロフネ産駒。何故だか、ダービー馬の仔がそれに続いた不思議なレースだったが、勝ち馬は3着馬の父メイショウサムソンの近親で底力型。渋太く活躍してもらいたい。
芝マイルはスローとはいえ、コスモヨハネの逃げ脚に流石はビッグレッドという印象を受けた。父は名前を見れば一目瞭然だが、前者に続きこちらはウイニングチケットを出した一族出身で、在来牝系の底力が目立った。

今年最後の新馬は、阪神の芝1400戦。障害からの連勝を決めた森騎手騎乗のマルターリデルが逃げ切った。どうもこの馬場は、差し馬には厳しかったようだ。



* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方