2018年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<2/24・25>

読了までの目安時間:約 3分

 

いよいよ、新馬戦があるだけで貴重という最終開催に突入。

今週は芝の2000Mとダート1200M戦が、それぞれ中央場所で開催されたが、もう第3場での施行は予定されていない。

未勝利戦の方が当然のようにレベルが高い状況。

勝っても、負けても…、ではあるのだが、才能に対する正当な評価は与えないといけない。

土曜日は芝は中山、ダートは阪神。良馬場で行われた。

共に人気馬の快勝。力が違った。

中山で勝ったのは、ハーツクライの女馬・ルーモス。

期待もあったのだろうが、中団前目につけての好位抜け出しで、しっかりと競馬を仕込んだベテラン騎手のテーマを与えるレースプランを見て取れた。

自分の意志で前を捉えようという雰囲気もあったし、非常にお行儀のいい競馬。

フルゲートでのレースでこれができるのだから、2勝目はもう眼前にある。

阪神のトラベリングも似たようなところはあるが、ゴールドアリュール産駒でこちらはダート専門という感じ。

兄弟の中では一番出来のいい仔になりそうだが、何となく、血統の印象よりも完成度が早い印象もある。

早い段階で結果を残したい。

日曜はその逆。

阪神芝に関しては、秋の中距離の新馬戦のような血統馬の集ったレースになり、人気のトーセンスターダムの全妹・センテリュオが快勝するも、まだまだどこの馬も完成度で抜けた存在はなく、今すぐにどうという雰囲気はなかった。

勝ったセンテリュオは、やや気難しいところがあるのか、勝負所でかなり追われていたが、小柄な割に鋭さを感じさせる末脚は繰り出せなかった。

ここでは決め手がなくても…。負けてしまってもあまりダメージのない一戦だから、良血馬は追いかけた方が妙味ありだろう。

5着の大型馬・レーガノミクスなどは、平坦の1800で強そう。

中山のダートは、タイセイシュラークがいち早く抜け出し、後続の追撃を凌いだ。

カネヒキリ産駒で上がりもトップという、器用さもあるのはいい点。

東京のマイルくらいまでは守備範囲だろうし、早い段階で接戦を経験しているのはプラス。



* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方