2018年チューリップ賞

JUST競馬予想ブログ

チューリップ賞(2018)検証

読了までの目安時間:約 2分

 

一瞬逃げるのではないかというほどの素晴らしいスタートで、人気のもう2頭を従える競馬。

全く危なげなしの構図は、ここ数年の2歳女王始動戦としてのチューリップ賞の風物詩となっている。

しっかりと追われた最後のゴール前での手応えは、叩いて、まずは賞金加算をと勝負気配のマウレア&武豊騎手のコンビはおろか、断然の対抗馬であったリリーノーブルでも、最後はついていけないというほどの差があった。

プラス10kgにまるでマイナス要素を感じさせなかった2歳女王・ラッキーライラックは、明らかに強くなっている。

そもそも、今は馬場がいいこともあって、桜花賞より時計の速い年もかなり多いが、今年もそれに倣うのか、1:33.4での決着。

サヤカチャンらが一所懸命に牽引した流れではないことも含めて、どこでもボチボチ1分34、35秒のタイムで駆け抜ける馬ではなく、もう完全に底力が一枚上という抜け出し方は、昨年の今頃、本命馬となっていたソウルスターリングと差異のない完成度であることを示している。

で、前述のしっかり追ったということの疑問。

叱咤するだけではなく、石橋騎手もしっかりとこの馬の良いところを把握しているわけで、何の意味があったのかと思案してみたのだが、要するに、これでもまだ万全の仕上がりではないのではないだろうか。

相手が強いことはわかっていて、その能力も大体見えている。

それに追われる立場になることも想定された、いい位置からの競馬で、無傷のままで本番を迎えたいという気持ちもあったのだろう。

やりたいことをやっておいた上に、みんなが33秒台の上がりでまとめている中で、正攻法のポジションから上がり1位の33.3秒。

毎年、こうやってここで快走した馬が、本番では案外のシーンも多いが、オークス含め、中心がラッキーライラックであることには、疑う余地のない状況となった。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方