2018年京都新聞杯

JUST競馬予想ブログ

京都新聞杯(2018)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

人気のフランツは、かなり駐立のよくない状態で、デムーロ騎手も覚悟してのスタートだったから、どん尻の追走。

一方、人気にこそならなかったが、かなり強引に使っていったホープフルSで様々な経験をした中で、しっかりと結果を残したことが、前走の共同通信杯でのガタガタの状態での出走で不完全燃焼に終わる原因に直結してしまったステイフーリッシュが、ステイゴールド産駒には珍しい大幅増での立て直し成功で、スタートからハイペースを悠々の番手追走。

正直言って、これは敵わないとその時点ですでにお手上げであった。

力勝負に持ち込み、いくらか先週よりは軽い馬場状態ながら、2:11.0での完勝は、どことなくかつてのダービー3着馬・トーセンホマレボシと通じるところがある。

これより1秒遅い走破タイムだったとはいえ、総合力で突き抜けた正攻法抜け出しの直線は、全く同じ構図だ。

ここにきて、ステイゴールド産駒が元気になるというのは、ちょっとびっくりしてしまう部分もあるが、惜敗王のレッテルを前走でようやくかなぐり捨てて、この舞台に挑んできたアドマイヤアルバが好走して2着。

先週と同じステイゴールド-ハーツクライの組み合わせ。

パワーも求められる展開だったとはいえ、坂の下りから急いでレースに参加しようとして、直線半ばでは結局諦めてしまったフランツ辺りとは、どうも目的意識とその設定が違うという結果になった。

現状、混戦でのこの結果であるから、かなりの荒れ方だったものの、乗っている騎手は藤岡兄-岩田-ボウマンという順番なのだから、あまり無意味に評価を落とす意味もない。

また前に行けるかは不明だが、ステイフーリッシュという名に相応しいこの伏兵は、次も見どころ十分のように思える。

ハービンジャーの不発より、ここでもディープが力負けの構図が気になってしまったプリンシパルS。

西も人気2頭が3着外し。偶然では片づけられない。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方