2015アメリカジョッキークラブC

JUST競馬予想ブログ

アメリカジョッキークラブC (2015)検証

読了までの目安時間:約 3分

 

プラス体重の影響は否定できないが、得てして、ゴールドシップの考えていることは想像よりもはるかにややこしい場合が多い。
レース間隔に関する疑念はあった。母父の系統で最もドラマチックなパフォーマンスを見せたトウカイテイオーを筆頭に、やたらと休み明けは好走する傾向にはある。
祖父メジロマックイーンも、休み明けの重賞は不敗だったし、骨折休養明けでも楽勝するし、ようやく勝てた宝塚記念の後休みを挟んで、京都2400Mの大レコードを作って後のJC馬・レガシーワールドを子ども扱いにしたことがあった。彼も右に同じく。
レース間隔は短かった。

また、向こう流しからどうも走る気が感じられないように映ったのは、岩田騎手が乗るといつもの好発を決めているにもかかわらず、その後はフワッとした感じの走りで、出遅れていた時のシップと何ら変わらないものだった、スタート直後に何度も見てきた2、3歩目は全く前に進もうとしない姿から、もう既に伏線があったということになる。
ステイゴールド、ドリームジャーニーが人気応えらなかったレース。
十分すぎるほど敗因となりうる材料があったのに、しかしながら、1.4倍くらいだと単勝を買ってもいい気がするのもゴールドシップという馬の魔力なのだろう。
一つ、敗因となったかどうかはわからないが、前にエアソミュールがいて、後ろにフェイムゲームが構える展開というのが、有馬記念と同じ構図だった。
これまでのレース戦績から、少しだけ常識的になってきたシップには、ちょっとやりにくい競馬だったのかもしれない。捲りが持ち味だった馬が、普通の差し馬に変わったのだろうか。
だとすると、このスローペースは全く向かなかったとも言える。

さて、勝ったクリールカイザーの鮮やかな逃げ切りは、陣営の希望が叶ったような内容だった。
昨年AJCCを快勝したヴェルデグリーンを失った相沢厩舎で、ちょうどその頃から重賞に挑戦できる立場になったクリールカイザーが活躍馬として認知されるようになってきた。
ずっと乗っていた吉田豊騎手が、乗り替わらずを得ない状況になった今回、鞍上にはあの田辺騎手がいた。
単勝オッズ一桁台だった人気3頭に比べ、この馬の方が不思議な縁に恵まれていたのかもしれない。今年もまた、オークス馬と同じ血筋を引く渋い血統の馬が勝った。
この血の因縁の物語は、レース前にはもうネタバレしていたのである。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方