2018年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<6/23・24>

読了までの目安時間:約 3分

 

梅雨のない函館と雨期真っ盛りの本州2場では大違い。

しかし、何故か血統のパターンはよく似た傾向を示していた。

土曜の阪神芝1200では、ヨハネスブルグ産駒のジャカランダシティが逃げ切り勝ち。

大きな体ではなかったものの、パワーで押し切った。

似た雰囲気の馬場であった東京のマイル戦でも、クロフネ産駒のエメラルファイトが、正攻法の抜け出しで人気のディープ牝駒・ミディオーサの追撃を凌いだ。

ミディオーサは石橋騎手の弱気の騎乗もあったように見えたが、姉が道悪を苦手としているミスエルテ。

慎重に外に出ている間に、勝ち馬に引き離されてしまった。

函館は良馬場も、短距離だったから、芝1200の牝馬戦もスウェプトオーヴァーボード産駒のトーセンオパールが制し、他との完成度の違いを示した。

ダ1000Mでは、スカーレットインク、サウスヴィグラス牝駒、ミスプロクロスの3点セットで、人気のラブミーリッキーが逃げ切り勝ち。

どこでもサンデー系が人気になっており、本質的なパワーが求められた時に、差が現れた格好だ。

日曜日はその応用編。

東西では道悪の芝1800戦で、人気馬に明暗。

ただ、勝ち切ったのはどちらもヴィクトワールピサ産駒でミスプロクロスを持つ正攻法の抜け出しの馬だった。

阪神は伏兵のブレイキングドーンが3馬身差勝ち。人気馬の完成度が怪しい中、馬場適性も味方につけ、上がりも最速で押し切り。

東京は反対に、人気を背負ったアンブロークンがパワー勝負に持ち込み、後続を制した。

早め先頭も、後者の方は全く後ろに追いつかれそうな気配はなかったから、好評価を与えられる。

函館は1200戦。

前日もそうだったが、逃げた馬がペースの割に失速が早く、番手抜け出しのアスターペガサスが、ジャイアンツコーズウェイ産駒らしい豪快な伸びで、低評価を覆しての快勝。

母はフォーティナイナーの3×3を秘めるアメリカ系統も、父と同じように、欧州型の戦略が合うタイプだろう。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方