2018年アイビスサマーダッシュ レース回顧

JUST競馬予想ブログ

アイビスサマーダッシュ -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

いつもより馬場が良かったのもあるだろうが、無敗馬の強みをフルに発揮したダイメイプリンセスが、ここ2戦より真ん中より、この馬としては普段通りのじっくり進出から、ゴール前は素晴らしい手応えで抜け出し、前走完敗からきっちり巻き返した。

そういう適性は、レース展開に大きく影響し、数多存在していた伏兵候補はほとんど最後は消えてしまって、次世代の直線巧者にラブカンプーという素敵な名前と血統の姫君が名乗りを上げる結果になった。

ペイシャフェリシタもうまく出過ぎるくらいのスタートで、十分に勝負圏内にいたのだが、この馬の形でもないという敗因も挙げられる一方、筆者が唯一消したサドラーズウェルズのナインテイルズが好走したように、ダイメイプリンセスのようなスタートのゆったりさがあれば…。

短距離重賞で、好スタートが敗因になるというのは、あり得ないか。

キングヘイロー×ダンスインザダーク。

身体がもう少しスマートであれば、乱戦のクラシック路線で台頭でもおかしくない配合のダイメイプリンセスは、ダートの経験もあれば、1200Mでの実績も当然あるのだが、配合面の持つ限界点があるのか、前走初重賞となったCBC賞が例年以上に高速化していた影響からか、序盤の走りがその直前に2戦楽勝した直線競馬の仕様になってしまったこともあり、まるで勝負にならないという9着入線の結果に終わっていた。

筆者はこのレースの展望の時にも語ったが、ニジンスキーを母父に持つダンスインザダークがブルードメアサイアーであるダイメイプリンセスが、新潟のこの特殊な形態の短距離戦をこなす下地はあったように思うのだ。

1200Mではどんなに正攻法の競馬で頑張っても1分8秒を切れなかったこの馬が、前々走の韋駄天Sではその水準をかなり上回る54.9秒で走っている。

その辺りの妙が、父キングヘイローというかヨーロッパの至宝・ダンシングブレーヴ直系の底力型のノーザンダンサー系らしさの系譜なのか、中距離戦などでの切れ味勝負に対応できず、純粋なスピードだけを競う条件で台頭し、さらにそれを究極の形で表現する新潟の直線がぴったりという馬が出てくる構図になっているのではと、楽勝のゴールシーンを静かに見守りながら、ちょっと感じた。

サンデー系などまるでお呼びではないこの舞台で、敢えて、その高い壁に挑んでいった筆者だが、違うヘイローの流れの馬は何度か勝っているし、連対までなら十分可能の傾向で、時計勝負の流れにどうにか対応できるのではと見立てたのだが、ちょっと違った。

過去5回ある53秒台の決着で、サンデーサイレンスの血を持つ馬は1頭も連対していなかった。

今回はヘイローのクロスを持つサンデーインのダイメイプリンセスが初めて連対。

2着ラブカンプーはそれがなく、お馴染みのサクラバクシンオーの系統の馬だった。

要するに、上手に走るための要素が一切いらなくなるこの舞台では、ギアチェンジに必要なものは何一つ求められないから、パワーのある血がわかりやすく台頭するのだ。

今更ながら、高温の新潟に学ぶべきものが見つかったことを、ダイメイプリンセス以下、参加者全てに感謝したい。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方