2018年新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

トスアップ、ホウオウサーベルほか 新馬回顧<8/11・12>

読了までの目安時間:約 3分

 

かなり派手な新馬勝ちの馬が登場した土曜日。

北ではジャスタウェイ、東の新潟ではハーツクライの産駒が独走のゴールを決めた。

札幌は道悪競馬の名物1500M戦。配合からも、父と同じように湿り気の多い馬場は得意そうなトスアップの軽快な走りが目立った。

そこまで筋骨隆々に出そうもないアメリカ血統の母系を味方に、小柄なこの牝馬がどこまでやってくれるか、楽しみは多い。

新潟1800のホウオウサーベルは、ビッシュの半弟。

自分でレースレベルを押し上げ、直線は我が物顔で独占状態にするのは、きっとこの系統の得意技なのだろう。

走りすぎがやや怖いだけに、1:48.4という時計は、上がりの数字よりは少し気になる面になる。

小倉はダート1000M戦。

タイキシャトル×タキオンのエイシンノホシの逃げ切り。芝もダートも、小倉の短距離はヘイロー系の巣窟だ。

日曜日の4戦は、全て牝馬が勝利。

芝からは魅力的な才能が登場した。

札幌1800の渋馬場で勝ち上がったフランケル×藤沢厩舎のミリオンドリームズは、中距離戦を軽やかに駆け抜けた。

母父エーピーインディで、ミスエルテの再来となると嫌な予感もするが、サンデーが入っている2000以下の路線に向くチャンピオン級の候補だろう。

新潟のマイルも、上位がみんな牝馬で、外からグイグイ伸びてきたルーラーシップの仔・アマーディが人気のディープを差し切る豪快な勝ち方をした。

期待ほどは大物に育たない一族だけに、次が大事。

どちらも重厚な系統だけに、1600、1800のスピード勝負には向かないだろうから、早い時期に結果を出して、皆が横並びになった時に、時計勝負で苦しんだとしても、古馬になって得意な条件で復活する可能性もあるから、見限らないことが得策。

小倉1200は人気のジャスタウェイ産駒・タムロドリームが逃げ切り勝ち。

新潟ダート快勝のクロフネ産駒・サルサレイア共々、こちらはちょっと軽い内容に見えた。

血統的には期待できるだけに、スケールアップしてもらいたい。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ :  

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方