2018年新潟2歳ステークス レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新潟2歳S -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

エルモンストロがたまに蛯名騎手が見せる大胆な騎乗でレースの質を上げた。

最近多かった、直線のそれも後半だけの勝負に持ち込ませなかったことで、ヴィクトワールピサやゴールドヘイローの産駒がゴール前台頭。

まあ、アンブロークンを単なる中距離型の道悪巧者と見て、早い段階で見切ったことは失敗だったとはいえ、ケイデンスコールが土台負ける展開になるとは思えず、きっと、石橋騎手もそう思ったのか、誰よりも仕掛けは遅かった。

直線で使える脚のことや福永騎手が教え込んできたことを考えると、展開的に動くに動けなかったというより、動かすことのリスクを考慮しても、直線勝負に出た方が無難だと思ったはずだ。

道中の行きっぷりも、何だかチグハグになってしまったアンブロークンをずっと見ていられるポジションで、スタート直後よりも、外を丁寧に回した分だけ、さらに後ろになっていた。

流れる展開でも、極端に外差しが決まるような渋馬場の恩恵まで計算すれば、これも決して、悪い策ではない。

かつて、このレースで輝いた馬のほどんどは大外一気である。

いい馬に乗りながら…。

石橋騎手の本音は、間違いなくこの不甲斐ない印象もある、やや人気になった時に残念な結果が多いことを、どうにかできないかという思いが溜まりに溜まっている状況で、何とか出来たこの結果が、本当にいいものであると素直にうれしい思いにはなれないということだろうか。

しかし、馬のリズムも自分にそれが合わないことも、敗因となるものはいくらでもある世界だ。

つい最近も、勝ち星を固め打ちする格好で、存在感を示した。

正直、適性で他に見劣ることがない上に、外を回してもしっかりと末脚を伸ばしてくれるだろうパートナーで、無駄なことを一切しなかったことは十分に誇れる。

一点。パドックの気配は申し分なかったのだが、体が大きくないこともあるのか、叔父のフェイムゲームと似たような目方なのに、しなやかさを感じさせるものまではなかったというのが、成長力や距離延長に向けた課題となる気がする。

きっと、マイルより距離を延長させたところで、頭打ちは早いだろう。

ロイヤルサッシュ系は、最近ではヤマカツエースが長く活躍して、フェイムゲームもまだまだ重賞級をキープして元気なのだが、安田厩舎で芝の1800以上のレースを制した馬は、驚くことに、00年にシルヴァコクピットで3歳重賞を連勝してから、あれだけ活躍馬を出していながら、全くいないのだ。

日本競馬の七不思議になってしまうのか。

マイル重賞でさえ沢山は勝っていない安田調教師に、騎手時代に知ってしまった究極のステージでの悦びを思い起こさせることができるか。

ケイデンスコールにかかる期待は、案外、途方もなく大きなものだったりするのだ。

アンブロークンは時計勝負にならなかったことが好走要因だろうし、こちらはヴィクトワールピサにしては、距離延長での魅力が詰まった馬だろう。

母系がドイツ血統で、しかし、ノーザンダンサー系が詰まりに詰まっている血に、それが全く入っていないヨーロピアン仕様のサンデー系という配合。

筆者とすると、見直したのはこちらの馬の方である。

上がり勝負に対応したことも褒められる。

あとは、気持ちの面が成長するかどうかだろう。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方