2018年セントライト記念 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

セントライト記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

タニノフランケルが行く気を見せたというか、ジェネラーレウーノが前にどんなに速い馬がいても、それなりに見せ場は作れるタイプで、平均ペースのタニノフランケルの大逃げに2番手できっちり折り合ってしまったのが、どうも全てだった気がする。

京成杯の勝ち馬はメンバーが揃わないことも多かった時代のセントライト記念でも、あまり出番がないという年がほとんどだったが、10年ほど前にナカヤマフェスタが快勝してからというもの、ダービー惨敗で共通のフェイトフルウォーらと並び、ここ9年で3勝。

今回も正攻法をとって、しっかりと中山で力を示したジェネラーレウーノが、重賞2勝目を挙げた。

皐月賞3着。中山3勝目。ダービー以外全く崩れていない馬。

これはキタサンブラックとほとんど同じではないか。

今更、脚質面でも似ている近年のレジェンドを引き合いに出したところで、あまり意味はない。

これはこれ。

GⅡを勝ったから、突然、その評価が一変するような小僧ではないジェネラーレウーノが、菊花賞でもうるさい存在になることは間違いない。

JCはとりあえず…。

大外枠は厳しかったが、展開上の不利がレイエンダの敗因だった。

ルメールが消極的だったわけでも、上昇度で全く及ばなかったわけではない。

断然人気の無敗馬に、重賞の経験がなかったのだが、こういう敗戦は決してマイナスではないだろう。

まあ、死角として挙げられた距離不安は、どことなく、ワグネリアンのダービー低評価に繋がったそれに似ているから、今回は、経験値の違いが能力で埋め合わせなかったと考えた方がいい。

どこに向かうか。どうせなら、福島記念とかよくわからない競馬になる、今回と似たような舞台での経験も、大成のためには必要かもしれない。

また2着でも、賞金はしっかりと加算されるのだ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方