2018年毎日王冠(GⅡ)レース展望

JUST競馬予想ブログ

毎日王冠 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 


結局、2頭しか毎日王冠に適応できていなかった印象のレース。

相手のリズムを利用して、直線は自分から動いて行って力で押し切る形を取りたいアエロリットと、ワンターンで自分のリズムで追い込んでいきたいステルヴィオ。

彼女たちには素晴らしいパートナーでいて、見事なエスコートがあったのは間違いない。

ただし、平均的な流れで位置取りなど関係ないとされる毎日王冠において、4角回って手応え十分なのは、勝ち馬と2着馬だけだった。

本質的にはこの舞台が合うとされたキセキは、アエロリットに並びかけるような場面まではなく、キレのある若馬に1頭交わされただけという内容は、ここ数戦と比べると明らかに良化しているのだが、ピッチがより上がってタフな展開になった時に、では、下げて一気の脚を使っていた一年前の自分に戻れるかというと、そういう感じでもない。

海千山千の左回り巧者・ステファノスと僅差のゴール。

やはり、注文の付く中距離型というところからは、今回の3着では脱せなかった。

GⅠ馬である。勝たないと意味がない。

その辛さも、あの2着争いから3着を目指す死闘に加わることしかできなかった結果で、よくわかる。

ステルヴィオは休み明けであり、古馬戦ももちろん初めて。

相手が快速のチャンピオン級マイラーなのだから、正攻法でうまくいく保証がない状況で、グラスワンダーやエルコンドルパサーがサイレンススズカを狙い撃ちしたような競馬まではできなかった。

悲しいかな、GⅠでは善戦止まりというか、底力の差を見せつけられてきた戦績がある。

そのほとんど全てにルメール騎手が騎乗していたのだから、策は自然と限られる。

惜しむらくは、ステファノスだなんだ、好位につけた組にしっかりとはりつくか、その位置をとれていたら、もっと肉薄するような脚を使えたのかもしれないが、いつもの感じの差し脚。

ただ、サウジアラビアロイヤルCの末脚を毎日王冠で使えたと考えたら、次もいい勝負。

2、3着からの本戦戴冠は、早々連勝はできないレースレベルの高さからすると、当然射程圏と言えなくはないが、正直、相手関係があまりにもタフである。

2、3着を次も獲れたのなら、また先が展望できる立場だ。

最初は行こうとは思ったのだろうモレイラ騎手は、さすがである。

アエロリットはまた1年以上勝てなかったように、必ず何かに差される馬なのだ。

競馬は上手でも、底力のある馬の強烈な決め手を引き出してしまう。

彼女が前に行って健闘したGⅠでは、ディアドラの秋華賞は例外としても、ヴィクトリアマイルのジュールポレールや安田記念のモズアスコットなど、一度評価の落ちた面々の復元に、見事に手を貸してしまっていた。

今回もそれのような気がしていたのだが、前二者がGⅠ未連対馬だったのに対し、今回は古馬タイトルで激戦を戦った馬が多かった。

その大半が、やや勢いに陰りが見えていた中でのレース。

筆者は最初から、決定した登録馬の現状を見極めた後、前に馬を置けばいくらでも直線では上がって行けるアエロリットを負かせるのは、もはや、未対戦の3歳馬だけだと思っていた。

古馬の2頭は置いて行かれたが、掲示板に上がった差すタイプの2頭は、共に3歳馬。

アエロリットが33秒台の上がりでまとめるレースで、差し馬に出番はない。

競馬の上手な馬が、流れを作って押し切った。

いとも簡単にそれができるアエロリットは素晴らしいが、今回に関しては、3歳の末脚に未来を懸ける選択肢が残されたことに、大いに満足であった。

ケイアイノーテックは凡走の類でも、古牡馬と同斤を経験した強みが、今後活きることだろう。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方