2018年 京都大賞典 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

京都大賞典 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 


勝ったのは急がず騒がずの本来のゆったりスパートで、しっかりと力を出し切ったサトノダイヤモンド。

しかし、これはあの頃のダイヤモンドだったのか…、と言われるとちょっと困る。

いいことはただ一つ。

5歳秋に、不振のクラシックホースが復活したこと。

阪神大賞典など勝って当たり前の立場だったから、その前、まともに勝ち切ったとなると、大接戦の有馬記念よりもっと前の菊花賞やきさらぎ賞など、得意だろうことが最初から分かっていた京都の外回りの競馬である。

2年以上、そのスケール感に見合った競馬ができていなかった。

フォア賞も凱旋門賞も、サトノダイヤモンドにすればやりきった敗戦ではない。

サトノダイヤモンドの不振のきっかけは、菊花賞以後の厳しいマッチアップ。

キタサンブラックを力でねじ伏せ、阪神大賞典を素晴らしいタイムで勝ち切り、歴史的好カードの春の天皇賞で、外枠以前に、本質的な適性と持ちうる勝負根性を使い果たしたかのようなレース内容で、完全に優等生の道は閉ざされてしまった。

言うなれば、有馬記念もらしくないし、阪神大賞典も走り過ぎである。

もうお釣りもなかったし、死闘を自ら演出したキタサンブラックと武豊騎手の気持ちの入った強力タッグが、自分を見失う直接的な要因に繋がった。

サトノダイヤモンドは2000Mくらいで底力勝負に持ち込むのがスタイルとすれば最も合う。

しかし、京都のように、じっくり加速するための助走路がある時とない時では、パフォーマンスに差が出る。

他の馬にそこまでの癖はない。

サトノダイヤモンドが京都で復活しただけでは、何も変化していない可能性も考えられなくはない。

ジャパンCでどんな走りをするのか。

俯瞰の目で、傍観者に徹することとする。

若い頃のように、魅せる鮮やかなレースはもうできない気もする。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方