2018年JBCクラシック レース回顧

JUST競馬予想ブログ

JBCクラシック -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


ルメールの前菜は、もはや、GⅠ級の格がないとフルコースが成立しないという雰囲気で始まったJBC3競走。

4角に入るという段階で、人気のマテラスカイとルメール騎手のグレイスフルリープという組み合わせで決着する展開は見えていた。

しかし、猛ペースではなかったのに、レースプラン通りだったというだけで勝ち切ったのは、グレイスフルリープというよりはルメールである。

さすがの武豊でも、これはお手上げというスプリントであった。

仕上がり具合ではマテラスカイと同格以上のキタサンミカヅキも見せ場を作った。

芝グループの惨敗は残念だったが、それだけ中身の濃いレースだったということだろう。

オドノヒュー騎手の卒のない騎乗でパフォーマプロミスが気持ちよく府中の直線を駆け抜けた後、いかにも過剰人気に思えるサンライズソア登場の京都・クラシックの方は、テイエムジンソクがうまくスタートできず、ではと、機を見るに敏のルメール・サンライズソアが先行。

その展開で中団ポジションでは少し怪しいところもあったケイティブレイブは、3角辺りでテイエムジンソクが行ってくれたことで、ほぼサンライズ潰しが自分ではなく自然な流れの中でできたから、直線は悠々の進出。

事実上の最上位人気馬として、しっかりと結果を残したケイティブレイブと福永騎手が、充実のシーズンのビッグマッチをようやく制した。

フェブラリーSの激流も経験し、ゴールドドリームとのマッチレースも経た今、適性や勢いで勝るオメガ含めた追手の作る順調さという流れで、実際問題、一流馬の秋始動戦たる日本TV盃完勝の内容を冷静に考えたら、いくらか展開利があったのかもしれないものの、ここでは力最上位という実績通りの結果は、JBCクラシックの覇者に相応しいものがあった。

福永騎手にとっても、この秋はワグネリアンがいなくなる事態によって、やや拍子抜けの前半戦であったが、こういう締めるべきところで仕事をすることができるようになった現在は、実績馬のケイティブレイブに相応しいパートナーであることを万雷の歓声に包まれる状況で、天下に示した意味は大きい。

結果が全て、という立場ではもはやない2000勝ジョッキーが目指すべき目標は、いい競馬を皆に多く見せる努力である。

これ以上ない勝利の意味があった。

負けたオメガはこの先がある馬。

ソアだって、もっと前は攻められて脆い一介のオープン馬だったのが、ルメールの立場を支える粘りで3着健闘。

1番人気馬の褒め方としてはおかしいが、ルメールを褒める必要がない状況で、ここは彼のファイトを称賛したい。

騎手のことで言えば、大外枠を引いた時から何かを狙っていたのかもしれないアンジュデジールの横山騎手は、抜群のスタートから、ラチに拘った彼女の走りに終始させるための策にはめ込んで、充実一途のダート馬として再生したラビットランの繊細さをついて、僅差の接戦をものにした。

3戦とも魅力的なレースだったが、死闘という意味ではレディスクラシックが一番の熱戦だった気もする。

クイーンマンボさんは、ここ2年と比べれば見事な変わり身ではあったが、何となく、寝ぼけたところがあるのは、この馬に2本入ったリボーの血のせいだろうか。

追記として、アル共杯の1、2着馬は上がり勝負で32秒台の脚を使っていた。あとは、出番なしのルックトゥワイスもそう。

JCには凄まじくキレる少女が登場するかもしれない中で、適性で台頭の穴候補が出現とみるのだが、どうだろうか。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方