2018年新馬戦 レース回顧 ジョーマンデリン カヌメラビーチ ヴァルディゼール

JUST競馬予想ブログ

シハーブなど 新馬回顧<11/10・11>

読了までの目安時間:約 3分

 

今週も雨の影響が残った中央場所は、午後2レース消化までは稍重馬場。

印象深い勝ち馬が出たのと、そうでなかったレースとの差が激しかった。

評価が高くならなさそうな2戦は、共に接戦のゴール。

福島1200は好位抜け出しのサンタンデールが上手に勝ち上がり。牝馬同士の争いになるも、こちらが完成度で制した。

京都のダート1800は、人気馬の位置取りの悪さから、直線の攻防は見えていた。人気薄の先行残りで、カフジテイクの半弟ストームが逃げ切り。

あとは、直線のパフォーマンスが素晴らしかった。

東1400 ジョーマンデリン<3馬身差・ジョーカプチーノ牝駒>

東1600 カヌメラビーチ<1.5倍で好位抜け出し>

京1600 ヴァルディゼール<3馬身差・カヌメラと同じロードカナロアの男馬>

鮮やかさでは直線鋭さを見せた2頭だが、カヌメラに関しては、アウトサンデーでカナロア産駒だから、ズブく見えたのは必然的でも、自分でレースを作れる才能を持っていそう。

マイル近辺の力勝負でこそ、真価を発揮である。

ちなみに、福島ではローズキングダムの産駒が勝って、若い力が競馬界を支えていることがよく見える結果となった。

日曜日も派手なパフォーマンスの馬が登場。

東ダ1600のシハーブなど、騎手との折り合い全くつかずの道中から、直線突き抜ける破壊力で、断然の支持に応えている。これはシャケトラの半弟。

京都の1400勝ちフィブロライトと1800のペルクナスは、ルメールとモレイラなので位置取りもよかったということになるのだが、エイシンフラッシュの牝馬と快速スプリンターのマジェスティックパーフェクションの産駒の勝利。

どうにも、他の馬の完成度に問題があった印象もあり、上々の勝ち上がりの内容も、素直に評価するには格上がりの一戦の結果を見てからの方がいいか。

東2000のサトノラディウスは、派手な支持も地味に底力を発揮して、人気に応えた。

正統派ヨーロピアンのディープ産駒。国枝×北村コンビは、地味目の方が妙味あり。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方