2018年東京スポーツ杯2歳S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

東京スポーツ杯2歳S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

ルヴォルグとホウオウサーベルは、何となく想定されていたスタートのタイミングが合わないことと、ゆっくり出ることをまずは新馬戦で学んでしまったことが、いきなりの重賞で不安の方だけ、現実のものになってしまった。

昨年なら何とかなっただろうが、いずれにせよ、ワグネリアンレベルではまだない。

直線でどう反応できるか。

こんなに混戦になるとは思わなかったということはない。

最初から、大接戦は期待せずとも、可能性はあった。

良馬場で昨年みたいな頭数にならない限り、イスラボニータもサトノクラウンも、直後に2歳王者になるローズキングダムでさえ、2着馬との差は小さい。

ただ、北海道のややタフなコンディションになってからの芝で好走してきた2頭が来るとは、誰も思っていなかった。

30倍台の2頭。

厳しい展開もガッツのあるニシノデイジーが、重賞を連勝。

東京でどう反応できるか。

当初は、2着ナイママやその後に入った人気のクラージュゲリエの方が高評価だった。

しかしこの馬だけ、路線の軌道に乗ったことになる。

それに今回際どく迫った、コスモス賞2着のアガラス。

渋とく伸びたが、東京1800快勝の馬。

彼らが、重賞レベルの底力勝負で、うまく接戦に持ち込んで賞金を加算した。

ディープで健闘のヴァンドギャルドは、クリスチャンも文句なしのベストライドだったが、重厚な欧州配合の持つ穴なのか、案外、末が甘いことが多い。

キレ負けもあるが、意外なほどタフではないタイプも少なくはないのだ。

ディープの影響かどうなのか。もっと揉まれる経験を積むべきだろう。

ヴェロックスはまだ不器用だろうし、カテドラルも今一つ。

ホウオウもルヴォルグも、大勢が決してからは前との差を詰めてはきたが…。

期待馬が多すぎると、こうなるということか。

残念な気持ちで帰るファンが、この日は多かった。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方