2018年新馬戦

JUST競馬予想ブログ

ラフェリシテほか 新馬戦2018 <11/24・25>

読了までの目安時間:約 3分

 

一気に冬の空気が吹き込んできた週末。

いよいよ、シーズントップの雰囲気からも変化が見られるようになってきた。

土曜は東西で4鞍。

芝は短距離カテゴリーの2戦で、共に、上々の勝ち上がりの人気馬が登場し、ファンを納得させてくれた。

東京1600のグレイスアンは、JCに縁のなかったバブル一族のディープブリランテが父も、母はヒシアマゾンとアドマイヤムーンを送り出したケイティーズ系で、父はファルブラヴ。

戸崎騎手が本来の持ち味である無難な立ち回りからの押し切りで、仕切り直しの一戦を人気で応えた。

京都1400は、武豊ペースにさせなかったモレイラの技巧が光った。

それをルーラーシップ×シュプリームギフトというやや取っ付きにくい血統の馬で、さも当たり前という形で好位付けするのだから、やはり素晴らしい。

そのラフェリシテもグレイスアンも、血統のいい牝馬。生産者としても馬主としても、これなら大満足である。

東京はダートのマイル戦も行われ、フォルカー系のヘニーヒューズ・人気に推されたオーヴァルエースが、蛯名騎手の指示にきっちり反応し楽勝。

大型馬で高木登厩舎。期待感は否が応でも膨らむ。

京都のダ1800では人気のカーリンが敗れ、代わって台頭したガリレオ直仔のケープブランコ産駒・グランデルカクが、ロージズインメイを2頭引き連れて波乱を演出した。カオスってる。

日曜日は東西で、似たような展開の芝1800戦に。

人気の良血馬が勝利。東はノヴェリスト×マルセリーナのラストドラフト、西はマカヒキ全弟のウーリリ。

前者はマカヒキの近親馬をゴール前競り落とすように、後者は正統派欧州配合のDブリランテ産駒の追撃を凌ぎ、着差以上の強さを見せた。

母や兄ほどのスケール感は現時点ではないが、この世代の間口は大変に広く、まだチャンスはある。

その証拠に、出走馬のレベルに当初疑問のあった札幌2歳Sの上位入線馬が、今更ながら、評価が上がっているような状況。

その時点での実力は重要ではないのだから、この世代はまず、変わり身をどう見せるかが大切になってくるわけだ。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方